主人公マコト役・大野拓朗で「池袋ウエストゲートパーク」ミュージカル化!

石田衣良原作小説、ドラマ、コミック全てヒットを記録した「池袋ウエストゲートパーク」。原作小説初出から20年を経た2017年12月23日に、待望のミュージカルとして舞台化されることが決定しました! 主人公マコト役に大野拓朗、京一役・矢部昌暉、キング役・染谷俊之など気になるキャストも次々発表されており、期待が高まる一方のこのミュージカル「池袋ウエストゲートパークSONG&DANCE」についてご紹介します!

「池袋ウエストゲートパーク SONG&DANCE」上演決定!

1997年初出の小説「池袋ウエストゲートパーク」。2000年に主演長瀬智也でTVドラマ化されるとたちまちその独特の世界観やストーリーで熱狂的な支持を集めた通称I.W.G.P.が、主演に大野拓朗を迎え「池袋ウエストゲートパーク SONG&DANCE」として舞台化されることが決定しました!

マコト役大野拓朗に加え、タカシ役の染谷俊之、京一役・矢部昌暉などその他のキャストも若手注目株ぞろいと今から耳目を集めているこのミュージカル「池袋ウエストゲートパーク SONG&DANCE」についてご紹介します!

石田衣良の原作小説はメディアミックス展開されヒットを記録

(出典:photoACより)

石田衣良が、このミュージカルやドラマの原作となった小説「池袋ウエストゲートパーク」でオール讀物推理小説新人賞を受賞しデビューしたのは1997年。原作小説は後にシリーズ化され、外伝なども含めると、14冊あまりの長編となっています。

そもそも「池袋」という街を小説の舞台に選んだ理由について、原作者の石田衣良は

様々な人が雑多に混じっているところです。いわゆる私立の名門校でお金持ちばかり集まっているところよりも、いい子も悪い子もいる学校の方が勉強になるじゃないですか。池袋もそうで、若い人もお年寄りもお金持ちも貧乏人もヤクザもいる。そういうところが好きですね。

(出典: 新刊JP)

とインタビューで語っていますが、そうした混沌とした雰囲気をバックにした「池袋ウエストゲートパーク」は2000年には大人計画所属の俳優・脚本家の宮藤官九郎によりTVドラマ化されました。

OPとEDの楽曲を清春率いるSadsが、主要キャストを長瀬智也、窪塚洋介を始めとする山下智久、妻夫木聡、渡辺謙、阿部サダヲ、小雪、高橋一生などの綺羅星のようなスターが務めたことで、熱狂的なファンを集めたドラマは放送開始から17年たった現在でもたびたびネットで話題になっています。

今回ミュージカル化として初の舞台化となった「池袋ウエストゲートパーク」。その上演にあたっては、原作小説の舞台である池袋の地にある東京芸術劇場が主催となって、地元初のダンスエンターテインメントを創出すべく、これまで2013年、2015年の2度にわたり行ってきたワークショップをベースに、新たにオーディションを経て集結したキャストの下での上演という形式をとることが決定。

オリジナル楽曲と群舞で舞台上に描き出されるというミュージカル「池袋ウエストゲートパーク」、ますます期待が高まりますね!

「池袋ウエストゲートパークSONG&DANCE」のキャストは

それでは期待が高まる一方のミュージカル「池袋ウエストゲートパークSONG&DANCE」のキャストをご紹介します。

マコト役・大野拓朗

このストーリーの主人公であり、「池袋の街のトラブルシューター」であるマコトを演じるのはドラマ「三匹のおっさん」や大河ドラマ「花燃ゆ」、NHK朝の連続TV小説「とと姉ちゃん」などへの出演の他、「エリザベート」や「ロミオ&ジュリエット」などの舞台も務める大野拓朗です。

「とと姉ちゃん」に続き、2017年10月から始まる「わろてんか」にも松阪桃李の芸人仲間キースとして出演、さらに2018年公開予定の主演映画「台湾より愛をこめて」も控えているなど、今乗っている俳優の1人である大野拓朗がどんなマコトを演じるのかぜひ注目したいですね。

タカシ役・染谷俊之

マコトに一目置くカラーギャング集団G-Boysのキングことタカシ役を演じるのは染谷俊之。

「彼にしかない独特なオーラと存在感があり、オーディションでは、素直でまっすぐなその姿に心を打たれた。彼となら一緒にこの舞台化という挑戦ができると確信した」

(出典: ステージナタリー)

とこのミュージカルの演出を手がける杉原邦生が語る染谷俊之の独自のキャラクターが、タカシというギャングのリーダーを演じる際にどう生かされていくのかも楽しみですね。

京一役・矢部昌暉(DISH//)

染谷俊之扮するタカシが率いるG-Boysと対立するレッドエンジェルスのリーダー・京一役を演じるのは矢部昌暉(DISH//)。

公式ビジュアル撮影時には

「パーカーを被ってオーディションに来た時の衝撃が忘れられない」との杉原さんの言葉通り、黒髪にして臨んだ撮影でも圧倒的な存在感を見せつけてくれました!
(引用: 池袋ウエストゲートパークS&D(公式))

と明かされていたように、満場一致で決まったというオーディションを経て、この京一役を射止めた矢部昌暉の演技と歌も楽しみです。

マサ役・塩田康平

マコトといつもつるんで行動しているマサ役を務めるのは塩田康平。舞台「イムリ」や「ハイキュー!!」などで活躍する塩田康平が、ドラマでは佐藤隆太が演じたマサ役をどう彼らしく演じてくれるかも注目したいところです。

海老澤健次

「昆虫戦士コンチュウジャー」や、鐘ヶ江洸と組んだ2人芝居など多岐に渡る活躍中の海老澤健次。過去のワークショップにも参加していたという経験を生かし「新しい出会いを大切にしてがんばる」との決意どおりの演技に期待です。

大音智海

「Endless SHOCK」や舞台「あさひなぐ」、ミュージカル「ピーターパン」などへの出演が相次ぐ中、今回の「池袋ウエストゲートパークSONG&DANCE」出演が決まったのを機に原作小説を読んでハマった! と語っていた大音智海が、そのハマった世界をどう舞台上で表現してくれるのかも注目です。

高橋駿一

情報解禁時に「今から楽しみです」とこのミュージカルへの抱負をツイートしていた高橋駿一。ダブルダッチで世界を極めたその抜群の身体能力を生かしたダンスシーンにも耳目が集まります。

細川優(YU)(L.A.F.U.)

過去2回のワークショップから参加し、「ダンス番長」と公式でもツイートされる細川優(L.A.F.U.)。そのキレと華のあるダンスも見所の1つになること間違いなさそうです。

三井理陽

「天才てれびくんMAX」での愛くるしい時代を経て、今や「テニミュ」を始めとするさまざまな舞台やミュージカルで活躍する三井理陽。今回共演する高橋駿一と共に出演する「THE CIRCUS!」でも期待される若手俳優としてどんな演技やダンスを見せてくれるかも注目です。

その他の「池袋ウエストゲートパークSONG&DANCE」キャスト

  • 尾関陸
  • 加藤真央
  • 小島ことり
  • 笹岡征矢
  • 富田大樹

「池袋ウエストゲートパーク SONG&DANCE」ストーリーは

気になる「池袋ウエストゲートパークSONG&DANCE」のストーリーは、「今」の池袋ではなく少し前のまだカオスがそこかしこに残っていた時代の池袋が舞台です。

その池袋の街では、そこで日々起こるヤクザやチンピラなどの小競り合いや警察やメディアなどの揉め事を一手に解決する通称「池袋のトラブルシューター」と呼ばれる果物屋の息子・マコトが活躍していました。

そんなマコトの実力を認めていたのが、池袋の街を支配下に置くカラーギャング集団G-Boysのキングことタカシ。しかし、そのタカシ率いるG-Boysの縄張りである池袋を狙って来たのが、レッドエンジェルスを率いる京一。

その為、これまで何とか大きな揉め事もなく調和のとれていた池袋の街のあちこちでG-Boysとレッドエンジェルスのメンバーによる衝突が起き、いつ何が起きても不思議ではない一発触発の不穏な雰囲気に。

そんな矢先、とうとう小競り合いの中で犠牲者が出てしまい、無用な争いを回避するために動き出していたマコトの努力も水の泡となってしまいます。

リベンジに燃えるG-Boysとレッドエンジェルスの間に立った時、トラブルシューターとしてならしたマコトの次なる一手は・・・

「池袋ウエストゲートパークSONG&DANCE」公演概要は

この「池袋ウエストゲートパーク SONG&DANCE」公演概要は次の通りとなっています。

「池袋ウエストゲートパーク SONG&DANCE」東京公演

  • 公演期間: 2017年12月23日~2017年12月27日   /       2018年1月4日~2018年1月14日
  • 公演会場: 東京芸術劇場 シアターウエスト

「池袋ウエストゲートパーク SONG&DANCE」兵庫公演

  • 公演期間: 2018年1月19日~2018年1月21日
  • 公演会場: 兵庫県立芸術文化センター 阪急中ホール

「池袋ウエストゲートパーク」ぜひお見逃しなく!

キャスト、スタッフ、さらにドラマや小説でおなじみのストーリーがどう舞台上で描かれていくのか興味がつきない「池袋ウエストゲートパークSONG&DANCE」。ぜひお見逃しなく!

「池袋ウエストゲートパークSONG&DANCE」関連のおススメ記事はこちら

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。