ミュージカル『レ・ミゼラブル』エポニーヌ役の女優サマンサ・バークス出演作品まとめ

ミュージカル映画『レ・ミゼラブル』にエポニーヌ役で出演し、多くの映画ファンを魅了した女優サマンサ・バークス。その素晴らしい演技が印象に残り、彼女がどんな女優で、出演作品にはどんなものがあるのか気になったという方も多いのではないでしょうか?今回は『レ・ミゼラブル』で注目され話題となった女優、サマンサ・バークスについて特集します。彼女の基本プロフィールはもちろん、過去の出演作品をピックアップしてご紹介していきます!ぜひチェックしていってくださいね。

【『レ・ミゼラブル』で大注目された女優、サマンサ・バークス特集】

ミュージカル映画『レ・ミゼラブル』に出演したときの演技が各方面で絶賛された女優サマンサ・バークス。彼女のプロフィールや過去の出演作品が気になっているという方は多いかもしれません。

今回は、サマンサ・バークスがどんな女優なのか、そしてどんな作品に出演しているのかまとめてご紹介します!『レ・ミゼラブル』の中だけではない彼女の魅力を覗いてみましょう!

【『レ・ミゼラブル』エポニーヌ役で喝采を浴びた女優サマンサ・バークスとは?】

サマンサ・バークスは1990年10月2日生まれで、イギリス近くのアイリッシュ海に浮かぶマン島の出身です。2007年にアルバム『Looking in your eyes』をリリースして、歌手としてデビューしています。

その後の2008年、イギリスBBCのオーディション番組『I’d Do Anything』で第3位になったことを機に、ミュージカル『キャバレー』で主演を務めました。『アラジン』『レ・ミゼラブル』などの出演作品で舞台を中心にキャリアを積み、映画版『レ・ミゼラブル』のエポニーヌ役を見事オーディションで獲得。

2012年にスクリーンデビューを果たしました。2016年には自らの名前を冠したアルバムを発表しており、コンサートなどの歌手活動も精力的に行っています。

【『レ・ミゼラブル』で注目された女優サマンサ・バークス出演作品(1)映画&舞台『レ・ミゼラブル』】

『レ・ミゼラブル』で注目を浴びたサマンサ・バークスの出演作品その1:映画&舞台『レ・ミゼラブル』

一途に恋をする少女、エポニーヌ役

2012年公開の映画『レ・ミゼラブル』で貧しい弁護士の青年マリウスと恋に落ちるエポニーヌ役を演じてクローズアップされたサマンサ・バークスですが、実は2010〜2011年に上演された舞台『レ・ミゼラブル』でもエポニーヌ役を演じているのです。当時、舞台プロデューサーだったキャメロン・マッキントッシュに絶賛され、25周年記念コンサートでも同じ役で出演しています。

もちろん映画でも、その素晴らしい歌声は最大の見どころ。人気ドラマ『glee』主演女優のリア・ミシェルをはじめ、スカーレット・ヨハンソンやテイラー・スウィフトなど、そうそうたるメンツがエポニーヌ役候補として残っていた中で役を獲得しただけあって、サマンサ・バークスの存在感はかなりのものです!

【『レ・ミゼラブル』で注目された女優サマンサ・バークス出演作品(2)ミュージカル『キャバレー』】

『レ・ミゼラブル』で注目を浴びたサマンサ・バークスの出演作品その2:ミュージカル『キャバレー』

恋に落ちるイギリス人の歌姫、サリー・ボウルズ役

2008〜2009年に上演されたミュージカル『キャバレー』では、イギリス人の歌姫サリー・ボウルズ役を熱演しました!本ミュージカルの初演はブロードウェイが1966年、ロンドンは1968年。その後ブロードウェイでもロンドンでも何度も再演され、日本でも上演されている人気作品です。

1930年代初頭のベルリンにある場末のキャバレー「キットキャットクラブ」を舞台に、歌姫サリーと作家志望のアメリカ人の青年クリフとの恋を描いています。歌姫役は歌唱力に定評のあるサマンサ・バークスにぴったりですね!

【『レ・ミゼラブル』で注目された女優サマンサ・バークス出演作品③ミュージカル『オリバー!』】

『レ・ミゼラブル』で注目を浴びたサマンサ・バークスの出演作品その3:ミュージカル『オリバー!』

口は悪くても根は優しいサイクスの情婦、ナンシー役

チャールズ・ディケンズの小説『オリバー・ツイスト』を原作としてミュージカル化された『オリバー!』は、1960年初演から長いあいだ上演され続けています。サマンサ・バークスが出演したのは2011〜2013年のとき。窃盗団の一人であるビル・サイクスと通じている情婦ナンシー役を演じています。

『キャバレー』と同じく人気の高い作品です。ちなみに、サマンサ・バークスが舞台に出るきっかけとなったオーディション番組は、このナンシー役を選ぶという内容でした。つまり、その番組で逃した役を、のちに掴んだということになります!

【『レ・ミゼラブル』で注目された女優サマンサ・バークス出演作品④ミュージカル『アメリ』】

『レ・ミゼラブル』で注目を浴びたサマンサ・バークスの出演作品その4:ミュージカル『アメリ』

空想好きな女の子、アメリ役

2015年に上演されたミュージカル『アメリ』では、映画『レ・ミゼラブル』で一躍有名になったこともあり、サマンサ・バークスは主演アメリ役を務めています。ミュージカルのもとになったのは、2001年公開の同名フランス映画です。

『キャバレー』や『オリバー!』のような長年親しまれている舞台ではなく、サマンサ・バークス主演回が初演となっています。アメリは神経質な両親のもとで育ち、空想をして遊ぶことが好きになった女の子。他作品での役柄とはかなり違うイメージですね!

レ・ミゼラブルの他のオススメ記事

【『レ・ミゼラブル』だけではないサマンサ・バークス!】

 

(出典:pixabayより)

 

映画『レ・ミゼラブル』のエポニーヌ役で絶賛された女優サマンサ・バークスと、過去の出演作品についてお届けしました!卓越した歌唱力を持ち、女優だけでなく歌手としても活動している彼女ゆえに、出演作品は映画よりもミュージカルが多いですね。

とはいえ、サマンサ・バークスはまだ20代後半と若い女優です。映画『レ・ミゼラブル』だけでなく、今後もまだまだ映画界での大きな活躍が期待できそうですね!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。