舞台『メサイア -悠久乃刻-』ついに大千秋楽!キャストについて解説

女性を中心に高い人気を誇っている『メサイア』シリーズ。現実とは異なるの歴史をたどった日本で、過酷な戦いに身を置く精鋭エージェントたちの絆と友情を描く『メサイア』シリーズの舞台版は常に大人気。2017年8月31日(木)に開幕した、7作目となる舞台『メサイア-悠久乃刻-』もまた、魅力的なキャストを配し多くの観客に衝撃と感動を与えています。9月24日(日)に大阪で大千秋楽を迎えた舞台『メサイア-悠久乃刻-』とは、いったいどのような作品なのでしょうか?公演概要、キャスト、見どころなどについて解説します。

舞台『メサイア-悠久乃刻-』ついに終幕!

【画像:フリー画像AC

映画・ドラマ・舞台などで展開するメディアミックスプロジェクトとして、女性を中心に高い人気を誇っている『メサイア』シリーズ。現実とは異なるの歴史をたどった日本で、過酷な戦いに身を置く精鋭エージェントたちの絆と友情を描く『メサイア』シリーズの舞台版は常に大人気。現在までに6作品が上演されています。

そして、2017年8月31日(木)に開幕した、7作目となる舞台『メサイア-悠久乃刻-』もまた、魅力的なキャストを配し多くの観客に衝撃と感動をた与えています。9月10日(日)に東京公演を終え、2017年9月22日(金)・9月24日(日)の大阪公演で大千秋楽を迎えた舞台『メサイア-悠久乃刻-』とは、いったいどのような作品なのでしょうか?

舞台『メサイア-悠久乃刻-』の日程や会場などの概要、キャスト、見どころなどについて解説します。

コチラの記事もおすすめ!

舞台『メサイア-悠久乃刻-』公演概要

まずは、舞台『メサイア-悠久乃刻-』の日程や会場などの概要を見てみましょう。

東京公演

  • 会場:東京・天王洲銀河劇場
  • 日程:8月31日(木)~9月10日(日)

大阪公演

  • 会場:大阪・サンケイホールブリーゼ
  • 日程:9月22日(金)~24日(日)

あらすじ

「サクラ」と呼ばれる警察省警備局特別公安5係に所属する精鋭スパイたち。孤独な戦いを強いられている彼らでしたが、唯一心を通わせることを許された相手がいます。それは、強い絆で結ばれた「メサイア」……。

物語の中心は、卒業ミッションを目前にした有賀涼と加々美いつき。絆で結ばれた2人でしたが、悲劇が彼らを襲います。加々美を苦しめるのは、メサイアである有賀との記憶を失うという恐怖。有賀にもまた、闇の組織の手が迫っていました。そして、彼らに与えられた、驚愕の卒業ミッションとは!?

舞台『メサイア-悠久乃刻-』キャストと見どころは?

それでは、舞台『メサイア-悠久乃刻-』に出演しているメインキャストをご紹介します。彼らの魅力と活躍こそが、舞台『メサイア-悠久乃刻-』の大きな見どころ!個性豊かなキャストたちが揃っています。

舞台『メサイア-悠久乃刻-』配役(役名:キャスト名)

有賀涼:井澤勇貴
加々美いつき:杉江大志
御池万夜:長江崚行
柚木小太郎:山沖勇輝
小暮洵:橋本真一
雛森千寿:山本一慶
Dr.THREE:大塚公祐
黒子:小谷嘉一
サリュート:山田ジェームス武
スーク:宮城紘大
チェーカー:荒木健太朗
小星鉄:西野龍太
東間遠矢:豊嶋杏輔
ハングドマン:村田充
一嶋晴海:中原裕也

物語の中心となる2人を演じるのは、井澤勇貴さんと杉江⼤志さん

舞台『メサイア 悠久乃刻』の中心となるのは、有賀涼と加々美いつきの2人です。悲しみを抱えながらも厳格な有賀涼と、幼い頃からスパイの訓練を受けてきた加々美いつきは、『メサイア-暁乃刻-』で反発し合いながらも強い絆で結ばれた相手。『メサイア-悠久乃刻-』では、2人に過酷なミッションがふりかかります。

有賀涼役を演じるのは、井澤勇貴さん。『メサイア』シリーズへは、これが4作目の出演となります。井澤勇貴さんは2.5次元舞台を中心に活躍している俳優で、ミュージカル『薄桜鬼 藤堂平助篇』など、数多くの舞台の主要キャストをつとめてきました。有賀涼役は、井澤勇貴さんの代表作のひとつです。

加々美いつき役を演じるのは、杉江大志さんです。杉江大志さんもまた2.5次元舞台を中心に活躍する俳優で、舞台『刀剣乱舞』などの超人気シリーズに数多く出演。『メサイア』シリーズへの出演は今回が3作目となります。

個性豊かなサクラ候補生の面々

中心となる2人の他にも登場するサクラ候補生たち。「天才てれびくん」出身の長江崚行さんさんは、『メサイア-暁乃刻-』から登場したキャラクター、御池万夜役を。『ミュージカル テニスの王子様』など2.5次元舞台で活躍する山沖勇輝さんは、オリンピック候補選手でもあるという設定の柚木小太郎役を演じます。

また、2.5次元舞台をはじめとして、オフ・ブロードウェイミュージカルにも挑戦している橋本真一さんは知的なキャラクターである小暮洵役を。また、舞台『弱虫ペダル』など2.5次元舞台を中心に活躍している山本一慶さんは5年間眠っていたという異色のサクラ候補生、雛森千寿役を演じます。

舞台『メサイア-悠久乃刻-』は新たな伝説となる!

今までの舞台版同様、開幕以来熱狂的に支持されている舞台『メサイア -悠久乃刻-』。『メサイア』が持つ独自の世界観はもちろん、それぞれのキャストの魅力や、心を打つストーリーなど多くの見どころは、ファンの心を捉えて離しません。新人からベテランまで、完璧にキャラクターを表現しているキャストが繰り広げる舞台『メサイア -悠久乃刻-』は、新たな伝説となるに違いありません

コチラの記事もおすすめ!

 

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。