山崎育三郎・古川雄大のWキャストの「モーツァルト!」主要キャスト紹介!

2018年5.6月、4年ぶりに大人気ミュージカル「モーツァルト!」が舞台に帰ってきます! 今回の主役モーツァルト役は山崎育三郎と古川雄大のWキャスト! さらに市村正親・山口祐一郎といった初演時から不動のキャストに今回から加わったキャストも交え、これまで以上に魅力的なミュージカルになること間違いなしの「モーツァルト!」。気になる主要キャストのプロフィールと2018年公演概要などをまとめてご紹介します!

ミュージカル「モーツァルト!」 日本での上演は4年ぶり!

2002年の日本初演から16年を経た2018年5月~6月、ミュージカル「モーツァルト!」が6度目の公演を迎えることが決定しました!

映画「アマデウス」やロックオペラ「モーツァルト」を始めとする数々のモーツァルトを主題とした作品の中で、特に稀代の天才作曲家を家族や結婚などプライベートな側面から描き出した傑作ミュージカル「モーツァルト!」の4年ぶりとなる公演を前に、発表された2018年主要キャストと、その概要をご紹介します!

ミュージカル「モーツァルト!」は1999年世界初演

日本では4年ぶりの上演となるミュージカル「モーツァルト!」。世界初演は1999年、作品中にも登場するエマヌエル・シカネーダーが創立したアン・デア・ウィーン劇場でのことでした。

総公演数419回というロングラン公演となった「モーツァルト!」はその後、日本を含むドイツ、スウェーデン、ハンガリー、チェコ、韓国など世界各国で上演される人気作品となりました。

さらに2015年同じウィーンにあるレイムンド劇場でのリバイバル公演の後の2016年には、同じキャストでの中国公演も行われました。

ミュージカル「モーツァルト!」の製作陣は

このミュージカル「モーツァルト!」の脚本・歌詞を手がけたのは「エリザベート」や「ダンス・オブ・ヴァンパイア」「レディ・ベス」などのオリジナル作品の他にも「マンマ・ミーア!」「キャッツ(ドイツ語バージョン)」「オペラ座の怪人(ドイツ語バージョン)」「ライオン・キング(ドイツ語バージョン)」などの脚色作品でも知られるミヒャエル・クンツェ。

さらに音楽・編曲を手がけたのは盟友クンツェと組んだ「エリザベート」や「レディ・ベス」、さらにチャーリー・シーン主演の映画「ネイビー・シールズ」「ホット・ショット」、2016年に浦井健治主演で上演されたミュージカル「王家の紋章」も印象深いシルヴェスター・リーヴァイ 。

この巨匠2人に加えて日本版の演出・訳詞を手がけるのは日本屈指の劇作家・演出家としても知られる小池修一郎という豪華な製作陣で上演されるのが「モーツァルト!」なのです。

ミュージカル「モーツァルト!」2018年主要キャストは

それでは気になる2018年度のミュージカル「モーツァルト!」の主要キャストをご紹介します!

ヴォルフガング・モーツァルト役: 山崎育三郎(Wキャスト)

主役ヴォルフガング・モーツァルト役(Wキャスト)の1人が、山崎育三郎。今やノリにのっている俳優の1人です。

この「モーツァルト!」への初出演を果たした2010年のインタビューで当時の気持ちを

2002年初演の「モーツァルト!」を観て、ヴォルフガングをやりたいと強く思ったという山崎。当時は高校生で、まさに8年ごしの夢が実現。「あれから8年。信じて思い続けていれば夢はかなうと思ってきました。つらいこと、不安、いろいろあったけど、初日にカーテンコールで拍手をいただいて、本当に幸せでした」

(出典:朝日新聞DIGITAL)

と語っていましたが、続く2014年度公演への出演も果たして迎える2018年度公演。今回は、初演からずっとヴォルフガング・モーツァルト役(Wキャスト)の1人を演じ続けてきた井上芳雄がいない初めての公演となります。

初めての主演を飾ったこの「モーツァルト!」で、さらに飛躍を遂げるに違いないその演技に注目!です。

ヴォルフガング・モーツァルト役: 古川雄大(Wキャスト)

ヴォルフガング・モーツァルト役(Wキャスト)のもう1人が、ミュージカル「黒執事」「ロミオ&ジュリエット」「レディ・ベス」と2017年もフルスロットルで活躍中の古川雄大です。

この「モーツァルト!」の演出・訳詩を手がける小池修一郎の「ロミオ&ジュリエット」に出演した際には、「エリザベート」「レディ・ベス」「1789-バスティーユの恋人たち-」と小池作品に連続して出演していることに関して

なにを求められているのか……。うーん、あまり自分のどこが評価されているのかということは考えたことがないですが、小池先生は前向きにがんばっている人を応援してくださる人なのかな、と感じています。

(出典:WEBRONZA)

と答えていた古川雄大。今回は同じ小池作品でも初めて出演する「モーツァルト!」ですが、必ずやさらに成長した姿を見せてくれることでしょう!

モーツァルトの妻・コンスタンツェ:平野綾(トリプルキャスト)

モーツァルトの妻コンスタンツェ役(トリプルキャスト)の1人目としてご紹介するのは今回で2度目の同役となる平野綾です。

女優、声優、シンガーとしてマルチに活躍する平野綾。自身のブログでも

2014年に引き続き2度目のコンスタンツェ。

また悪妻を演じられるのが楽しみで仕方ありません‼︎

(出典:平野綾公式ブログ)

と抱負を語っている彼女の再びのコンスタンツェ、今からこちらも楽しみですね!

モーツァルトの妻・コンスタンツェ: 生田絵梨花(トリプルキャスト)

2018年度公演からコンスタンツェ役を演じるのがトリプルキャストの2人目である生田絵梨花です。

「レ・ミゼラブル」や「ロミオ&ジュリエット」など小池作品にも次々出演している生田絵梨花ですが、今回共演の木下晴香、古川雄大とは「ロミオ&ジュリエット」でも同じ舞台を踏んでいる間柄。

ふふふ! 私にとって生田さんはずっとテレビで観ていた憧れの存在。初めてお会いしたときは、“うわ~本物だぁ! こんなに可愛い人が本当にいるんだなぁ”って感動しました。“仲良くしてもらえるかなぁ”って、すごく不安だったけれど、初対面のとき、生田さんから話しかけていただいてとても嬉しくて。それから本当に、すごく、支えていただいて……

(出典: デビュー)

と木下晴香に評されるなど、歌声もさることながらその性格にも太鼓判を押されていました。そんな生田絵梨花が自身と対極にあるともいえる「悪妻」コンスタンツェをどう演じるかも見どころです!

モーツァルトの妻・コンスタンツェ:木下晴香(トリプルキャスト)

コンスタンツェ役トリプルキャストの3人目は木下晴香。前述の「ロミオ&ジュリエット」に抜擢された時はまだ現役女子高生ということで大変な話題を呼びました。

その制作発表の際には小池修一郎から

たまたま(木下晴香が出演した「全日本歌唱選手権 歌唱王2015」)を見て、おぉと思いました。なかなかこの音域をカバーして歌う人はあまりいなかった」

(出典: シアターガイド)

と言わしめたその抜群の歌唱力と「ロミオ&ジュリエット」の舞台を経て成長した演技力で臨むコンスタンツェ役、期待したいですね!

モーツァルトの姉・ナンネール:和音美桜

今回モーツァルトの姉ナンネールを演じるのは元宝塚歌劇団宙組娘役の和音美桜。退団後はその美しい歌声を生かしたコンサート活動はもちろんのこと、「レ・ミゼラブル」「パッション」「レディ・ベス」などで活躍中の和音美桜がどんなナンネールを舞台上に描き出してくれるかも期待大です。

ヴァルトシュテッテン男爵夫人:涼風真世 (Wキャスト)

実は「モーツァルト!」への初出演は2007年度公演という涼風真世。その後2010年度公演にも出演していましたが、2014年度公演には残念ながら参加がなく、今回8年ぶりの出演となります。

今回共演する平野綾、山崎育三郎、古川雄大、和音美桜、山口祐一郎とは「レディ・ベス」でも共演の間柄。息の合った演技にも期待が集まります!

ヴァルトシュテッテン男爵夫人: 香寿たつき(Wキャスト)

2005年の第二回公演から連続5度目の出演となる香寿たつき。モーツァルトの後半生のキーパーソンとなるヴァルトシュテッテン男爵夫人役での登板となります。

元宝塚歌劇団星組トップスターとして鳴らしたその凛とした立ち姿の美しさや第2幕冒頭の「ここはウィーン」などの聞かせどころでの歌声など、安定感のあるその演技にもぜひ注目したいところです。

コロレド大司教:山口祐一郎

日本初演の2002年からこれで連続6度目の出演となる山口祐一郎。演ずるコロレド大司教はモーツァルトの作曲家としての人生にいい意味でも悪い意味でも大きな影響を与える役です。

このコロレド大司教は世界初演のウィーン公演キャストでもドイツ語圏きってのミュージカルスターとして名高いウーエ・クルーガーなど、名実共に実力派の俳優によって各国で演じられてきた役どころ。日本版においても山口祐一郎の重厚な演技も見所の1つです。

モーツァルトの父・レオポルト:市村正親

モーツァルトの才能をいち早く見抜き育てた父レオポルトを演じるのは、日本を代表するミュージカルスターの1人といって決して過言ではない市村正親。

息子としてのモーツァルトへの深い愛と、同じ音楽家の先輩として、そして父をはるかに超える才能を持つ息子をもったがゆえの1人の男としての苦悩を抱えて生きていかなければならなかったレオポルトを初演からずっと連続して演じてきた市村正親のその演技も必見です。

ミュージカル「モーツァルト!」2018年度公演の概要は

現在判明している2018年度公演の概要は以下の通りです。

  • 上演期間: 2018年5月~6月
  • 上演会場: 帝国劇場

より詳細な最新情報が出次第追記します!(※)

ミュージカル「モーツァルト!」2018年5月~6月公演をお見逃しなく!

(出典:pixabayより)

市村・山口の不動のキャストに加え、新しく加わったキャスト陣の活躍も楽しみなミュージカル「モーツァルト!」。ぜひお見逃しなきように!

「モーツァルト!」関連のおススメ記事はこちら

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。