舞台「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」の音楽&見どころを調査!

2017年10月に上演される舞台「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」。1997年のブロードウェイ初演から人気を得て、映画化もされた名作のひとつ。今回は舞台「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」で物語の核を握る、音楽についてご紹介!舞台を生み出した作曲家であるスティーブン・トラスクの紹介から、今回の舞台の見どころ、舞台で使用される音楽の中から厳選して歌詞の意味をお伝えします。舞台の上演前にぜひ音楽にも目を向けてみてください!

2017年10月上演開始!舞台「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」の音楽や見どころをご紹介

2017年10月14日(土)より幕を開ける舞台「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」。アングリーインチを抱える主人公ヘドウィグは、ロックバンドのボーカルとして登場することもあり、音楽は舞台にとって最大の見どころとなっています!

今回は舞台「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」で登場する音楽や舞台の見どころ、さらに舞台を彩る歌詞の意味について解説!ヘドウィグのアングリーインチを取り巻く人生を描いた物語を音楽とともにお楽しみください♪

舞台の概要情報はコチラ!

2017年10月舞台『ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ』特別公演決定!概要などを解説

舞台「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」の音楽を手掛けるスティーブン・トラスク

舞台「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」は音楽を中心に描かれるストーリーが特徴的!2017年の舞台「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」でも主演のヘドウィグを演じるジョン・キャメロン・ミッチェルと、作曲家のスティーブン・トラスクによって、この作品は生まれました。

愛を求めるヘドウィグと、彼女の人生を翻弄させるアングリーインチ。ロックバンドのボーカルとして活動する彼には、音楽がかかせない存在です。

舞台「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」ではストーリーも見どころですが、スティーブン・トラスクの手掛ける音楽もまた、作品が人気を呼んでいる理由となっているのでしょう。

舞台「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」の見どころとは?

俳優と作曲家の手によって生まれた舞台「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」ですが、音楽を含む見どころはたくさん!今回は2017年上演の舞台の見どころを紹介します。

ジョン・キャメロン・ミッチェルの主演!

1997年にブロードウェイで初演された舞台「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」でヘドウィグを演じたのは、ジョン・キャメロン・ミッチェル。作品を生み出した人物でもあり、舞台を人気作品へと導いた立役者です。

これまでに上演されてきた日本での舞台「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」では日本の俳優がヘドウィグを演じていたため、今回の公演で初めてジョン・キャメロン・ミッチェルの演技を見られるチャンス!今までの作品を見てきた方はヘドウィグ役の演技や音楽に対する比較を、作品自体のファンは初演のヘドウィグを楽しめる、見どころが用意されています。

舞台音楽はスティーブン・トラスクが担当!

今回の舞台「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」では、主演のヘドウィグ役にジョン・キャメロン・ミッチェルが出演することも見どころですが、もう1人の生みの親として紹介したスティーブン・トラスクも舞台音楽の作詞作曲を担当。日本版として上演される今回の舞台
ですので、歌詞を日本語に変えるのかも見どころとなりそうですね。

舞台「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」で歌われる音楽紹介

舞台「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」は過去に13曲もの音楽が登場しており、音楽が核を担っているストーリーでもあります。ここでは舞台で使用されている音楽の中から、作品に重要な音楽を厳選!

歌詞の意味などを解説していきます。

「The Origin Of Love」

舞台「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」の冒頭で披露される音楽の「The Origin Of Love」。ヘドウィグがハンセルとして過ごしていた少年時代に、母親から教えてもらった「愛の起源」が歌詞のタイトルに用いられています。

歌詞の意味は、母親から教えられた「愛の起源」を元に、ヘドウィグが片割れの「愛」を探す意味を告白するといった内容。舞台「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」のストーリーを担う、重要な音楽ですね。

「Angry Inch」

舞台「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」のタイトルにも入っている音楽の「Angry Inch」。ヘドウィグが受けた手術の失敗によって残されたアングリーインチを歌った曲です。

歌詞の意味は、ヘドウィグの受けた手術までの道のりとその後起こった悲劇を告白する内容で、ヘドウィグの人生を狂わせたアングリーインチに対する曲そのもの。ヘドウィグの結成したバンド名にも使用されたタイトルは、どちらにもなれないヘドウィグの怒りを象徴しています。

作品を彩る音楽も見どころの舞台「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」

(出典:Photo ACより)

少年ハンセルからヘドウィグを名乗り、愛の片割れを探す姿を描いた舞台「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」。音楽を取り巻く作品から、舞台の見どころや舞台音楽の歌詞の意味などについて、ご紹介しました。

不完全な姿のヘドウィグが完全を求める舞台「ヘドウィグ・アンド・アングリーインチ」。ストーリーはもちろんですが、舞台を彩る音楽にも耳をかたむけてみてくださいね!

ブタコイのおすすめ記事はコチラ!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。