劇団四季のライオンキングの魅力を徹底解説!ディズニー不朽の名作を舞台化

劇団四季といえば説明不要なほど有名な、日本を代表するミュージカル劇団ですよね。全国4ヶ所(大阪・名古屋・東京・札幌)に設置された、劇団四季専用の劇場を中心に年間3000ステージもの公演を開催。今回はライオンキングの魅力を徹底解説します!

日本を代表するミュージカル劇団四季といえばもはや説明不要なほど有名な劇団ですよね。全国4ヶ所(大阪・名古屋・東京・札幌)に設置された、劇団四季専用の劇場を中心に年間3000ステージもの公演を行っています。

劇場も音響など常に新しい最新技術を取り入れていて素晴らしいのですが、劇団員も非常に高い倍率の厳しいオーディションを勝ち抜いた日本最高レベルのスキルをもつ役者で構成されていて、まさに日本では最高峰のミュージカルを見られると言っても過言ではないでしょう。

キャッツやウィキッドなどブロードウェイで大人気のショーを輸入するだけでなく、世界中に愛されている美女と野獣やリトル・マーメイド等ジャンルも多岐に渡っており、ロングランになっている人気演目が多いです。

そんな劇団四季ミュージカルの中でも、今回は大人にも子供にも愛されて『超ロングラン公演記録を更新中のライオン・キング』をご紹介させていただきます。

劇団四季の『ライオンキング』のストーリーをご紹介!

ライオンの王であるムファサが統べる、プライド・ランドと呼ばれるアフリカの広大なサバンナが舞台です。息子のシンバが生まれるとムファサは「サークル・オブ・ライフ」つまり自然界における生命のバランス等、シンバに将来王になる時に必要な知識を教え込みます。

しかしそんな中ムファサの弟スカーが王の座を狙って、ムファサ親子を亡き者にしようと企みます。「父さんからプレゼントがあるそうだ」というスカ-の嘘によって渓谷へと誘い出されたシンバは、ヌーの大群に襲われます。間一髪でムファサがシンバを助けますが、息子の目の前で命を落としてしまいます。

ショックを受けるシンバに対して、「お前さえいなければ、父さんは死なずにすんだ」と追い打ちをかけるスカー。責任を感じたシンバは、自ら王国を去ります。こうして、スカーによる企みは成功してしまいました。

王国を離れたシンバは、、ミーアキャットのティモンとイボイノシシのプンバァに出会い、「ハクナ・マタタ(気にするな)」という言葉で励まされ、3匹での共同生活が始まります。そんなある日、シンバは幼馴染のナラと再会し、スカーにより支配されたプライド・ランドの惨状を知ることになります。

父の死に責任を感じているシンバはなかなか故郷に帰る決心がつきませんが、目の前に現れた父の亡霊により奮い立ち、ついにプライド・ランドを救うために立ち上がるのでした。

その後のシンバの冒険や戦いなどを中心に、命とは何か?仲間の素晴らしさとはなにか?など、絆も感じることができる壮大な生命の物語を描いています。そんな、ディズニーで現在でも愛される不朽の名作『ライオンキング』

1997年にブロードウェイでミュージカル化され大ヒットを記録します。翌年のトニー賞では作品賞を含め計6部門に輝き、その見事に動物の世界が表現された独創的な演出は、ミュージカル界に衝撃を与えました。

そして、1998年12月20日に、ついに劇団四季によって日本公演がスタートします。以来、前人未到のロングラン記録を更新中の大人気作品となっています。

劇団四季『ライオンキング』の見所はココ!

見所として最も見逃せないのはオープニング部分の1曲目『Circle Of Life』で、劇団四季の役者自身も力を込めておススメするほど。最初から感動して涙腺がゆるんでしまう事必至の冒頭になっていて、ここから気持ちはサバンナ一色になりライオンキングの世界に気持ちを全て持って行かれてしまいます。

それ以外でも様々な沢山の動物のパペットが出てきたり、キリンの存在感に感嘆したり驚きの連続です。人間が動物を演じるという難題を、実に様々な方法を使ってクリアしていくそのアイデアの豊かさは、観る者の心を等しくつかんで離しません。

さらに、登場キャラクターのティモンとプンバァが、公演地域に合わせた方言で話してくれるというお楽しみがあるのにも注目です。自分が住む地域の言葉で話してくれたら、とても嬉しいですし楽しくなってしまいますよね。

大人でも子供でもライオンキングは最高に楽しめる作品になっていますので、ぜひ一度劇場に足を運んで見てみることをオススメします。生で舞台を見ることって本当に楽しいなという実感を確実に味わえるのが劇団四季のライオンキングです。

劇団四季『ライオンキング』の映像をYouTube動画でチェック!

この映像を見ているだけで「見に行きたい!」と思ってしまいます。

特に、影絵やパペット、照明などを駆使して表現される”サバンナ”のリアリティに驚かれたのではないでしょうか?これがミュージカル『ライオンキング』が世界中を驚かせた理由です。また、生命力や躍動感を感じさせるビビッドな色彩感覚や、セリなどを利用して自在に変化する美術セットなど、どこを見ても抜群のセンスと工夫を感じられる完璧なステージには驚かされるばかりです。

迫力が感じられる歌も多く、生命の力強さが感じられ、親子や仲間の絆を描いた素晴らしい作品に仕上がっています。生で見るともっともっと凄いですよ!

劇団四季『ライオンキング』は前人未到の9000回公演を突破!

劇団四季の『ライオンキング』は、1998年の初演以降、無期限ロングラン公演を継続中で、現在国内通算公演数9000回を超えています。特に、1998年の開幕以来、17年以上にわたってロングラン中の東京公演は、のべ650万人が鑑賞。2016年6月5日には、ミュージカル『ライオンキング』東京公演(浜松町・四季劇場[春])の単独通算公演回数6000回突破が達成されました。

当然、今までの出演者も膨大な数に上りますが、主人公のシンバとヒロインのナラの子供時代を演じるヤングシンバ役とヤングナラ役は、ミュージカル子役の花形として子役たち憧れのポジションです。厳しいオーディションを勝ち抜き、さらに徹底的な訓練を受けて『ライオンキング』のステージを踏んだ彼らの中には、その後活躍しているスターも少なくありません。

ヤングシンバ出身者には、映画やドラマで大活躍中の池松壮亮や、ミュージカル界のホープとして活躍中の海宝直人などがいます。海宝直人は成長しシンバ役として『ライオンキング』に再登場したことが話題になりました。ヤングナラ出身者には、AKB48の宮脇咲良などがいます。

劇団四季の他のオススメ記事

劇団四季『ライオンキング』のスケールと迫力を生で楽しもう!

いかがでしょうか?今すぐ見に行きたいという気持ちになったのではないでしょうか?この機会にぜひ目の前で楽しんでみてください。いつ観ても感動がもらえるライオンキングのチケット情報は良席多数のチケットキャンプ(チケキャン)で。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。