人気ミュージカルDVD化!『劇団四季ミュージカル壁抜け男』のキャストなどご紹介!

パリでも記録的なロングランを達成した劇団四季による珠玉のミュージカル『壁抜け男』。そんなパリ生まれのミュージカル『壁抜け男』の日本公演がDVD化!そこでDVD『劇団四季ミュージカル 壁抜け男 ~モンマルトル恋物語~』のストーリー、キャスト、すでに見た人の声をまとめてみたいと思います。

パリでも記録的なロングランを達成した『劇団四季による珠玉のミュージカル壁抜け男』。そんなパリ生まれのミュージカル『壁抜け男』の日本公演がDVD化されました!そこでDVD『劇団四季ミュージカル 壁抜け男 ~モンマルトル恋物語~』のストーリー、キャスト、すでに見た人の声をまとめてみたいと思います。

『劇団四季ミュージカル 壁抜け男 ~モンマルトル恋物語~』のストーリーは?

物語の舞台となるのは1947年のパリ。独身男のデュティユルは役所のクレーム処理係として、退屈ながらも穏やかで静かな生活を送っていました。ある晩、彼はドアを通り抜けて部屋に入るという奇妙な体験をします。頭がおかしくなったと思った彼は精神科医のもとに駆け込むデュティユル。しかし、精神科医は「壁抜け」病気の症状だとあっさり言い、薬を差し出すとともに、「女にだけは気をつけろ。本気で惚れたら壁から抜けられなくなる」と忠告するのでした。

最初はこの力を忘れようとしたデュティユルでしたが、上司に対するちょとしたイタズラが思わぬ成果をあげたことから、徐々にこの力に興味を持ち始めていきます。自分の力を試そうと考えたデュティユルが向かった先は宝石店。「壁抜け」の力で彼は見事に宝石を盗み出し、街中の話題となりました。デュティユルは怪盗として英雄気分に浸る一方で、検事の妻・イザベルに密かな想いを寄せていました。イザベルも『壁抜け男』の存在にあこがれにも似た恋心を抱きます。

彼女に振り向いてもらいたいとかんがえたデュティユルは、自分が『壁抜け男』であることを公表しようと決心。そして、銀行の貸金庫に忍び込んだデュティユルはわざと警官に見つかると、マスコミを呼ぶようにと警官に持ちかけるのでしたが……。

『劇団四季ミュージカル 壁抜け男 ~モンマルトル恋物語~』のキャストは?

今回のDVDに収録されているのは、2012年に東京で公演されたもの。このミュージカルでは物語の中心であるデュティユルとイザベルを除いて、1人の俳優が何人ものキャラクターを掛け持ちで演じています。

デュティユルを演じたのは飯田洋輔、イザベルは樋口麻美が演じました。イザベルの夫で、彼女を半ば幽閉する冷酷な夫、デュティユルの上司である部長、刑務所長を青木朗が1人3役で演じています。

デュティユルに忠告を与える精神科医・デュブール医師を寺田真実が、パリの街に住む娼婦や八百屋を佐藤由梨が、デュティユルの同僚や警官、看守、などを金本和起が演じました。

『劇団四季ミュージカル 壁抜け男 ~モンマルトル恋物語~』の感想は?

DVDをすでに見た人の感想は以下のとおり。

感想にもあるように、ミュージカルという特性上、セリフがなく歌やパフォーマンスだけで感情を表さなければならず、演じる俳優には高い表現力が要求されます。過去には石丸幹二がデュティユルを演じ高い評価をうけたことから、その時のキャストのイメージが強い方もいるようです。

しかし、感想を見てみると、今回主演をつとめた飯田洋輔も、見事にデュティユルを演じきっていることがわかります!その他の俳優の演技に対する評価も非常に高く、カメラワークも安定しているので、普段なかなか劇場におもむくことのできないファンにとっては必見のDVDとなっています。

今年も公演決定!劇団四季ミュージカル『壁抜け男』

DVDをみるとどうしても本物の舞台が観たくなってしまうのも。今年も劇団四季による『壁抜け男』の公演が決定していますので、DVDを観てその魅力にとりつかれてしまったという方はぜひ劇場まで足を運んでみてください!公演期間は9月27日から11月13日、会場は東京・自由劇場で行われます。

パリらしい絵画のような舞台セットと、ピアノ、フルートなどの生演奏で彩られた舞台の魅力を、ぜひ肌で感じてみてください!

劇団四季初心者にもおすすめの『壁抜け男〜モンマルト恋物語〜』

日本でも長年にわたり愛されてきたミュージカル、壁抜け男』。劇団四季のミュージカルに興味はあるけど、劇場まで行くのはなかなか敷居が高いと感じている方にとっても最適な入り口となるDVDとなっています。劇団四季の魅力がたっぷりつまったDVD『劇団四季ミュージカル 壁抜け男 ~モンマルトル恋物語~』をぜひご覧ください。チケット情報は良席が多数のチケットキャンプ(チケキャン)で。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。