平成中村座の座席を解説!桜席とお大尽席の感想は?

2017年6月1日に初日を迎えた名古屋平成中村座。2013年に亡くなった18世中村勘三郎さんが2000年にスタートさせた平成中村座は、江戸時代の雰囲気を再現した仮説の会場で歌舞伎を楽しむという贅沢な企画。東京・浅草をメインに、大阪・名古屋・ニューヨークなどで度々上演されてきた平成中村座ですが、今回8年ぶりに名古屋での上演が実現しました。そんな『名古屋平成中村座』の座席(お大尽席・松席・竹席・梅席・桜席)の中で、桜席とお大尽席の詳しい解説と感想をまとめます。

『名古屋平成中村座』2017年6月ついに開幕!

【画像:フリー素材足成

2017年6月1日に遂に開幕した名古屋平成中村座。平成中村座は、2013年に亡くなった18世中村勘三郎さんが2000年にスタートさせた芝居小屋企画。江戸時代の雰囲気を再現した仮説の会場で、歌舞伎を楽しむことができます。東京・浅草をメインに、大阪・名古屋・ニューヨークなどで何度も上演されてきた平成中村座ですが、8年ぶりに名古屋での上演が決定したのが、今回の名古屋平成中村座です。

今回は、『名古屋平成中村座』の座席(お大尽席・松席・竹席・梅席・桜席)の中で、桜席とお大尽席の詳しい解説と感想をまとめます。

おすすめ記事はこちらから

『名古屋平成中村座』の公演日程は?

『名古屋平成中村座』の日程は、下記のようになっています。

日程

2017年6月1日(木)~26日(月)  26日間/全48回公演
昼の部:午前11時00分開演/夜の部:午後3時30分開演

会場

名古屋城二之丸広場内 特設劇場

席種

なお、平成中村座の座席は、次の5種類に分かれています。

  • お大尽席:階舞台正面に設けられ、金屏風に大きな座布団が用意されている特別席。
  • 松席:舞台に一番近い座席。畳敷きの床に敷かれた座布団の上で観劇するスタイル。
  • 竹席:松席の後ろに位置する椅子席。1階正面、1階両サイド、2階正面、2階両サイドの前列。
  • 梅席:、2階の竹席後ろに設置されている席。
  • 桜席:舞台袖の上部分に位置する2階席。

この中でも、桜席とお大尽席について実際に座った方の感想を見てみましょう。

平成中村座【桜席について】

『名古屋平成中村座』の桜席は、舞台袖の上部分に位置する2階席に当たります。舞台全体を見ることはできないものの、至近距離で舞台を見下ろす特別感が味わえるという魅力があります。

桜席の魅力その1:舞台袖の様子まで見える!

桜席の魅力は、なんといっても舞台への近さです。全体をしっかりと観ることはできないかわりに、出演者が舞台袖にいるときの様子などを垣間見ることが可能。普段はなかなか見ることができないプライベートな表情を目撃することができるかもしれません!

下手の桜席では花道を見ることは難しいのですが、上手の桜席では花道もしっかりと見ることができます。前方から、劇場中のお客さんの視線が花道に集中している様子を目撃するのは、一味違った感慨があります。

なお、舞台奥は確実に見えませんので、舞台奥の壁が開く演出を目撃することは不可能。一長一短があるものの、桜席でしか味わえない楽しみがあるのが桜席最大のメリットです。一度は正面から観賞し、2回目で桜席を楽しむのが最も贅沢かもしれません。

平成中村座【お大尽席について】

続いて、平成中村座のVIP席ともいえるお大尽席について解説します。2階舞台正面に設けられ、金屏風前に大きな座布団が設置されている特別席。劇場の中でもひときわ目を引く一角で巣。席数は2組4席しかありません。

お大尽席は、とにかく目立ちます!劇場中の注目を集めることが前提の席になりますので、お大尽席に座る方は、思いきりオシャレをして観劇に臨むことをオススメします。

また、お大尽席には様々な特典がついていることも魅力のひとつ。今回の『平成中村座』では、次のような得点が用意されているそうです。

  • 1回目幕間:ホテルニューオータニ大阪の日本料理「城見」特製の『お大尽様千成御膳』をご用意。
  • 2回目幕間:堂島ロールで有名な株式会社モンシュシュプロデュ-ス、銀座瑠璃オリジナル創作和菓子とお抹茶をご用意。
  • お土産:『平成中村座特製美濃焼茶碗』、『平成中村座特製金のしおり』、公演パンフレット
  • サービス:専属のお茶子が常におもてなし。
  • その他:舞台までのご案内&舞台の背景を開けて雄大な大阪城をバックに記念写真撮影(写真には中村勘三郎さんのサインをプリントしお渡し)

名古屋平成中村座は必見!

いよいよ幕を開けた『名古屋平成中村座』。名古屋城二之丸広場に出現した豪華な芝居小屋・名古屋平成中村座で、珠玉の演目を思う存分堪能することができるチャンスです。平成中村座の座席には色々な種類がありますが、その中でも特別な贅沢を味わえるお大尽席と、他の席とは違う楽しみ方ができる桜席は通好みの座席。『名古屋平成中村座』で、いつもとは違う鑑賞体験をしてみませんか

おすすめ記事はこちらから

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。