ミュージカル「レ・ミゼラブル」公演日・会場へのアクセス・上演時間をご紹介

2017年5月25日から帝国劇場を皮切りに上演されるミュージカル「レ・ミゼラブル」。今から心待ちにしているファンも多いのではないでしょうか。ミュージカルの内容はもちろんですが「レ・ミゼラブル」の公演日も気になります。今回は「レ・ミゼラブル」公演日・会場へのアクセス方法・上演時間についてご紹介します。

【日本初演30周年となる「レ・ミゼラブル」の公演日情報が知りたい!】

日本初演30周年となる「レ・ミゼラブル」は1862年に作家ヴィクトル・ユーゴーが執筆した作品です。日本語訳にすると「悲惨な人々」「哀れな人々」という意味になるのだとか。その内容は、たった1本のパンを盗んだことで、19年間にもおよぶ監獄生活を送ることになった主人公の生涯を描いた作品です。

日本では、今年ミュージカル初演から30周年となるそうです。長い間上演され続けていたことから、多くの人々から支持されてきた作品であることが伺えます。

そこで今回は、そんなミュージカル「レ・ミゼラブル」の公演日・会場へのアクセス・上演時間についてご紹介します。公演日までに必要な情報を予習していきましょう。

【レ・ミゼラブルの公演日や上演時間を確認しよう!】

まず始めに、ミュージカル「レ・ミゼラブル」の公演日と上映時間を確認しましょう。会場へのアクセス方法と同様に事前確認しておきたいのが公演日と上演時間です。仕事や家事、学校などの休み。もしくは、一緒に観に行く人と予定を照らし合わせ観劇する日を決めるのもワクワクしますよ。

公演日

2017年5月25日(木)〜7月17日(月・祝)

公演スケジュールと上映時間

《5月スケジュール》

  • 5月21日(日)18:15〜※プレビュー公演
  • 5月22日(月)18:15〜※プレビュー公演
  • 5月23日(火)18:15〜※プレビュー公演
  • 5月24日(水)18:15〜※プレビュー公演
  • 5月25日(木)17:00〜
  • 5月26日(金)13:00〜、18:15〜
  • 5月27日(土)12:00〜、17:00〜※貸切公演
  • 5月28日(日)13:00〜※貸切公演
  • 5月29日(月)休演日
  • 5月30日(火)13:00〜、18:15〜
  • 5月31日(水)13:00〜、18:15〜

《6月スケジュール》

  • 6月1日(木)13:00〜
  • 6月2日(金)13:00〜、18:15〜
  • 6月3日(土)12:00〜、17:00〜
  • 6月4日(日)13:00〜※貸切公演
  • 6月5日(月)13:00〜
  • 6月6日(火)13:00〜、18:15〜
  • 6月7日(水)13:00〜※貸切公演
  • 6月8日(木)13:00〜、18:15〜
  • 6月9日(金)13:00〜、18:15〜
  • 6月10日(土)休演日
  • 6月11日(日)14:00〜※30周年スペシャルウィーク
  • 6月12日(月)14:00〜※30周年スペシャルウィーク
  • 6月13日(火)14:00〜※30周年スペシャルウィーク
  • 6月14日(水)14:00〜※30周年スペシャルウィーク
  • 6月15日(木)14:00〜※30周年スペシャルウィーク
  • 6月16日(金)14:00〜※30周年スペシャルウィーク
  • 6月17日(土)14:00〜※30周年スペシャルウィーク
  • 6月18日(日)休演日
  • 6月19日(月)18:15〜
  • 6月20日(火)13:00〜、18:15〜
  • 6月21日(水)13:00〜、18:15〜
  • 6月22日(木)13:00〜
  • 6月23日(金)13:00〜、18:15〜
  • 6月24日(土)12:00〜※貸切公演、17:00〜
  • 6月25日(日)13:00〜※貸切公演
  • 6月26日(月)13:00〜、18:15〜
  • 6月27日(火)13:00〜、18:15〜
  • 6月28日(水)休演日
  • 6月29日(木)13:00〜、18:15〜
  • 6月30日(金)13:00〜

《7月スケジュール》

  • 7月1日(土)12:00〜※貸切公演、17:00〜
  • 7月2日(日)13:00〜
  • 7月3日(月)13:00〜、18:15〜
  • 7月4日(火)13:00〜、18:15〜※貸切公演
  • 7月5日(水)休演日
  • 7月6日(木)13:00〜、18:15〜
  • 7月7日(金)13:00〜
  • 7月8日(土)12:00〜、17:00〜
  • 7月9日(日)12:00〜※貸切公演、17:00〜
  • 7月10日(月)13:00〜
  • 7月11日(火)13:00〜、18:15〜
  • 7月12日(水)13:00〜、18:15〜
  • 7月13日(木)13:00〜
  • 7月14日(金)13:00〜、18:15〜※貸切公演
  • 7月15日(土)12:00〜、17:00〜
  • 7月16日(日)13:00〜
  • 7月17日(月・祝)13:00〜

【帝国劇場の最寄り駅はどこ?会場へのアクセス方法について】

ミュージカル「レ・ミゼラブル」の公演日に道に迷ったり、会場へのアクセス方法に困ることが無いように事前確認をしておきましょう。会場となる帝国劇場の最寄り駅は複数あります。もし、駅から迷うことなく会場に向かいたいという人は、有楽町線有楽町駅を利用するのがおすすめです。

B3出口が帝国劇場の地下2階に直結しているので、上映時間ギリギリに向かっても迷わず会場入りすることができるでしょう。詳細情報をまとめました。

帝国劇場住所

〒100-0005 東京都千代田区丸の内3丁目1番1号

最寄り駅

  • 都営三田線日比谷駅より徒歩0分
  • 日比谷線日比谷駅より徒歩4分
  • 千代田線日比谷駅または二重橋前駅より徒歩4分
  • 有楽町線有楽町駅より徒歩0分(B3出口が帝劇地下2階に直結)
  • JR有楽町駅国際フォーラム口より徒歩3分

駐車場

帝国劇場から日比谷通り芝方面車線に面したところに入口があります。

  • 営業時間:7時~23時
  • 料金:4時間半まで30分につき300円/4時間半~12時間まで2,700円(12時間以降30分につき300円加算)/16〜24時間まで5,100円

その他情報

  • オペラグラスの貸出あり(貸出料500円)
  • 車椅子での来場可
  • 無料ロッカーあり

【レ・ミゼラブルをもっと楽しみたい!周辺施設情報が気になる】

ミュージカル「レ・ミゼラブル」の公演会場である帝国劇場、通称「帝劇」。公演日はメインの観劇を楽しむだけなく、帝国劇場周辺施設を活用するのがおすすめです。上演時間までショッピングを楽しんだり、カフェやレストランで食事を楽しみながら「帝劇」へのアクセス方法を確認するのも良いかもしれません。

若しくは、美術館等に行き感性を磨くのも良いでしょう。様々な周辺施設がありますが、特におすすめしたい3スポットをご紹介します。

ショッピングから食事まで楽しめる!丸ビル

2002年のグランドオープン以降、東京の観光スポットのひとつとして有名な丸ビル。「レ・ミゼラブル」の上演時間まで様々な楽しみ方をすることができます。ショッピングを楽しむのも良し!美味しい食事に舌鼓するのも良し!あなたならではの楽しみ方ができます。

  • 住所:〒100-6390 東京都千代田区丸の内2丁目4-1
  • 所要時間:帝国劇場から徒歩7分

たまにはおいしいフレンチでリッチに!クラウンレストラン

芸術に触れる特別な日には、おしゃれなフレンチレストランで旬の食材を生かした食事に舌鼓。たまには自分にご褒美をしてみてはいかがでしょうか。ランチもディナーも利用できるため、「レ・ミゼラブル」の観劇する時間に関係なく利用できます。

  • 住所:〒100-0005東京都千代田区丸の内1-1-1パレスホテル10階
  • 所要時間:帝国劇場から徒歩12分

お土産もGETできる!便利な東京駅

オススメの周辺施設が東京駅?そんな風に思う人もいるでしょう。しかし、侮ってはいけません。東京駅はショッピングから食事、お土産の購入、リラクゼーションと様々な楽しみ方ができるんです。「レ・ミゼラブル」上演時間まで東京駅内のカフェでまったりするのもおすすめですよ。

  • 住所:〒100-0005 東京都千代田区丸の内1丁目9-1
  • 所要時間:帝国劇場から徒歩9分

レ・ミゼラブルの他のオススメ記事

【会場情報や上演時間を事前に確認!公演日は最大限に楽しもう】

(出典:pixabayより)

日本で初めて「レ・ミゼラブル」のミュージカルが上演されてから30年。長い間、多くの人々から親しまれてきました。そして今年もまた帝国劇場、通称「帝劇」を皮切りに上演されます。出演キャスト達がどんな風にそれぞれの役を演じるのでしょうか。楽しみで上演まで待ち遠しいと思っているファンもいるかもしれません。「レ・ミゼラブル」を最大限に楽しむためにも、公演日・会場へのアクセス・上演時間をしっかり確認しておきましょう。そして周辺施設も上手に活用し、1日使って楽しんでくださいね。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。