舞台『魔術』は本格舞台初出演の中山美穂を支える3人の名優にも注目!

去年デビュー30周年を迎えた中山美穂の初の本格的な舞台出演となる『魔術』。深夜のおでん屋を舞台に男女4人が会話を繰り広げます。ここでは、共演の俳優陣に注目して見どころを探りたいと思います。

2015年にデビュー30周年を迎えた中山美穂が本格的な舞台に初出演していることで話題の舞台「魔術」。舞台という新境地に挑む中山美穂は、一体どのような活躍を見せてくれるのでしょうか。「魔術」をより堪能するためには、舞台経験豊富な共演者3人の名優に注目する必要がありそうです。

ここでは、舞台「魔術」で中山美穂を支える萩原聖人、橋本淳、そして勝村政信の3人の俳優を中心に、作品の見どころをご紹介したいと思います。

舞台「魔術」はどんな作品?

「魔術」は、劇団南河内万歳一座の内藤裕敬書き下ろしの新作です。終着駅にある高架下の屋台のおでん屋にふらりと立ち寄った、3人の男と1人の女。見知らぬ男女が繰り広げる会話から、社会を取り巻く言い知れない不安や他者との距離感の欠如を描きだします。

舞台「魔術」で作・演出の内藤裕敬と4度目のコラボ

舞台「魔術」で最も注目したいのが萩原聖人です。ドラマや映画だけでなく舞台の経験も豊富な萩原聖人は、今作で脚本・演出を務める内藤裕敬の作品への出演が4回目となります。内藤裕敬からの信頼も厚い萩原聖人が、この「魔術」で中山美穂の新たな魅力を引き出しつつ、自身の存在感も示します。

舞台デビューから約30年が経ち、円熟味を増してきた萩原聖人の熱い演技と息遣いをぜひ劇場で体感してください。

舞台「魔術」は橋本淳と勝村政信の演技も見逃せません!

4人の出演者の中では最年少の橋本淳も、その豊富な舞台経験で中山美穂を支えます。テレビドラマ「WATER BOYS2」でデビューし、数々のドラマで活躍する橋本淳ですが、ここ最近は宮本亜門や山内ケンジなど著名な演出家の舞台作品に出演。舞台俳優として着実にステップアップしています。

さまざまな演出家の下で俳優としての幅を広げ続けている橋本淳が、この「魔術」でどのような輝きを放つのか、非常に楽しみです。

そしてもうひとりの出演者、勝村政信からも目が離せません。勝村政信はテレビドラマでの名脇役として欠かせない存在。バラエティ番組で存在感を発揮することもあり、マルチな活躍を見せています。若い頃は演出家の蜷川幸雄の下での修行を経験、その後鴻上尚史率いる劇団第三舞台に所属していた、れっきとした舞台俳優です。

脚本・演出の内藤裕敬とは若い頃に同じミュージカルに出演したことがあるとのこと。ベテラン俳優・勝村政信は、長年培ってきたその実力で舞台「魔術」をリードすることでしょう。

舞台「魔術」で見られる中山美穂の新たな魅力

テレビドラマ「毎度お騒がせします」でデビューしてから約30年、歌手として、女優として多彩な才能を発揮してきた中山美穂。実は、本格的な舞台に出演するのは今作が初めて。彼女は本作の初稿の台本を読んだときに「ぜひやってみたい!」と思ったそうで、今作に賭ける意気込みもとても強いものがあるようです。

今作では、不安に襲われても凛と立ち続ける強さを持った女性を演じますが、萩原聖人、橋本淳、そして勝村政信といった舞台経験豊富な3人の俳優と交わることにより、きっと彼女の新たな魅力が見られることでしょう。

年々妖艶さを増してきている中山美穂が舞台という新境地でどのような姿を見せてくれるのか、ファンならずとも大いに期待したいところです。

「魔術」についてもっと知りたい方はこちらの記事もオススメ

舞台「魔術」躍動する4人の名優たちを堪能するポイントを紹介

舞台「魔術」から見える現代社会を取り巻く問題とは

内藤裕敬が「距離と密度が現実とは離れている非常に劇的な空間」という屋台のおでん屋で、4人を取り巻くのは現実なのか、それともタイトルにもなっている魔術なのか。世代もバックグラウンドも違う4人のやり取りに注目です。

舞台に恋して編集部 イチ押し公演!

中山美穂が初めてストレートプレイに挑戦する、注目の舞台「魔術」のチケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。