キューブ企画・製作 音楽劇『魔都夜曲』気になるキャストと会場は?

マキノノゾミさん作、河原雅彦さん演出、藤木直人さん主演という豪華な布陣で上演される、キューブ企画・製作の新作音楽劇『魔都夜曲』。2017年7月のBunkamura シアターコクーンを皮切りに、愛知、大阪での上演が決定しています。1930年代の上海を舞台にした人間ドラマが描かれるという音楽劇『魔都夜曲』は、いったいどのような作品になるのでしょうか?今回は、音楽劇『魔都夜曲』の概要と、豪華なキャスト陣、そして東京・愛知・大阪それぞれの会場について解説します。

キューブ製作 音楽劇『魔都夜曲』上演決定!

【画像:フリー素材足成

マキノノゾミさん作、河原雅彦さん演出、藤木直人さん主演で上演される新作音楽劇『魔都夜曲』。1930年代の上海を舞台に綴られる濃密な人間ドラマが、2017年7月のBunkamura シアターコクーンを皮切りに、全国3か所で上演されます。株式会社キューブ企画・製作による音楽劇『魔都夜曲』は、いったいどのような作品になるのでしょうか?

今回は、音楽劇『魔都夜曲』の概要と、豪華なキャスト陣、そして東京・愛知・大阪それぞれの会場について解説します。

こちらの記事もチェック!

 

 

キューブ製作 音楽劇『魔都夜曲』とは?

音楽劇『魔都夜曲』は、新作劇。菊田一夫演劇賞や読売演劇大賞優秀作品賞など数多くの受賞歴がある劇作家・演出家であるマキノノゾミさん作、大胆かつ挑戦的でありながら理知的な演出が光る河原雅彦さん演出という、非常に豪華な布陣でつくられる音楽劇です。魔都・上海の人間ドラマを彩るのは、生バンドによるジャズの演奏。ゴージャスで濃密なステージになるのは間違いありません。

あらすじ

1939年、上海。列強の租界地として多国籍の雰囲気を持っていた当時の上海は、”魔都”とも称されていました。そんな上海にやってきて遊興に明け暮れる両家の御曹司・白河清隆の前に、ある2人の兄妹が現れます。中国人の父と日本人の母を持つ兄弟との間に友情を育んでいく清隆。

清隆と兄妹は、新田日出夫が支配人を務めるクラブ『ル・パシフィーク』で様々な人々と出会い、清隆は兄妹の妹である紅花に惹かれてゆくのでした。しかし、兄妹にはある秘密があったのです。

そして、時代は太平洋戦争へと突き進んで行き、彼らは歴史の渦に巻き込まれていくのでした……。

キューブ製作 音楽劇『魔都夜曲』豪華なキャスト陣

音楽劇『魔都夜曲』には、藤木直人さんをはじめとする豪華なキャストが顔をそろえています。主なキャストをご紹介しましょう。

白河清隆役:藤木直人さん

魔都上海に降り立つ貴公子・白河清隆役を演じるのは、藤木直人さんです。1995年、映画 『花より男子』で俳優デビューした藤木直人さんは、スラットした長身と甘いマスクでたちまち人気俳優に。数多くの映画やドラマに出演する一方、早稲田大学理工学部出身の秀才でもあり、アーティスト活動も行っている多彩さを持ち合わせています。バラエティ番組のMCもつとめるなど、幅広く活躍中。舞台『海辺のカフカ』の大島役など、舞台でも高い評価を得ています。今回は音楽劇なので、きっと藤木直人さんの歌声も聴けるのではないでしょうか。

周紅花(チョウ・ホンファ)役:マイコさん

白河清隆が心惹かれる魅力的な女性・周紅花役を演じるのは、マイコさんです。アメリカ人の父親と日本人の母親を持つハーフであるマイコさんは、恵まれたルックスと確かな演技力で映画・ドラマ・舞台とオールマイティに活躍している女優です。特に、パッと目を引く美貌と美しい佇まいは、舞台で抜群の存在感を発揮。舞台『ガラスの仮面』で姫川亜弓を熱演したのが記憶に新しいところです。エキゾチックな上海を舞台に、どのようなヒロインを演じるのか期待が高まります。

周志強(チョウ・チーチャン)役:小西遼生さん

周紅花の兄、周志強役を演じるのは、小西遼生さんです。スラリと容姿端麗な小西遼生さんは、特撮テレビドラマ『牙狼-GARO-』の主人公を演じたことで知名度を上げた俳優。最近ではその美しい歌声を生かし、ミュージカルを中心に活躍しています。音楽劇『魔都夜曲』でも美声を響かせてくれるに違いありません。

新田日出夫役:橋本さとしさん

クラブ『ル・パシフィーク』の支配人・新田日出夫役を演じるのは、橋本さとしさんです。劇団☆新感線のメンバーとして俳優デビューし、ドラマと舞台を中心に活躍している俳優で、数多くのミュージカルにも出演しています。関西出身で明るい性格のためトークも巧み。ひと癖もふた癖もありそうな新田日出夫役をどのように演じるのか、注目です。

キューブ製作 音楽劇『魔都夜曲』東京会場:Bunkamura シアターコクーン

音楽劇『魔都夜曲』は、まず東京で開幕します。東京会場であるBunkamura シアターコクーンとは、どのような会場なのでしょうか?

日程

2017年7月7日(金)~29日(土) 全26公演

会場

音楽劇『魔都夜曲』東京会場であるBunkamura シアターコクーンの総客席数は、747席。1階と2階に別れた二層構造ですが、ステージから1階最後列の座席までが24mに抑えられているのが特徴。左右は三層のサイドバルコニー席になっていて、どの席からでも臨場感を味わうことができるようになっています。

アクセス

住所

東京都渋谷区道玄坂2-24-1

電車

  • JR線「渋谷駅」ハチ公口より徒歩7分
  • 東京メトロ銀座線、京王井の頭線「渋谷駅」より徒歩7分
  • 東急東横線・田園都市線、東京メトロ半蔵門線・副都心線「渋谷駅」3a出口より徒歩5分

キューブ製作 音楽劇『魔都夜曲』愛知会場:刈谷市総合文化センター 大ホール

続いて、音楽劇『魔都夜曲』愛知公演の会場である、刈谷市総合文化センター 大ホールについて解説します。

日程

2017年8月5日(土)・6日(日) 全2回公演

会場

舞台『里見八犬伝』愛知公演の会場は、刈谷市総合文化センター 大ホールです。2010年にオープンしたホールで、総客席数は1,541 席。客席は、1階席と2階席に分かれていて、座席の幅・間隔がゆったりと設計されているのが特徴です。

音響設備が充実しており、ストレートプレイ・ミュージカル・クラシックコンサートが幅広く上演されています。

アクセス

住所

愛知県刈谷市若松町2-104

電車

JR東海道本線/名鉄三河線 「刈谷駅」南口よりウイングデッキ直結徒歩3分

伊勢湾岸自動車道豊明ICより約20分/豊田南ICより約25分

キューブ製作 音楽劇『魔都夜曲』大阪会場:サンケイホールブリーゼ

最後に、音楽劇『魔都夜曲』大阪会場である、サンケイホールブリーゼについて解説します。

日程

2017年8月9日(水)~13日(日)  全6回公演

会場

音楽劇『魔都夜曲』大阪会場であるサンケイホールブリーゼは、2008年にオープンした劇場です。客席総数は912席。1階、2階、バルコニー席に分かれています。サンケイホールブリーゼの特徴は、その音響の良さ。また、漆黒のホール内部も印象的な劇場です。

アクセス

住所

大阪市北区梅田2-4-9 ブリーゼタワー7F

電車

  • JR「大阪駅」桜橋口より徒歩5分(地下通路直結)
  • 地下鉄四つ橋線「西梅田駅」10号出口より徒歩3分(地下通路直結)
  • 阪神「梅田駅」より徒歩5分(地下通路直結)
  • JR東西線「北新地駅」より徒歩5分

キューブ製作 音楽劇『魔都夜曲』で極上の演劇体験を!

超一流クリエイターと、豪華キャストによって上演される音楽劇『魔都夜曲』。1930年代の上海の混沌とした空気感と、幻想のような華やかさを感じさせてくれる傑作になるに違いありません。東京・愛知・大阪とそれぞれ全く特徴が違う劇場での上演となりますので、各土地で違った魅力が味わえそう。一体どのような作品になるのか、キューブ企画・製作の音楽劇『魔都夜曲』に期待が高まります。

こちらの記事もチェック!

 

 

 

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。