【動画あり】劇団四季「ライオンキング」とめちゃイケ岡村隆史がコラボしてたって本当?

みなさんは国民的ミュージカルである劇団四季「ライオンキング」と、同じく国民的芸人である「めちゃイケ」の岡村隆史さんが何度もコラボをしていたことをご存知ですか?コラボ風景の動画が話題となっていたこともあるので、もしかしたらご存知の方もいらっしゃるかもしれません。ミュージカルと芸人という一見関わりが無く見える者同士ですが、実は劇団四季「ライオンキング」と「めちゃイケ」の岡村隆史さんは何度もコラボをしているんです。そこで今回は、劇団四季「ライオンキング」と「めちゃイケ」岡村隆史さんの具体的なコラボ内容について動画を交えながら徹底的にご紹介をしていきます。

公演回数10,000回突破の劇団四季「ライオンキング」と「めちゃイケ」岡村隆史さんが何度もコラボしていた!

公演回数は脅威の10,000回超え、今なお公演が続いているミュージカル劇団四季「ライオンキング」。今年でなんとロングラン19年目に突入している老若男女問わず絶大な人気を誇っている国民的ミュージカルの1つです。

実はそんな劇団四季「ライオンキング」と、あの「めちゃイケ」の岡村隆史さんは何度もコラボをしているんです。

コラボ風景の動画が話題となっていたこともあるので、もしかしたらご存知の方もいらっしゃるかもしれません。

ミュージカルと芸人って関連性がなさそうだけど、どんなコラボをしていたの?と気になる方も多いはず。

そこで今回は、劇団四季「ライオンキング」の簡単なおさらいから、劇団四季「ライオンキング」と「めちゃイケ」岡村隆史さんの具体的なコラボ内容について徹底的にご紹介をしていきます。

日本国民なら一読しておく価値ありです!

まずは劇団四季「ライオンキング」について簡単におさらい

劇団四季「ライオンキング」はディズニーのアニメ映画が元となっている作品で、アフリカのサバンナを舞台とし、ライオンの子シンバの成長を描いているミュージカルです。

「サークル・オブ・ライフ(生命の連還)」というテーマを掲げ、生命の力強さ・親子の絆・友情・愛・心の成長などを綴っています。

劇団四季「ライオンキング」は楽曲も多数の方面から高い評価を得ている作品で、「アフリカンビート」と呼ばれる独創的な音楽が印象的です。

また、なんと言ってもこの劇団四季「ライオンキング」の注目すべき点は、その公演回数と公演期間です。

なんと公演回数は脅威の10,000回超えを記録しており、今年で公演19年目を迎えます。

19年あれば小学校1年生が社会人10年目になっていてもおかしくない年月ですよね。

その存在感がから、劇団四季「ライオンキング」は「ミュージカルの王様」と表されることもしばしば。

その快挙的な公演回数と公演期間を誇る劇団四季「ライオンキング」には賞賛の声が耐えません。

今若者から絶大な人気を誇っているりゅうちぇるさんも劇団四季「ライオンキング」を絶賛しています。

劇団四季「ライオンキング」とコラボした「めちゃイケ」ってどんな番組?

今回劇団四季「ライオンキング」とコラボしためちゃイケの正式名称は「めちゃ×2イケてるッ!」で、1996年から放送されているバラエティ番組です。

メインキャストは岡村隆史さんと矢部浩之さんで結成されているナインティナインが努めています。

めちゃイケも劇団四季「ライオンキング」に劣らず、今年で21年目を迎える超ロングラン番組として知られています。

番組開始当初の視聴率はなんと33.2%と、他のバラエティ番組を引き離しほぼ独走状態でした。時代背景を鑑みても人気番組であることがよく分かります。

劇団四季「ライオンキング」と「めちゃイケ」のコラボ第一弾!【オファーが来ましたシリーズ】

劇団四季「ライオンキング」とめちゃイケ岡村隆史さんが初めてコラボしたのは2000年。岡村隆史さんが27歳の時でした。

第一弾のコラボでは、「めちゃイケ」の【オファーが来ましたシリーズ】という企画にてコラボをしています。

「めちゃイケ」企画【オファーが来ましたシリーズ】ってどんな企画?

「めちゃイケ」の企画である【オファーが来ましたシリーズ】は、岡村隆史さんの挑戦を笑いを交えたドキュメンタリータッチで描いていくもので、最初落ちこぼれからスタートする岡村隆史さんが最終的に奇跡を起こす場面が見どころとなっている「めちゃイケ」の代表的な企画の1つです。

設定としては、様々なアーティストやスポーツ選手などから岡村隆史さんにオファーが舞い込み、そのオファーに岡村隆史さんが挑戦をしていくといったものです。

岡村隆史さんは最初はオファーに対して嫌がりますが、オファー主に潜在能力を褒められる場面を境に、挑戦に本気で取り組んでいくという展開がお決まりとなっています。

岡村隆史さんは優れた運動神経の持ち主で、特にダンスが大の得意。岡村隆史さんのダンスシーンは毎回見どころの1つとなっています。

こちらはCM企画で岡村隆史さんがブレイクダンスを披露している動画ですが、35歳にしてキレキレのダンスを披露しています。

過去に「めちゃイケ」の【オファーが来ましたシリーズ】で岡村隆史さんがコラボしたものはザッと並べても名だたるものばかりです。

  • ジャニーズJr.
  • SMAP
  • モーニング娘
  • EXILE
  • 市川海老蔵
  • 具志堅用高

岡村隆史さんが劇団四季「ライオンキング」と初コラボで披露した「ハイエナダンス」がプロ顔負け!

劇団四季「ライオンキング」と「めちゃイケ」岡村隆史さんの初のコラボとなった【オファーが来ましたシリーズ】では、岡村隆史さんは本当は主人公であるシンバ役を熱望していましたが、オーディションを受けて落ちてしまい、アンサンブルの一部である、草・ガゼル・ハイエナの3役を担当することになります。

この3役の中で最も最難関であるのがハイエナの役でした。

実はこのハイエナ役は、最難関のダンスと言われている左右の3回転ターンを踊らなければならないのです。その名も「ハイエナダンス」。

ごく一般的な人であれば、1回転でも綺麗にターンをすることは難しいのではないでしょうか。

それが3回転となると、体の軸がしっかりと作られていることや、ターンの基礎をしっかりと習得していることが求められます。

加えて劇団四季「ライオンキング」の「ハイエナダンス」では、【左右】に3回転をしなければなりません。

利き手があるように、通常、ターンにも人それぞれ得意な方向があると言われています。

岡村隆史さんは本来ダンサーではなく芸人ですので、【左右】の3回転ターンをしっかりと決めることは相当難易度の高い挑戦であったことが推測されます。

そんな岡村隆史さんが【オファーが来ましたシリーズ】で披露した「ハイエナダンス」の練習風景の動画がこちらです。

岡村隆史さんは、練習では一回も成功したことのなかった左右の3回転ターンを、本番では完璧に成功させて奇跡を起こします。

さすが国民的芸人である岡村隆史さんといったところですよね。

劇団四季「ライオンキング」と「めちゃイケ」のコラボ第ニ弾!【フジTV警察24時】

劇団四季「ライオンキング」とめちゃイケ岡村隆史さんが次にコラボしたのは2008年。岡村隆史さんが35歳の時でした。

第二弾のコラボでは、「めちゃイケ」の【フジTV警察24時】という企画にてコラボを果たします。

「めちゃイケ」企画【フジTV警察24時】ってどんな企画?

【フジTV警察24時】の企画は【オファーが来ましたシリーズ】と並んで「めちゃイケ」の代表的な企画となっており、「警察24時」のパロディ企画です。

岡村隆史さんを巡査部長として、そのほか仲間たち(加藤、濱口、矢部さんら)で平和を守ることをテーマに、事件を取り上げ、検挙していくというコンセプトです。

事件とは無縁の日常のなんでもないシーンを重大事件として捉え、粛々とした雰囲気で検挙していく様が面白く、ファンも沢山付いている人気の根強い企画の1つです。

8年ぶり!劇団四季「ライオンキング」と「めちゃイケ」の【フジTV警察24時】のコラボが面白すぎる

この企画で8年ぶりにコラボを果たした劇団四季「ライオンキング」と「めちゃイケ」の岡村隆史さん。

この企画では、劇団四季の公演開場を、「長年事件が多発している野生動物たちの無法地帯」として取り上げます。

また、劇団四季「ライオンキング」には有名なシーンの1つに、シンバとシンバの父の弟であるスカーが断崖でおこなう決闘シーンにて、スカーがハイエナたちに殺されてしまうというシーンがありますが、こちらのシーンが暗転により終わり明転したと思うと、舞台上には恐らくスカーの死体を隠しているであろう銀色のシートの周りを、黄色いテープが貼られた赤いコーンが囲っているというシーンに予告なく移ります。

そこで岡村隆史さん率いる【フジTV警察24時】メンバーが登場し、舞台上に劇団四季「ライオンキング」の演者さんたちを動物に扮した出演スタイルのまま呼び出し、これは「スカー障害致死事件だ!」と言って、取り調べを始めてしまいます。

(出典:無料写真素材写真ACより)

さっきまで白熱とした演技を見せていた劇団四季「ライオンキング」の演者さんたちが動物に扮した姿のまま、舞台上にて取り調べを受ける姿はなんともシュールな光景で、笑いを誘います。

取り調べの中で、ミュージカル上で今後シンバとカップルとなる予定のナラ役の演者さんに対して、岡村隆史さんが「今彼氏いるの?」と質問し、ナラ役の演者さんが即興で「付き合い始めたのは最近なんですが、一応います。」と言ってシンバを紹介したり、竹馬に乗ることでキリンに扮しているキリン役の演者さんが取り調べに中に立っていることに限界を迎え舞台裏に捌けてしまうなど、「めちゃイケ」らしいはちゃめちゃな展開が見どころとなっています。

劇団四季「ライオンキング」シンバ役と「めちゃイケ」岡村隆史さんの因縁のシンバ対決!

(出典:無料写真素材写真ACより)

この8年をかけ、2回に渡って行われた劇団四季「ライオンキング」と「めちゃイケ」岡村隆史さんのコラボにて、共通して登場するお決まりの展開が「シンバ対決」です。

岡村隆史さんは劇団四季に出るならやはり主人公であるシンバ役をやりたいという願望を持っており、劇団四季「ライオンキング」にてシンバ役をしている演者さんを敵対視します。

いくらダンスがキレキレで才能に溢れた岡村隆史さんとはいえ、劇団四季「ライオンキング」の主人公であるシンバ役を勝ち取るほどの役者さんに勝てるはずもないのですが、岡村隆史さんが本気でシンバ役の役者さんをライバル視をしている模様は、劇団四季「ライオンキング」と「めちゃイケ」岡村隆史さんのコラボにおいて面白いポイントの1つとなっています。

【オファーが来ましたシリーズ】でのシンバ対決

(出典:かわいいフリー素材集いらすとやより)

まずは劇団四季「ライオンキング」と「めちゃイケ」岡村隆史さんの第一弾コラボである【オファーが来ましたシリーズ】でのシンバ対決についてご紹介します。

【オファーが来ましたシリーズ】での「シンバ対決」は、岡村隆史さんがシンバのオーディションを受ける際に勃発します。

岡村隆史さんは、劇団四季「ライオンキング」の当時のシンバ役である坂本健児さんに対して勝手に敵対心を燃やしており、坂本健児さんと挨拶で握手をする際に「これでもか!」というくらい坂本健児の手をゴリゴリゴリっと強く握り捻ってしまいます。これにはさすがに坂本健児さんも苦笑い。

その後、歌のオーディションにて坂本健児さんは、さすが劇団四季「ライオンキング」でシンバの座を勝ち取っただけあるな・・!というくらい迫力のある美声でシンバの代表曲の1つである「終わりなき夜」を岡村隆史さんの前で熱唱します。

対抗して岡村隆史さんもオーディションに挑みますが、音程はズレズレ、リズムもなんか違う・・といった形で坂本健児さんにボロ負けをしてしまいます。

これが劇団四季「ライオンキング」シンバ役と「めちゃイケ」岡村隆史さんのシンバ対決の第一弾です。

【フジTV警察24時】でのシンバ対決

(出典:かわいいフリー素材集いらすとやより)

8年越しである【フジTV警察24時】でのシンバ対決は、またしても歌での対決でした。

舞台上での取り調べ中、当時のシンバ役である田中彰孝さんに岡村隆史さんはまたしても敵対心を剥き出しにし、「俺も8年前にシンバ役やったことあるから!」と嘘をつきます。(岡村隆史さんが演じたのはアンサンブルの3役です。)

また、当時劇団四季に入団6年目であった田中彰孝さんに対して、「俺は8年目だから後輩だな!」とドヤ顔で言い放ちます。

そこで恒例のシンバ対決が開催され、「ハクナ・マタタ」で歌対決をおこないますが、やっぱり岡村隆史さんのボロ負け。最初の出だしで完全に音程を外し、舞台上の演者さんたちを揃ってズッコケさせてしまいます。

劇団四季の舞台上が「四季新喜劇状態」になって終わったのが、因縁の第二回「シンバ対決」でした。

劇団四季「ライオンキング」と「めちゃイケ」岡村隆史とのコラボ、いかかでしたか?

今回は国民的ミュージカルである劇団四季「ライオンキング」国民的芸人である「めちゃイケ」岡村隆史さんのコラボをご紹介していきました。

劇団四季「ライオンキング」と「めちゃイケ」岡村隆史さんのことは、皆さんのほとんどがご存知であったかと思いますが、コラボしていたことを知らなかった方も多かったのではないでしょうか?

ミュージカルと芸人というと一見無縁のようですが、どちらもロングランの公演・番組を持っている国民的な存在同士。また是非コラボをしてもらいたいですね。

劇団四季「ライオンキング」などに関する記事

 

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。