出演予定作続々決定! 今最も気になるミュージカル俳優「加藤和樹」の経歴や魅力、人気の秘密に迫る!

初演から3年ぶりの再演となったミュージカル「レディ・ベス」でのロビン・ブレイク役(Wキャスト)も好調な加藤和樹。年明けの2018年には同じくミュージカル大作の「タイタニック」や「マタ・ハリ」の上演も決定している大人気俳優である一方、ライブツアーやCDリリースなどを精力的に行う実力派アーティスト・加藤和樹の顔をも併せ持つ多彩な才能の持ち主です。そこで今回は加藤和樹の経歴やこれまでの主な舞台歴、今後の出演予定などを元に魅力や人気の理由を一気にご紹介します!

「レディベス」出演中! 俳優としてもアーティストとしても大活躍の加藤和樹とは?

ミュージカル「1789~バスティーユの恋人たち」、「レディ・ベス」、「マタ・ハリ」「タイタニック」などの大作に続々出演中(出演予定)の加藤和樹。

また、TVドラマ「ホタルノヒカリ」や「仮面ライダーカブト」、さらには映画「真田十勇士」などの映像作品やスマホゲームなどのボイスアクターとしての加藤和樹からファンになったという人も多いのでは。

さらに2006年のデビュー以来コンスタントにCDリリースやライブツアー活動を行うなどのアーティストとしての加藤和樹からのファンも。

デビュー以来、多彩で華麗な才能を十二分に発揮し続けて早12年。さらに存在感を増してきた加藤和樹の経歴やこれまでの主な活動歴、今後の舞台予定などをご紹介します!

気になる加藤和樹のこれまでの主な出演作を経歴と併せてご紹介!

加藤和樹の公式プロフィールは

  • 生年月日: 1984年10月7日
  • 出身地: 愛知県
  • 血液型: A型

愛知県出身の加藤和樹のデビューのきっかけは2002年の第15回 JUNON SUPERBOY コンテスト。応募総数15,223という激戦の中、パフォーマンスでは器械体操を披露し、見事ファイナリスト入りを果たしました。(因みに優勝は平岡祐太)

その後、ミュージカル「テニスの王子様」の跡部景吾、続く「仮面ライダーカブト」での仮面ライダードレイク/風間大介役で本格的に注目を集めました。

2006年にはMini Album「Rough Diamond」、1stシングル「Vampire/ユメヒコウキ」をリリースして歌手デビュー。シングルリリース時のタワーレコードでのインストアライブでは

『いつか、ここで (タワーレコード渋谷店でアルバイトをしていた経験あり) ライブができたらいいね』と語っていたことが、遂に実現できて、本当に嬉しく思います

(出典: ORICON NEWS)

とコメントしていました。

2006年には深夜ドラマ「地獄少女」、さらに綾瀬はるか主演のドラマ「ホタルノヒカリ」に出演。仕事が出来、ルックスも言うことなしのロンドン帰りのデザイナー役を好演。

 

続く2009年には映画「恋極星」に出演。当時のインタビューで「5年後にはどうなっていたいか」と尋ねられて

5年後だと僕も30才ですから・・・どうなっているんでしょうね。今は、1日1日を精一杯生きたいと思っているので、そこまで先のことは考えたことが無いです。しいて言えば、今よりも人間として、アーティストとして成長していたいと思いますし、より多くの人に自分の演技や歌を届けられるようになっていたいです。

(出典: ORICON NEWS)

と答えていましたが、実際、その5年後の2014年には現在再演中のミュージカル「レディ・ベス」への出演を果たしており、まさに有言実行の成長をみせてくれています。

その後、残念ながら共演者の不祥事の影響を受け、公開無期延期となった主演映画の後、新たに「神様ヘルプ!」で映画初主演。さらに「朗読劇 私の頭の中の消しゴム」「ロックミュージカル King of the Blue」など舞台でも活動を続け、2012年には韓国で大ヒットしたドラマが原作のミュージカル「コーヒープリンス1号店」に出演。

現在ミュージカル「レディ・ベス」ロビン・ブレイク役Wキャストを共に務める山崎育三郎や高畑充希、新納慎也などと共演を果たしました。

2012年深作健太演出の「里見八犬伝」では、深作欣司監督、薬師丸ひろ子と真田広之主演の映画で千葉真一が演じた犬山道節役を熱演、さらに連続ドラマ初主演となった「Fallen Angel」がBS朝日で放映されるなど活躍の場をさらに広げました。

2013年にはミュージカル「ロミオ&ジュリエット」でジュリエットに恋心を寄せるティボルト役を演じた他、現在はKAAT神奈川芸術劇場芸術監督に就任している白井晃演出のシェイクスピア劇「オセロ」にも出演。

翌2014年には舞台「真田十勇士」で由利鎌之助役を好演。(2016年の再演時には霧隠才蔵役、ただし同年公開の映画版では初演時と同じ由利鎌之助役で出演)。

さらにミュージカル「レディ・ベス」、「ボンベイドリームス」「タイタニック」「ペール・ギュント」「No.9~不滅の旋律」「1789~バスティーユの恋人たち」など次々に話題作や注目作に出演を果たしました。

2017年に入ってもジョンケアード演出の舞台「ハムレット」、ミュージカル「フランケンシュタイン」、「レディ・ベス」などの大作の舞台に立ち続け、その存在感は増すばかりとなっています。

またアーティストとしても2017年10月には4枚目となるミニアルバム「SPICY BOX」をリリースするなど精力的な活動ぶりを見せています!

加藤和樹の魅力をインタビューや対談から探ってみると・・

そんな大人気の加藤和樹、舞台やステージを離れた時をイメージさせるインタビューや対談記事からもその魅力がかいま見えます。

ミュージカル「マタ・ハリ」で共演予定の佐藤隆紀との対談では

(俳優としてリスペクトしているところは?との問いに佐藤隆紀が答える形で)

やっぱり万能選手というか、歌っても踊っても芝居しても。(中略) 何にでも一生懸命に取り組む姿というか、そういうのはすごいなって思いますね。僕なんか得意な歌以外は、苦手意識がすごく強いんですけど、和樹くんはそういうのを感じさせない。

(出典: 週刊女性PRIME)

 

ミュージカル「フランケンシュタイン」で共演した中川晃教との対談では

 

(加藤和樹に感謝したいところとの質問に対して)

共演したミュージカル『フランケンシュタイン』は友情がすごく大きなテーマになっていて。友情ってなかなかすぐに生み出されるものじゃないんですよね。やっぱり公私ともに尊敬し合っていたり、「普段何やってるの?」とか何気ない会話でお互いを知り合う時間が、実は芝居にもつながっていく。(中略) 短い期間だけどそういう段階があって、一緒に組んだ瞬間に距離を感じさせないでくれたので、感謝してます。

もうひとつ、名古屋公演のときに、和樹マンがわざわざ東京からハヤシライスを作ってジャーに入れて持ってきてくれたんですよ。東京公演中にも作ってきてくれたことがあったんですけど、たまたま僕が食べられなくて。それを気にして作ってくれたっていう。すごくおいしかったです。

(出典: 週刊女性PRIME)

ミニアルバム『SPICY BOX』インタビューの際に

ラーメン二郎が好きすぎて、この前家で作りました(笑)。実は、“ジロリアン”っていうSNSグループがあって、みんなから「もう作っちゃいなよ」と言われたのをきっかけに、「じゃあ作るか」って。(中略) これはこれで美味しいなってものができたので、次はちゃんと改良して、本物の味に近付けたいと思います。って、何目指してるんだって話ですけど(笑)

(出典:excite music)

どのエピソードからも加藤和樹の人柄が伝わってきますね!

加藤和樹の2017年末から2018年にかけての出演予定作は

3年ぶりの再演となったミュージカル「レディ・ベス」

ミュージカル「レディ・ベス」東京公演概要

  • 公演期間: 2017年10月8日~2017年11月18日
  • 会場: 帝国劇場

ミュージカル「レディ・ベス」大阪公演概要

  • 公演期間: 2017年11月28日~2017年12月10日
  • 会場: 梅田芸術劇場 メインホール

ミュージカル「マタ・ハリ」

ミュージカル「マタ・ハリ」大阪公演概要

  • 公演期間: 2018年1月21日~2018年1月28日
  • 会場: 梅田芸術劇場 メインホール

ミュージカル「マタ・ハリ」東京公演概要

  • 公演期間: 2018年2月3日~2018年2月18日
  • 会場: 東京国際フォーラム ホールC

ミュージカル「1789~バスティーユの恋人たち~」

ミュージカル「1789~バスティーユの恋人たち~」東京公演

  • 公演期間: 2018年4月9日~2018年5月12日
  • 会場: 帝国劇場

ミュージカル「1789~バスティーユの恋人たち~」大阪公演

  • 公演期間: 2018年6月2日~2018年6月25日
  • 会場: 新歌舞伎座

ミュージカル「1789~バスティーユの恋人たち~」福岡公演

  • 公演期間: 2018年7月
  • 会場: 博多座

公演日程やその他の詳細に関しては最新情報が出次第追記します! (※)

ミュージカル「タイタニック」再演

ミュージカル「タイタニック」東京公演

  • 公演期間: 2018年10月
  • 会場: 日本青年館ホール

ミュージカル「タイタニック」大阪公演

  • 公演期間: 2018年10月
  • 会場: 梅田芸術劇場 シアタードラマシティ

公演日程やその他の詳細に関しては最新情報が出次第追記します! (※)

輝き続ける加藤和樹から2018年も目を離せそうにない!

(出典:GATAGより)

アーティストしてもミュージカル俳優としてもいっそうの輝きを放ち続けている加藤和樹。2018年も加藤和樹のその輝きから目を離せそうにありませんね!

「加藤和樹」関連のおススメ記事はこちら

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。