2017年『六月博多座大歌舞伎』博多座の会場を徹底解説!

2017年6月2日(金)から6月26日(月)まで上演される『六月博多座大歌舞伎』。例年通り、2017年も贅沢な演目と出演者が決定し期待は高まるばかりです。そんな『六月博多座大歌舞伎』の会場である博多座は、古くからの繁華街の中心に位置する立派な劇場。重厚で格式高い外観や、クラシックで贅沢な内装、どの席からでも舞台を観やすいように計算し尽された客席など、その魅力は数え切れないほど。今回は、そんな博多座の概要や魅力と、座席についての情報を解説します。

2017年6月2日『六月博多座大歌舞伎』開幕!

【画像:フリー素材いらすとや】

2017年6月2日(金)から6月26日(月)まで福岡・博多座で上演される『六月博多座大歌舞伎』。中村橋之助改め 八代目 中村芝翫 襲名披露公演でもある『六月博多座大歌舞伎』は、2017年も例年同様に豪華な出演者が並びます。今回は、2017年の『六月博多座大歌舞伎』の日程・演目などの概要と、会場となる博多座についてアクセスや駐車場・周辺施設などの詳細を解説します。

年に1度の地方巡業公演!2017年版「松竹大歌舞伎」の出演者&演目をご紹介

あなたの街にも歌舞伎がやってくる!「松竹大歌舞伎 2017」中央&東コースより3会場の座席紹介

五月花形歌舞伎の日程と会場、座席表解説までまとめてお届け!

『六月博多座大歌舞伎』日程と演目は?

それでは、2017年『六月博多座大歌舞伎』の日程や演目などの公演概要を見ていきましょう。

日程

2017年6月2日(金)~6月2日(月) 全50回

昼の部:11時開演(15時30分終了予定)

夜の部:16時30分開演(20時35分終了予定)

演目と主な出演者

昼の部

【車引】出演者:中村獅童・中村橋之助 他

【藤娘】出演者:尾上菊之助

【毛谷村】出演者:尾上菊五郎 他

【河内山】出演者:中村芝翫・中村鴈治郎 他

 

夜の部

【信州川中島合戦】出演者:中村梅玉・尾上菊之助 他

【口上】出演者:中村芝翫・中村橋之助・中村福之助・中村歌之助 他幹部俳優

【祝勢揃壽連獅子】出演者:中村芝翫・中村橋之助・中村福之助・中村歌之助 他

【幸助餅】出演者:中村鴈治郎・中村獅童 他

『六月博多座大歌舞伎』会場は?

2017年『六月博多座大歌舞伎』の会場は、もちろん博多座。博多座は、1999年にオープンした福岡市立の劇場です。歌舞伎ファンにも演劇ファンにも愛される博多座について、概要・アクセス・周辺施設などを見ていきましょう。

博多座はどんな劇場?

博多座は、博多市が出資する第3セクター・株式会社博多座が運営する大型劇場。博多の繁華街・中州にあるという非常に賑わった雰囲気の劇場で、歌舞伎の他、ミュージカルや宝塚歌劇団の公演が行われ、福岡住民のみならず全国の演劇ファンから高く評価されています。

博多座の大きな魅力のひとつが、その建物自体のデザインです。重厚感のある洋風な外観に和風の装飾。内装も素晴らしく、ゴージャスなシャンデリアや曲線を描く大階段など、クラシックかつシックな雰囲気でいっぱいです。

また、約1500席ある座席の配置も考え抜かれており、最も遠い席からでもステージまで26メートルと、どの席からでも見やすい工夫が施されています。また、劇場スタッフの質も高いことで有名。最高の施設と、最高のスタッフ。博多座が西日本随一の劇場と言われる理由はここにあります。

アクセス

博多座「川端町・博多座前」のもうひとつの魅力は、その抜群の立地です。九州最大の繁華街・中洲の中心部に位置し、博多駅からもたった4駅。福岡空港からでも地下鉄に乗り16分で到着することが可能です。

電車

地下鉄「中州川端駅」 7番出口直結

バス

「川端町・博多座前」下車

 

  • 福岡インター、北九州方面方面から:呉服町ランプ、築港町ランプより約5分
  • 太宰府インター、水城方面よりお越しの方は千代ランプ、築港町ランプより約7分

駐車場

  • 博多リバレイン地下駐車場を利用可能(料金:150円/30分) ※施設割引はありません。

住所

福岡市博多区下川端町2-1

周辺施設

博多座のある中州は、明治から大正にかけて芝居小屋や映画館が立ち並び、古くから繁華街として発展してきました。そういった芝居小屋がほとんどなくなり、オフィス街が立ち並ぶようになった現在でも、西日本一の繁華街という顔は健在。特に、中州の屋台は有名です。たくさんのラーメン屋台が軒を連ね、18時頃から深夜までラーメンを求めるお客さんで賑わっています。夜の部が終わった後の一杯にもおすすめ。

また、博多座もその一部である大型複合施設博多リバレイン内でも、グルメやショッピングを楽しむことができます。レストランひらまつなどの高級店から、カジュアルなレストランまでを有する博多リバレインモールや、ホテルオークラ福岡など、グルメスポットも多数。その他、アジアの近現代美術作品を扱っている福岡アジア美術館や、福岡アンパンマンこどもミュージアム in モールなど、博多座以外の見どころスポットも!博多リバレインで丸1日過ごすという楽しみ方もできます。

『六月博多座大歌舞伎』博多座の座席は?

2017年『六月博多座大歌舞伎』の会場である博多座の客席は、1~3階に分かれています。座席数は、1・2・3階席合わせて約1500席。ステージに近いほうから後方に行くに従って、A席、特B席、B席、C席と区分されます。座席によって、椅子の背もたれの高さや角度や列間幅などが絶妙に変わっているところが、設計時の緻密な計算を感じさせるポイント。椅子の赤い色も高級感を演出しています。

1階席

博多座の1階A席の座席は、A〜T列/左右最小9番~最大54番の正面を向いた席と、左右の1段高い場所にある、斜めに向いた2席ずつ7列の席の2種類です。左右は5ブロックに分かれており、17番と23番の間に花道があるという構造。また、A席の後ろにU列10席・V列11席の特B席があります。

中央ブロック23番~48番のI列位までが真正面から舞台を観ることができる良席ですが、歌舞伎には花道があるので、花道を挟んだ15~17番/23番~26番が最もおすすめ。俳優が間近を通る迫力を味わうことができます。

2階席

2階席のA席は、A~ C列/左右最小10番~最大55番、B席はD~ I列/左右最小10番~最大55番また、R/Lの前に張り出した左右12席ずつの特B席も設定されています。

2階席の最前列は、1階席で言えばP・Q列の上辺り。舞台までの距離が近い良席だといえるでしょう。2階席のA席は3列しかないので、どこも良席ではありますが、特に中央部に位置する27~38番はおすすめ。

3階席

3階席は、すべてC席。舞台正面に向かってA~D列/左右11番~54番と、R/Lの前に張り出した左右12席ずつの座席があります。この中でも良い席はやはり中央ブロックの27~38番ですが、花道の動きまでしっかりと把握できるという意味では、Rの席も捨てがたいものがあります。

オペラグラスは必要?

1階席は空間が広いので、1階席L列目以降や左右1段高いところにある左右後方の席の場合はオペラグラスがあると安心でしょう。もちろん、1階最後方部にある特B席も同様。

また3階席はもちろんですが、2階席についてもオペラグラスを持参することをおすすめします。というのも、今回は襲名の口上があり、該当者と幹部俳優がそれぞれ口上を述べますので、オペラグラスがあればその様子や表情をクローズアップで見ることができるからです。

クローク・ロッカーはある?

各階にロッカーの設置があります(返却タイプ¥100)

トイレはどこに?

各階に男女トイレ、車いす用トイレの用意があります。なんと個室は全部で74室もあるそう。

レストランや売店は?

博多座の中には、最大200席という規模のレストラン「花幸」が。幕間にこちらで確実に食事をとりたい場合は、前もって予約をしましょう。また、ロビーにはお土産グッズやお弁当を販売している売店が並びます。限定グッズも豊富なので要チェック!

『六月博多座大歌舞伎』と博多座を満喫しよう!

博多座で上演される歌舞伎公演の中でも、中心的なものである『六月博多座大歌舞伎』。今回の2017年版も、魅力的な演目と出演者が並びます。そして何といっても、会場である博多座自体が魅力に溢れるスポット。重厚で装飾的な外装・内装に加えて、観客のことを考え抜いて設計された座席や、高い評判を誇るスタッフ陣、さらには博多座の周りも西日本一の繁華街で見どころいっぱいと、その素晴らしさは語り尽くすことができません。2017年6月は、『六月博多座大歌舞伎』を楽しむと同時に、博多座と博多の街を満喫しに福岡まで足を運んでみませんか?

おすすめ記事はこちら

  • 年に1度の地方巡業公演!2017年版「松竹大歌舞伎」の出演者&演目をご紹介
  • あなたの街にも歌舞伎がやってくる!「松竹大歌舞伎 2017」中央&東コースより3会場の座席紹介
  • 五月花形歌舞伎の日程と会場、座席表解説までまとめてお届け!
  • 片岡愛之助が明治座『五月花形歌舞伎』の座頭に!見どころは?
  • コメントお待ちしております

    内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。