市川海老蔵 自主公演「ABKAI2017」会場、座席情報まとめ

現代歌舞伎の旗手、市川海老蔵さんが定期的に主催する、歌舞伎エンターテインメント「ABKAI(えびかい)」。第4回目となる2017年のABKAIについて、概要から会場情報までを一挙おとどけします。会場へのアクセスや座席など会場内のことだけではなく、周辺施設などもあわせて掲載しています。

【会場の座席情報など総まとめ!市川海老蔵 自主公演「ABKAI2017」】

現代歌舞伎はこの人なくして語れない、というほど、舞台上でも舞台外でも精力的な活動を続ける市川海老蔵さん。

TV番組などでこの方のファンになり、歌舞伎にも興味を持つようになった…という方も多いのではないでしょうか。名実ともに、現代歌舞伎における代表的な役者といえるでしょう。

そんな市川海老蔵さんは、2013年から「気軽に歌舞伎を楽しめるように」という趣旨での自主公演もおこなっています。その名も「ABKAI(えびかい)」。会場の座席が歌舞伎ファン内外のお客さんで満員御礼となる、人気イベントです。

今回は2017年の第4回目となるABKAIについて、会場情報から座席表まで、まとめてご紹介します。

【日程と会場は?市川海老蔵 自主公演「ABKAI2017」】

アクセスや座席表などの詳細を見ていくまえに、まずはABKAI2017の日程をチェックしておきましょう。

市川海老蔵 自主公演「ABKAI2017」日程

2017年6月9日(金)~25日(日)
(引用:歌舞伎美人)

市川海老蔵 自主公演「ABKAI」会場

Bunkamura シアターコクーン
(引用:歌舞伎美人)

【市川海老蔵 自主公演「ABKAI2017」会場について徹底チェック!】

市川海老蔵 自主公演「ABKAI2017」会場「Bunkamura シアターコクーン」基本情報

会場となる「Bunkamura シアターコクーン」は、東京の渋谷にある大型複合施設「Bunkamura」内にあります。

キャパシティ

総座席数747席

住所

東京都渋谷区道玄坂2-24-1
(引用:Bunkamura)

市川海老蔵 自主公演「ABKAI2017」会場「Bunkamura シアターコクーン」アクセス

渋谷駅からのアクセス

JR線「渋谷駅」ハチ公口より徒歩7分
東京メトロ銀座線、京王井の頭線「渋谷駅」より徒歩7分
東急東横線・田園都市線、東京メトロ半蔵門線・副都心線「渋谷駅」3a出口より徒歩5分
(引用:Bunkamura)

神泉駅からのアクセス

京王井の頭線 北口より 徒歩7分
(引用:Bunkamura)

渋谷駅からは、便利な無料シャトルバスも!

渋谷駅の「宮益坂口」(東急東横店)からは、会場の入るBunkamura(本店)までのシャトルバスが出ています。

徒歩でのアクセスも充分近いですが、こちらのバスも無料ですので、ぜひご検討ください。

9:50~20:15の間に12~15分間隔で運転しています。
[本店発10時~20時15分、東横店発9時50分~20時]
(引用:Bunkamura)

市川海老蔵 自主公演「ABKAI2017」会場「Bunkamura シアターコクーン」周辺施設

「Bunkamura シアターコクーン」の周辺施設として、観劇の前後におすすめの食事スポットをご紹介します。

いずれも評判の高い人気店ですので、ぜひお試しください!

渋谷 KAIRI

東京都 渋谷区 道玄坂 1-11-1 大番ビル203
オシャレなグルメ店がひしめき合うBunkamura界隈でも、特におすすめなのが、こちらのイタリアン酒場。
新鮮なオイスターを始めとする魚介料理、そして美味しいワインを、お手軽な価格で堪能できると評判です。

コックマン

東京都 渋谷区 道玄坂 2-25-14 堀田ビル 1F
グルメに厳しい女性にも大人気の、フレンチビストロ店です。
口のなかでとろけるローストビーフ、高級感たっぷりのフォグラのブリュレなど格別な美味が揃います。
店内にはアンティークランプが灯り、雰囲気も抜群!

麗郷(れいきょう)渋谷店

東京都 渋谷区 道玄坂 2-25-18
レンガ造りの建物が目をひく、老舗の台湾料理店です。
店内の席数が多めで入りやすく、また「まさに台湾料理!」と感じるような、料理のボリュームもポイントです。
特にこのお店の代名詞ともなっていて、店内にもぶら下がっている「腸詰め」は量、味ともに大満足です!

【市川海老蔵 自主公演「ABKAI2017」会場座席表について徹底チェック!】

続いては観劇時に役立つような、座席表の情報をご紹介していきます。

市川海老蔵 自主公演「ABKAI2017」会場「Bunkamura シアターコクーン」座席表

座席表解説

市川海老蔵さんの自主公演「ABKAI2017」の会場となるBunkamura シアターコクーンの座席表を見ると、大きく分けて下記の客席で構成されていることが分かります。

  • 1階席(ベンチ、椅子)
  • 1階バルコニー席
  • 中2階バルコニー席
  • 2階席(椅子)
  • 2階バルコニー席

キャパシティ747席の会場はそれほど大きすぎず、舞台から1階最後列までの距離も約24メートルと近いので、全体的に観劇しやすい会場といえるでしょう。

1等席、2等席などの券種と各席の関係は?

市川海老蔵さんの自主公演「ABKAI2017」では、1等席、2等席、3等席の券種が用意されています。

過去の他公演などを参考にして各券種の割り当て席をみると、下記のようなかたちが一般的となっています。

  • 1等席/ 1階前方で舞台を取り囲んでいるベンチ席(XA列/XB列/XC列)と、その後方に並ぶ1階椅子席(A列~T列)、および1階バルコニー席(左側のBLエリアと右側のBRエリア)と2階席前方(A列~B列)
  • 2等席/ 2階席後方(C列~E列)、中2階バルコニー席(左側のMLエリアと右側のMRエリア)
  • 3等席/ 2階バルコニー席(左側のBLエリアと右側のBRエリア)

※実際の公演時には、変動する場合があります

市川海老蔵 自主公演「ABKAI2017」会場「Bunkamura シアターコクーン」各座席の見え方は?

それでは各座席ごとの見え方について、利用者の声を座席表の席番号とともにご紹介していきます。

1階席

1階席は後方(O列~T列の1番~24番席)でも舞台まで約24メートルと程近く、また後方ではセットや照明、壁面なども見渡せて壮観との声もあります。

1階の舞台正面(A列~H列の8番~14番席)では、演者の表情まで事細かに観察できることも多いようです。演目によっては、「演者が吸ったタバコの匂い」といった臨場感あふれる体験も!キャパシティが小さめな会場ならではですね。

ただし後方列(O列~T列の1番~24番席)では、視力の低い方はオペラグラスがあったほうが良いとの声もあります。

1階バルコニー席

券種の「1等席」となることも多い1階バルコニー席(左側のBLエリア、右側のBRエリアの1番~16番席)は、舞台の見切れも少ないと好評です。

上位の券種(このケースではS席)で、やはり1階バルコニー席が割り当てられたようです。

中2階バルコニー席

中2階バルコニー席の前方(左側のMLエリア、右側のMRエリアの1番~6番席)から舞台を見下ろすと、それほどきつい角度ではなく、舞台の全体を俯瞰できるようなかたちとなります。

ただし、手すりが邪魔になる場合もあるようですね。手すりは、中2階バルコニーの全席に設置されています。

バルコニー席から、舞台下手があまり見えなかったとの声です。思わず手すりより前へ乗り出してしまいたくなりそうですが、「背もたれに背中をつけて観劇するよう」注意が入る場合もあるようです。

2階席

2階の最前列(A列2番~29番席)は、舞台への距離としては1階席の15列目前後に相当します。程よい角度で見下ろせるぶん、「1階真ん中よりGOOD」という感想もあります。

2階席の最後列(E列)で、とても見やすかったとの報告です。演者のピアスがキラリと光る様子も伺えたようです。

同じく2階の最後列の端(E列1番~3番席、28番~30番席)で、この方はオペラグラスを使って演者の表情などを楽しんだようですね。

2階バルコニー席

2階バルコニー席は1階バルコニーと同じく、左側のBLエリアと右側のBRエリアに分かれます。

高所恐怖症の方は少し注意が必要?かなり見下ろす格好となって、オペラグラスもあった方が良いという声です。

場所によっては、見切れが気になる状況ともなるようです。

市川海老蔵 自主公演「ABKAI2017」会場「Bunkamura シアターコクーン」トイレやロッカーの場所は?

トイレ

シアターコクーンでは、1階の座席エリアへの出入り口「1-2」(1階席の中央、I列あたりに出られる場所)の手前と、2階の「2-6」出入り口(2階最後列に出られる場所)の手前にそれぞれ一箇所トイレがあります。

ロッカー

シアターコクーンにコインロッカーはありません。公演によって、大きな手荷物などを預けられるクロークが用意されている場合があります。

・クロークはありますか?

シアターコクーン1Fロビーにございます。大きなお手荷物やコート等をお預かりしておりますが、傘、貴重品、壊れ物等はお断りさせていただきますのでご了承ください。なお、公演によってはクロークのご用意がない場合もございます。
(引用:Bunkamura)

市川海老蔵の他のオススメ記事

【座席情報やアクセスをチェックして、市川海老蔵 自主公演「ABKAI2017」を満喫!】

(出典:photoACより)

誰でも気軽に楽しめる歌舞伎エンターテインメントとして名高い、市川海老蔵さんの自主公演「ABKAI2017」!今回はその会場情報や座席表、周辺施設などを徹底紹介しました。お目当ての座席は見つかりましたか?ぜひ万全の準備をして、市川海老蔵さんが歌舞伎への愛と熱意をこめた「ABKAI2017」を楽しみましょう!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。