劇団四季『リトルマーメイド』感想は? ディズニーとの歴史もご紹介!

劇団四季といえば日本が誇る劇団。今回は劇団四季の新しい看板舞台になりつつある『リトルマーメイド』の感想をこれまでのディズニーと劇団四季の歴史なども踏まえてご紹介いたします。

劇団四季といえば日本が誇る劇団。 劇団四季の看板といえば『ライオンキング』や『キャッツ』など伝説的なミュージカルが多数あります。

今回はそんな劇団四季の新しい看板舞台になりつつある品川でロングラン公演を続けている『リトルマーメイド』の感想をこれまでのディズニーと劇団四季の歴史なども踏まえてご紹介いたします。

ディズニーと劇団四季の歴史って?

ディズニーがミュージカルに進出したのは1994年の『美女と野獣』のブロードウェイ公演。それから『魔法にかけられて!』で『オペラ座の怪人』を抜く大ヒットを記録し、ミュージカルの新時代を築きあげました。

その新時代の流れにのり真っ先に日本でも劇団四季がディズニーとタッグを組み公演を手がけることに。その後日本でも右肩上がりで人気がでて、『ライオンキング』は日本中で愛される代表される舞台になりました。

今回ご紹介する『リトルマーメイド』は2013年にロングラン公演が始まり、劇団四季の迫力のある演出で人気を博しています。

劇団四季 『リトルマーメイド』感想ご紹介!

劇団四季 『リトルマーメイド』を見たお客さんの演出面の感想で多いのは「見事に舞台で海を表現している」という点です。

アリエルをはじめ人魚役や魚役をする劇団四季のみなさんが「海の中」を表現するために用ている方法が「フライング」。

海の中にいるときは、ヒレを動かす動きでつねに体をゆらゆらしていることで、海の中の動きがリアルに表現されています。

さらにアリエルの髪の毛にもこだわっていて、海の中にいるときはアリエルの髪は逆立っています。これは海の中では重力の抵抗をうけずに髪の毛がおりないからです。

細部にまでこだわった演出のおかげで見ている方は没入できて、まるで海の中にいるような感覚に陥ります。

劇団四季『リトルマーメイド』歌声は本当に感動もの

劇団四季『リトルマーメイド』で最も感想が多いのは「歌が素晴らしい」といった内容の感想です。

その理由は、アリエル役の谷原志音さんがアリエルに抜擢されたのは誰もを感動させる綺麗な歌声を持ち合わせていたからです。その谷村志音さんの歌声で歌う『リトルマーメイド』の代表曲「パート・オブ・ユア・ワールド」は圧巻。

この歌を聴いた後は舞台が終わった後でも余韻で座り続けるお客さんも多いです。

劇団四季『リトルマーメイド』オススメ記事

リピーターも多い劇団四季『リトルマーメイド』

日本を代表する劇団の劇団四季が公演する『リトルマーメイド』。ご紹介した感想の通り、お客さんの満足度も非常高くリピータ率も非常に高いです。

まだ、見ていないという方は是非一度海の世界へ足を運んではいかがでしょうか。

劇団四季『リトルマーメイド』はぜひ劇場で!

チケットキャンプ(チケキャン)では、日本がほこる劇団四季のコンサート・イベントチケットを取り扱っています。劇団四季『リトルマーメイド』のチケット情報良席多数のチケットキャンプ(チケキャン)で。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。