劇団☆新感線のDVDを公式ショップで買うなら?!人気作品を紹介!

"昨年35周年を迎え、観劇に訪れた人々を魅了し続ける劇団☆新感線。公式ショップではそんな劇団☆新感線のDVDを購入する事が出来るのです。沢山の作品が発売されているので、どの作品を購入するか迷った人の為に、公式ショップで劇団☆新感線のDVD買うならどの作品がおススメかを紹介していきます。

【劇団☆新感線のDVDが公式ショップで買える!】

1980年11月、当時大阪芸術大学に在籍していた、いのうえひでのり、こぐれ修らメンバーを中心に結成された劇団☆新感線は華やかで派手な演出と役者たちの息の合った演技で人気を集め昨年でつい35周年を迎えました。

古田新太、橋本じゅんなど実力派俳優が所属し、筧利夫や渡辺いっけいなども輩出してきた劇団☆新感線。日本の演劇界の中でも屈指の人気を誇る劇団☆新感線の舞台は、いつも大人気で超満員となりますが、なんとお茶の間でも劇団☆新感線の舞台を楽しむことができるのです。これまでの舞台を映像化したDVDが公式ショップで発売されているからですます。

最近、劇団☆新感線のファンになった人はもちろん、従来の劇団☆新感線ファンで過去の作品を見直したい人にもおすすめの劇団☆新感線の人気作品をまとめ、紹介していきます!

【公式ショップで買える!劇団☆新感線のおすすめDVD①『ZIPANG PUNK~五右衛門ロックIII』】

キャスト

  • 古田新太
  • 三浦春馬
  • 蒼井優
  • 浦井健治
  • 高橋由美子
  • 橋本じゅん
  • 高田聖子
  • 粟根まこと
  • 村井國夫
  • 麿赤兒

公演情報

  • 東京:2012年12月19日(水)~2013年1月27日(日)/東急シアターオーブ
  • 大阪:2013年2月6日(水)~2013年2月28日(木)/オリックス劇場

価格  8,640円(税込)

『ZIPANG PUNK~五右衛門ロックIII』は劇団☆新感線の中でも圧倒的な人気を誇る「五右衛門ロック」シリーズ最新作です。なんと三浦春馬さんも出演しています。

轟くロックミュージックに合わせて、大迫力の鬼気迫る役者たちの殺陣や、笑いやドキドキがぎゅっと詰まった究極のエンターテイメントを楽しめるのが、『ZIPANG PUNK~五右衛門ロックIII』。何回観ても飽きない内容になっています。

『ZIPANG PUNK~五右衛門ロックIII』あらすじ

物語の舞台は、黄金の国ジパング。主人公は、天下の大泥棒と言われる石川五右衛門。五右衛門が女盗賊の猫の目お銀と共に盗み出した【黄金目玉像】には、なんと空海が隠した黄金のありかを示す暗号が隠されていたのだった!お宝を巡り、五右衛門はお上直属の探偵・明智心九郎に追われることになってしまい……。

【公式ショップで買える!劇団☆新感線のおすすめDVD②『髑髏城の七人』】

キャスト

  • 小栗旬
  • 森山未來
  • 早乙女太一
  • 小池栄子
  • 勝地涼
  • 仲里依紗
  • 高田聖子
  • 粟根まこと
  • 河野まさと
  • 千葉哲也

公演情報

  • 2011年8月~10月

価格 6995円(税込)

再演を繰り返し人気を集めた『髑髏城の七人』は、劇団☆新感線の代表的な作品です。今までは一人二役で演じられてきた主人公の捨之介と天魔王を今回は小栗旬と森山未來がそれぞれ一人一役に分かれて演じられている所が見どころです。

ドラマティックなストーリーと、役者達のアクションシーンも必見!DVDでは5.1chのサラウンド音声も収録されているので、まるで目の前で舞台を観ているかのように楽しめます。

また、2017年3月に東京・豊洲にオープンするIHIステージアラウンド東京のこけら落とし公演として、この『髑髏城の七人』が「花・鳥・風・月』の4シーズンに分けたロングラン公演を実施することも決定!新しく始まる『髑髏城の七人』を最大限楽しむためにも、このDVDは必見です。

『髑髏城の七人』あらすじ

時は天正18年。織田信長の死後8年が経過し、豊臣秀吉が天下統一に向けて邁進している時代。関東は、天魔王が率いる「関東髑髏党」に支配されていました。関東髑髏党に追われていた少女・沙霧をなりゆきで助けた捨之介は、偶然知り合った狸穴二郎衛門とともに、沙霧を匿ってもらうため蘭兵衛が営んでいる色街「無界の里」を訪れます。

しかし、里は髑髏党の襲撃を受けてしまい、天魔王と戦うことを決意する捨之介たち。実は、捨之介、天魔王、蘭兵衛にはある因縁があり……。

【公式ショップで買える!劇団☆新感線のおすすめDVD③『阿修羅城の瞳2003』】

キャスト

  • 市川染五郎
  • 天海祐希
  • 夏木マリ
  • 高田聖子
  • 橋本じゅん
  • 小市慢太郎
  • 近藤芳正
  • 伊原剛志

公演期間

  • 東京:2003年8月8日~30日/新橋演舞場
  • 大阪:2003年9月6日~28日/大阪松竹座

価格 7,776円(税込)

東京・大阪での公演で合わせて7万人の動員を記録した『阿修羅城の瞳2003』。10年以上前の作品にもかかわらず美しい映像で魅力してくれます。

まるで映画を見ているようカメラワークで役者達のきめ細やかな演技は鳥肌が立ほど圧巻です。さらに副音声で舞台の解説を楽しむことも出来ます。

『阿修羅城の瞳2003』あらすじ

時は文化文政の時代。江戸の町は、鬼がはびこる魔の都と化していました。幕府は、鬼を討伐する「鬼御門」を結成し、十三代目安倍晴明が取り仕切りを行っています。

鬼御門の一員で「鬼殺し」と言われる病葉出門は、とある過去の事件から鬼御門を辞め、中村座の四世鶴屋南北に弟子入りしていました。出門はある日、安倍晴明殺害の下手人として鬼御門に追われている女盗賊・闇のつばきと出会い、匿うことになります。

一方、美惨と呼ばれる尼僧姿の鬼は、救世主となる阿修羅の復活は近い、と鬼たちに告げます。果たして、阿修羅とは一体なんなのでしょうか……。

劇団☆新感線の他のオススメ記事

【劇団☆新感線の公式ショップでDVDをチェックしよう】

(出典:photoACより)

劇団☆新感線の公式ショップで買える、人気&おすすめDVDを紹介しましたがいかがでしたか?劇団☆新感線の作品は観れば観るほどハマってしまう不思議な魅力があります。劇団☆新感線の世界観とストーリー、役者達の名演技をぜひ楽しんで下さいね!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。