【銀河劇場レポ】東京千秋楽!大原櫻子主演舞台『The rise and fall of LITTLE VOICE リトル・ヴォイス』の感想まとめ!

歌手で女優の大原櫻子さんを主演に迎え、天王洲 銀河劇場で2017年5月15日に開幕した舞台『The rise and fall of LITTLE VOICE リトル・ヴォイス』。ついに5月28日に銀河劇場ラスト公演を迎えました。本作は1992年にロンドンで大ヒットしたミュージカル作品で、1998年に映画化。ストーリーは、自分の殻に閉じこもっている少女リトル・ヴォイスが、歌の力で人生を切り拓いていくというものです。今回は、舞台『The rise and fall of LITTLE VOICE リトル・ヴォイス』のあらすじやキャスト、そして日程・会場などの情報を解説し、銀河劇場でラスト公演をむかえたリトル・ヴォイスをレポートします!

舞台『The rise and fall of LITTLE VOICE リトル・ヴォイス』大絶賛の嵐!

【画像:フリー素材AC

歌手で女優の大原櫻子さんを主演に迎え、天王洲 銀河劇場で2017年5月15日に開幕した舞台『The rise and fall of LITTLE VOICE リトル・ヴォイス』。1992年にロンドンで上演されたミュージカルで、1998年には映画化された名作です。大好きな父を亡くし、自分の殻に閉じこもっている少女リトル・ヴォイスが、ジュディ・ガーランドやマリリン・モンローなどの歌をそっくりに歌いこなすことで、人生を切り拓いていくという物語です。

今回は、舞台『The rise and fall of LITTLE VOICE リトル・ヴォイス』のあらすじやキャスト、そして日程・会場などの情報を解説します。

こちらの記事もおすすめ

舞台『The rise and fall of LITTLE VOICE リトル・ヴォイス』あらすじは?

舞台『The rise and fall of LITTLE VOICE リトル・ヴォイス』は、1992年にロンドンで大ヒットしたミュージカルです。1998年には映画『リトル・ヴォイス』として映画化され、スマッシュヒット。ユアン・マクレガーやマイケル・ケインなど有名俳優も出演し、高い評価を得ました。それでは、舞台『The rise and fall of LITTLE VOICE リトル・ヴォイス』のあらすじを見ていきましょう。

あらすじ

英国北部の田舎町。最愛の父親の亡き後、奔放な母親マリーとの2人暮らしをする少女LV(リトル・ヴォイス)は、父親が残したレコードを唯一の生甲斐に家に引き篭もる日々を過ごしていました。LVとは、消え入るような声でしか話さない彼女に母親がつけたあだ名。父親のお気に入りだったジュディ・ガーランドやマリリン・モンローをこよなく愛するLVは、いつしか驚くべき歌唱力を身に付けていましたが、内向的で人前に姿を表す事もない彼女の才能は、誰にも知られることがありませんでした。

そんなある日、母親が連れてきた落ち目のプロモーター・レイは、偶然LVの歌声を耳にします。その声に魅了されたレイは、そのLVの稀代の才能を売り込むべく町のクラブのステージに立たせようと画策します。嫌がるLVの心の支えとなったのは、電話工事でLV宅を訪れた青年、ビリーでしたが……。

舞台『The rise and fall of LITTLE VOICE リトル・ヴォイス』キャストは?

続いて、舞台『The rise and fall of LITTLE VOICE リトル・ヴォイス』に出演している主なキャストをご紹介します。

リトル・ヴォイス役 大原櫻子さん

主役であるLV(リトル・ヴォイス)役を演じるのは、大原櫻子さんです。歌手・女優として活躍している大原櫻子さんは21歳。17歳のときに映画映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』のヒロインオーディションに合格したことでデビュー。圧倒的な歌唱力とフレッシュな魅力で歌手・女優としての活動をスタートさせました。

201年、地球ゴージャスプロデュース公演『The Love Bugs』で舞台デビュー。今回は、ミュージカル『わたしは真悟』に続く3回目の舞台出演となります。ジュディ・ガーランドやマリリン・モンローなど、あらゆる名曲を歌いこなす大原櫻子さんの歌は、本作最大のみどころです。

マリー・ホフ役 安蘭けいさん

LVの母親マリー・ホフ役を演じるのは、安蘭けいさんです。元宝塚男役トップスターだった安蘭けいさんは、2009年に宝塚を退団してミュージカル女優に。ミュージカル『エディット・ピアフ』、ミュージカル『サンセット大通り』など多くの作品で主演をつとめ、確かな演技力と歌唱力でミュージカル界きっての実力派として高い人気を誇っています。

ミュージカル『ネクスト・トゥ・ノーマル』など、現代的で難しい作品にも果敢に挑戦し、見事な表現力を発揮する安蘭けいさん。本作でも、LVに強い影響を与えている母親役という難役を熱演します。

ビリー役 山本涼介さん

LVと心を通わせる物静かな青年・ビリーを演じるのは、山本涼介さん。ジュノン・スーパーボーイ・コンテストのファイナリストとなったことで芸能界デビューを果たした山本涼介さんは、メンズノンノの専属モデルとしても活躍する俳優です。2015年に放送開始した仮面ライダーシリーズ『仮面ライダーゴースト』に出演したことで知名度を高めました。

舞台出演は今回で4回目。まだ22歳の山本涼介さんはどのような演技を見せてくれるでしょうか?

レイ・セイ 役 高橋和也さん

LVの歌声に魅了され、クラブのステージで歌わせようとするプロモーター・レイを演じるのは、高橋和也さんです。ジャニーズ事務所のグループ「男闘呼組」のメンバーとしてデビューした高橋和也さんは、現在は俳優・歌手として活躍しています。

数多くの映画やドラマに出演しているほか、舞台経験も豊富な高橋和也さん。蜷川幸雄さんや栗山民也さんなど、名だたる演出家が手掛けた作品に出演しています。本作でも、一癖ある濃いキャラクターを好演します。

舞台『The rise and fall of LITTLE VOICE リトル・ヴォイス』会場は?

舞台『The rise and fall of LITTLE VOICE リトル・ヴォイス』東京公演が行われているのは、天王洲 銀河劇場です。天王洲 銀河劇場は、東京品川区にある劇場で、総座席数は746席。1階~3階までの三層構造になっており、馬の蹄のような座席エリアの形が特徴的です。舞台と客席の距離が比較的短く、最大でも20メートルに設定されています。

日程

5月15日(月) – 5月28日(日) 全17回 天王洲 銀河劇場

アクセス

所在地

東京都品川区東品川2-3-16 シーフォートスクエア内2階
TEL:03-5769-0011

電車

  • 東京モノレール「天王洲アイル駅」下車、徒歩1分
  • りんかい線「天王洲アイル駅下車」出口Aより徒歩5分

駐車場

シーフォートスクエア内に有料駐車場あり
【料金】30分:320円 24時間:1,900円

座席

1階席は、A~Q列/左右最大36席/最大席数516席(オーケストラピット使用時はE列以降を使用/386席に)。2階席はA~C列/左右最大30席とボックス席1~11 /最大席数101席。3階席はA~D列/左右最大34席とボックス席9~12 /最大席数129席。なお、ボックス席は各4席ずつになります。

良い席は1階E~J列13~24番および、2階席最前列になるでしょう。なお、舞台セットによっては、ボックス席の一部は販売されないことがあります。

舞台『The rise and fall of LITTLE VOICE リトル・ヴォイス』はきっと伝説になる!

銀河劇場公演ラスト!リトル・ヴォイスのレポ&感想まとめ

大原櫻子の実力がすごい….!

感動ラストはスタンディングオベーション!!!

広瀬すず、藤原さくら、家入レオが関係者席に!

まだ地方公演もある!!

大原櫻子さんの歌声と、胸を打つストーリーが魅力の舞台『The rise and fall of LITTLE VOICE リトル・ヴォイス』は、ミュージカルファンだけではなく幅広い観客の心を捉える名作です。5月27日には、全国各地の映画館でライブ・ビューイングも予定されている舞台『The rise and fall of LITTLE VOICE リトル・ヴォイス』。あらすじ・キャスト・日程・会場などを解説してきましたが、きっと本作は伝説になるはず。
まだ富山・福岡と地方公演が残っています!この機会を逃さないでください!

こちらの記事もおすすめ

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。