劇団四季「マンマ・ミーア!」の魅力を大解剖!母と娘の絆をABBAの数々の名曲で彩る!

劇団四季と言えば、その名前を聞いたことがない人などいないのではないかと思うほど有名な日本を代表するミュージカル劇団ですよね。今回は劇団四季で大人気の『マンマ・ミーア!』に焦点を当ててご紹介させていただきます。

劇団四季と言えば、その名前を聞いたことがない人などいないのではないかと思うほど有名な日本を代表するミュージカル劇団ですよね。日本最高峰のミュージカルを数多く世に送り出していて数多くの大成功を収めています。

役者陣は厳しいオーディションを勝ち抜いた精鋭陣で揃え、日本最高のレベルを保ち続けています。日本の4ヶ所(東京・大阪・名古屋・札幌)にある劇団四季専用劇場に関しても常に新しいシステムを取り入れるという妥協を許さないプロフェッショナルな姿勢がミュージカル作品のクオリティを非常に高いものにしています。

劇団四季の人気公演と言えばキャッツ・アイーダ・美女と野獣・ライオンキングなど多岐に渡り枚挙に暇が無いですが、『今回は劇団四季で大人気のマンマ・ミーア!』に焦点を当ててご紹介させていただきます。

劇団四季の『マンマ・ミーア!』のストーリーをご紹介!

『マンマ・ミーア!』の舞台はギリシャのエーゲ海。そこで小さなかわいらしいホテルを経営しながら母のドナと娘のソフィーは仲良く暮らしていた。しかしソフィーは自身の結婚式の前日に母の日記を見てしまい、自分にはパパ候補が3人もいることを知ってしまったから大変。そこから繰り広げられるドタバタ劇や母娘の絆を感じられる感動話などを経て、最後は笑いあり涙ありで生きる希望が湧いてきます。

劇中歌22曲は全てスウェーデン出身の大人気歌手ABBAの曲を日本語アレンジを交えながら構成していて、大人も子供も楽しめます!ストーリーと見事に合致させた曲構成には脱帽します。

劇団四季『マンマ・ミーア!』の見所はココ!

劇団四季『マンマ・ミーア!』の最大の見所はなんと言ってもカーテンコールの“ダンシング・クイーン”と“マンマ・ミーア!”と“ウォーター・ルー”。劇中でマンマ・ミーア!の世界にどっぷりと浸かった後のカーテンコールは舞台も観客も一体となって盛り上がって踊れる最高の見せ場と言えるでしょう。

日本でも大ヒットしたABBAのダンシング・クイーンは懐かしさも感じられてカラダが勝手に動き出すこと間違いなしの名曲ですよね!曲を知らない人でも、とにかく楽しく盛り上がれる最高の瞬間をここで味わえます!暗闇で光るサイリウムを持っていかれると更に楽しめるかもしれません。

劇団四季『マンマ・ミーア!』の映像をYouTube動画でチェック!


(出典:You Tube)

映像で見ていても感じられると思いますが、とってもパワフルで力が湧いてくる曲が多い演目でABBAの曲が懐かしいですよね!次々巻き起こる大騒動にはドキドキしますし、母と娘の絆にも感動します。

生きている事の素晴らしいなって心の底から感じられる、笑いあり涙ありの素敵な作品になっています。

劇団四季のオススメ記事はこちら

劇団四季『マンマ・ミーア!』で会場一体となる瞬間を体感しよう!

いかがでしょうか?母に共感したり娘に共感したり、音楽が楽しかったり皆で踊ってみたり。見ているだけでなく様々楽しみ方ができるのが劇団四季のマンマ・ミーア!です。

チケットキャンプでは音楽と歌詞が素晴らしい、劇団四季『マンマ・ミーア!』のチケットを取扱中です。この機会に音楽とミュージカルの素晴らしさを肌で体感してみてください!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。