日本上陸30周年!2017年『レ・ミゼラブル』のオーディションはどんなものだったの?

2017年5月から再び上演されるミュージカル『レ・ミゼラブル』。2017年は、『レ・ミゼラブル』日本上陸30周年にあたる記念すべき年です。このメモリアルイヤーに先駆けて、2015年からオールキャストオーディションが実施されました。一体どのようなオーディションだったのか?その内容を解説します。

【2017年は『レ・ミゼラブル』日本上陸30周年のメモリアルイヤー】

世界的に最も有名なミュージカルのひとつであるミュージカル『レ・ミゼラブル』が日本で初めて上演されたのは、1987年のことでした。その後、現在に至るまで何度も上演され、根強い人気を誇っています。

そんなミュージカル『レ・ミゼラブル』ですが、2017年は日本上陸30周年を迎えるメモリアルイヤー。2017年5月から始まる公演に向けて、2015年からオールキャストオーディションが開催されました。

今回は、2017年版ミュージカル『レ・ミゼラブル』に向けて、いったいどのようなオーディションが開催されたのか、応募方法や審査内容を解説します。

【2017年版『レ・ミゼラブル』オールキャストオーディションの募集時期や募集要項は?】

2017年版『レ・ミゼラブル』のオールキャストオーディション実施が告知されたのは、2015年秋のことでした。応募締め切りは2015年11月27日。かなり早い時期に行われていたことがわかります。

応募条件は?

そのときに発表された応募条件は以下の通り。

  • 歌唱力に秀でた男女。但し、子役を除く(子役オーディションは別途実施予定。時期等、詳細は未定)
  • 2017年3月からの稽古、および、5月からの公演(10月までのロングランを予定。地方含む)に参加可能であること。

やはり、最も重視されるのは歌唱力で、経験の有無は不問でした。

応募方法は?

応募するために必要な資料は、2種類ありました。まずは、プロフィール。経歴や写真、また希望があれば希望役名を記載したものです。

もうひとつの資料は、音源です。歌を1曲のみ吹き込んだCD-ROMで、日本語の歌詞のものに限るという条件が出されました。なお、レ・ミゼラブルの劇中歌はNGでした。

合否やその後の審査内容は?

 

(出典:phhotoACより)

 

提出した資料による書類審査の結果は、2015年12月21日(月)~12月25日(金)の間に通知され、合格者は2次審査に進みました。2次審査は2016年2月上旬~中旬に実施され、2曲の課題曲が提示されたようです。

2次試験通過者は本選へ。そこからは本国の演出家の目で審査されます。最終的には、メインキャストに加わるキャストと、アンサンブルとして参加するキャストがそれぞれ選ばれました。

子役オーディションはどんなものだった?

子役オーディションに関しては、2016年秋に募集が行われました。応募条件は以下の通りです。

<ガブローシュ>

男子に限る(女子の応募は不可)。身長130~135cm程度

<リトル・コゼット/リトル・エポニーヌ>

身長120cm前後の女子(コゼット役とエポニーヌ役を交替で演じる)

応募方法はプロフィール提出で、子役に関しては音源提出は求められませんでした。(実技は2次審査から)

子供は成長が早いので、オーディションを行うタイミングも本番に近い時期だということがわかりますね。

【2017年度『レ・ミゼラブル』オールキャストオーデイションで選ばれたのは誰?】

2015年から実施された2017年度『レ・ミゼラブル』オールキャストオーディションを経て、新しいメインキャストが複数人選ばれました。なお、前回の上演から引き続き出演するキャストもいます。

2017年から参加となるメインキャストは、下記の皆さんです。

  • 生田絵梨花さん(コゼット役)
  • 小南満佑子さん(コゼット役)
  • 内藤大希さん(マリウス役)
  • 橋本じゅんさん(テナルディエ役)
  • 鈴木ほのかさん(マダム・テナルディエ役)
  • 唯月ふうかさん(エポニーヌ役)
  • 松原凜子さん(エポニーヌ役)
  • 相葉裕樹さん(アンジョルラス役)
  • 二宮愛さん(ファンテーヌ役)

その他、アンサンブルとして新しく加わったキャストもいます。新しい『レ・ミゼラブル』のキャスト陣に、期待は高まりますね。

レ・ミゼラブルの他のオススメ記事

【2017年版ミュージカル『レ・ミゼラブル』が待ちきれない!】

1年半ほども前からスタートしたオーディションを勝ち抜き、厳しい審査内容を潜り抜けた2017年版『レ・ミゼラブル』の新キャストたち。今までの公演で名演を見せてくれたキャストたちと、新たなキャストたちとの熱い競演が今から楽しみですね。日本上陸30周年という節目を迎えた『レ・ミゼラブル』から目が離せません!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。