家族の絆の物語!M&O playsプロデュース「家族の基礎 ~大道寺家の人々~」のあらすじとキャストを紹介!

M&O playsプロデュースの舞台「家族の基礎 ~大道寺家の人々~」が2016年9月から10月にかけて上演されます。豪華キャスト陣による舞台ということで期待は高まりますが、本日は舞台のあらすじとキャストの詳細をご紹介します。

2016年9月から10月にかけてM&O playsプロデュースの舞台「家族の基礎 ~大道寺家の人々~」が上演されます。松重 豊、鈴木京香など豪華キャスト陣による舞台ということで期待は高まるばかりです。

また、コメディー作品を得意とする倉持裕が作・演出を務めるということで笑いあり、涙ありの舞台が期待できそうです。こちらでは、あらすじとキャストの詳細をご紹介します。

「家族の基礎 ~大道寺家の人々~」の作・演出は倉持裕

あらすじとキャストの前に舞台「家族の基礎 ~大道寺家の人々~」の作・演出を務める倉持裕について紹介します。

「コメディーの旗手」とも呼ばれている倉持裕は、2000年に劇団ペンギンプルペイルパイルズを旗揚げして以来、数々の舞台の脚本、演出を手掛けてきました。

自身の劇団の脚本や演出はもちろんですが、舞台版「空中ブランコ」や「英国王のスピーチ」などの脚本も手掛けるなど、彼が携わってきた作品は多数です。

テレビドラマ「サラリーマン金太郎」や「信長のシェフ」で脚本を担当するなどテレビ業界でも活動しており、NHKのコント番組「LIFE!~人生に捧げるコント~」の脚本を担当していることでも知られています。

彼が旗揚げした劇団の脚本、演出においては、コメディーの要素とテンポの良い会話劇が特徴である、と言うことができます。彼の持ち味ともいうべきそのような要素は、今回上演される舞台「家族の基礎 ~大道寺家の人々~」の中でも見ることができそうです。

「家族の基礎 ~大道寺家の人々~」のあらすじは?

以下、「家族の基礎 ~大道寺家の人々~」のあらすじになります。

大道寺尚親(松重 豊)は、東京郊外のだだっ広い邸宅で両親に放任され、孤独に育ちました。大人になり弁護士となった彼は、売り出し中の女優・須真(鈴木京香)と結婚し一男・一女を得ます。

まだまだ女優として活躍したかった須真は、家庭に入ることに不満を持っていましたが、尚親はやっと手に入れた「家庭」に満足していました。

長男の益人(林 遣都)は早熟な天才型の少年に育ち、母親の期待を一身に受け、芸術家になることを目指します。長女の紅子(夏帆)はそんな母と兄に反発し、兄の「作品」を勝手にいじって世に送り出します。

しかし、皮肉にもそのアレンジが世間に受け、大道寺家に莫大な利益をもたらしました。そのおかげか、彼らの周りには個性的な人達が集まってきます。

誰もが大道寺家の子供だと信じて疑わない染田明司(堀井新太)、紅子の友人で謎のシンガー由弦(黒川芽以)、元汚職警官で大道寺家の使用人・千々松(坪倉由幸)などです。

彼らの引き起こす様々な事件に翻弄され、紆余曲折を経て、大道寺家は「劇場」経営に乗り出します。益人は劇場の専属劇団で脚本と演出を担当、須真も女優として活躍することになります。

ところがある日、尚親の昔の顔なじみ「五郎丸一座」の座長(六角精児)が「大道寺シアター」を訪れます。彼は、反政府組織のリーダー瀬野尾(眞島秀和)やその仲間とともに大道寺家に身を寄せますが、彼らは警察にマークされていました。

ある日、踏み込んできた国家警察との間にいざこざが起き、それをきっかけに大道寺家の運命は大きく暗転し、一家離散に追い込まれます。一家の長・尚親は家族の絆を取り戻すべく、立ち上がりますが、果たしてその結末は———。

あらすじのみだと若干暗い感じもしますが、ところどころに笑いの要素が含まれているので、あまり深刻な展開にはならないようです。

https://twitter.com/TGG_15/status/777163124700884993

「家族の基礎 ~大道寺家の人々~」のキャストは?

物語の中核を成す大道寺家の父親、大道寺尚親を演じるのは、映画やテレビドラマなどで活躍している松重 豊です。

高身長で強面なので、刑事役などを演じることが多いですが、連続テレビドラマの初主演となった「孤独のグルメ」では、一人で食事を楽しむ中年男を演じた様が話題となりました。一見の寡黙そうに見えますが、舞台の中では、どのような父親を演じてくれるのでしょうか。

その妻、須真を演じるのが鈴木京香です。ドラマや映画で活躍していますが、今や日本を代表する女優と言っても過言ではないかもしれません。「家族の基礎 ~大道寺家の人々~」の中では、派手な衣装が印象的です。

若手実力派女優の夏帆は、大道寺家の長女である紅子を演じます。明るく染められた髪の毛が印象的ですが、母と兄に反発して、兄の芸術作品に勝手に手を加えしまうのですから、相当お転婆な娘を演じることになりそうです。

大道寺家の長男を演じるのは、林 遣都です。2007年の映画「バッテリー」に主演して以降、多数のテレビドラマや、映画に出演しています。「家族の基礎 ~大道寺家の人々~」の中では、早熟な天才、母の期待を受け芸術家を目指す、といった役柄を演じます。

キャストは総勢10名を越えます。以下、出演者のまとめです。

  • 松重 豊:大道寺尚親
  • 鈴木京香:売り出し中の女優・妻の須真
  • 夏帆:長女の紅子
  • 林 遣都:長男の益人
  • 堀井新太:染田明司
  • 黒川芽以:紅子の友人で謎のシンガー由弦
  • 坪倉由幸:元汚職警官で大道寺家の使用人・千々松
  • 眞島秀和:反政府組織のリーダー瀬野尾
  • 六角精児:尚親の昔の顔なじみ「五郎丸一座」の座長

他にも、山本圭祐、長田奈麻、児玉貴志、粕谷吉洋、水間ロン、山口航太、近藤フクが出演しています。

「家族の基礎 ~大道寺家の人々~」のあらすじとキャストを確認したら会場に足を運ぼう!

舞台「家族の基礎 ~大道寺家の人々~」は、家族の物語です。時には笑って、でも最後には感動する、そんな舞台を観たい方にはおすすめです。是非会場で観劇しましょう!チケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。