ミュージカル『ミス・サイゴン』の魅力を予習!動画まとめ

1989年にロンドンで開幕して以来、世界中で上演され、日本でも1992年より帝国劇場で何度も上演されている人気のミュージカル『ミス・サイゴン』。本日は『ミス・サイゴン』の魅力を分かりやすく伝えてくれる動画をご紹介します。

2016年10月19日から帝国劇場で開幕するミュージカル『ミス・サイゴン』は、ベトナム戦争末期のサイゴンと、ベトナム戦争後のバンコクを舞台に、米兵クリスと、ベトナム人の少女キムとの悲恋を中心に描いた大作ミュージカルです。

1989年にロンドンで開幕して以来、世界中で上演され、日本でも1992年より帝国劇場で何度も上演されている人気のミュージカル『ミス・サイゴン』。

日本での上演の歴史も長いだけに、オフィシャル動画も数多く公開されています。今回は、『ミス・サイゴン』の魅力を分かりやすく伝えてくれる動画をご紹介します。

『ミス・サイゴン』ってどんなミュージカルなの?

まずは、『ミス・サイゴン』についてご説明しましょう。『ミス・サイゴン』は、プッチーニのオペラ『蝶々夫人』を下敷きとしたミュージカルで、1989年にロンドンで開幕しました。

クロード=ミシェル・シェーンベルク作曲、シェーンベルクとアラン・ブーブリルによる脚本という『レ・ミゼラブル』と同じクリエイターが手掛けた作品で、『レ・ミゼラブル』に続いてこちらも爆発的なヒットを記録することになりました。

ベトナム戦争末期を舞台にした悲恋を描き、やり切れない哀しいストーリーと、この上なく美しい楽曲たちが魅力の『ミス・サイゴン』ですが、実際にどのような作品なのかは動画を見るのが一番だと思います。続いて、いくつか動画を紹介していきます。

2016年度版オフィシャルトレイラー

こちらは、2016年度日本公演のオフィシャルトレイラーです。舞台のダイジェストに合わせて、今回の出演者が紹介されていきます。『ミス・サイゴン』は非常に長い公演になりますので、ダブルキャスト、トリプルキャストで行われます。

今回は長らくエンジニア役をつとめてきた市村正親が最後の出演になるということで、話題を集めています。

ベトナム戦争の雰囲気や、美しいメロディー、そしてエンジニアのギラギラした野心など、『ミス・サイゴン』の特徴がよく分かるトレイラーとなっていますので、まずはこちらで雰囲気を味わってみてください。

『Miss Saigon』製作発表【歌唱披露メドレー】

こちらは、2016年版キャストによる製作発表で披露されたメドレーです。それぞれの役のダブルキャスト・トリプルキャストが並んで立って順番に(または一緒に)歌うというスペシャルなもので、13分弱もある長尺の動画になっています。

名曲揃いということで有名な『ミス・サイゴン』の主な曲はほとんど披露されているといっても過言ではないので、どのような曲があり、それぞれのキャストがどのような声質なのかがよく分かります。

『Miss Saigon』神宮外苑花火大会アフターライブ

こちらは、2016年8月20日に開催された神宮外苑花火大会 2016のステージに登場した、ミス・サイゴンカンパニーのライブ映像です。なんとノーカットでアップしてくれています。ライブといういつもとは違った環境のなかで、生き生きと歌うキャストたちの姿を見ることができます。

名曲の数々を堪能できるのはもちろん、それぞれのキャストのキャラクターも垣間見える動画になっていますのでぜひご覧ください。

ミス・サイゴンのオススメ記事はこちら

動画で予習して、『ミス・サイゴン』の世界に臨もう!

『ミス・サイゴン』はオフィシャル動画が数多くあるので、他にもいろいろと探してみてください。どのキャストで見ればいいかの参考になるのはもちろん、観賞前の予習にもなります。

しかし、やはりなんといっても劇場で観る生の迫力には敵わないもの。ぜひ本番をその目に焼き付けてくださいね。チケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。