劇団四季公演で一目ぼれ?したら! ファンレターの送り先やプレゼントについて

劇団四季の公演を観てその魅力のとりこになった、という人も多いはず! 舞台での熱演から感じたキモチを届けるファンレターを書こう! となるのも自然の流れと言えるかも。そこで劇団四季のキャストに熱いキモチを届けるファンレターを送るときに気をつけたい・知っておきたいアレコレやタブー、ファンレターの送り先などについてご紹介します!

劇団四季の公演を見てうっとり、この熱い想いを届けたい!

(出典:GATAGより)

半世紀以上の長きにわたり日本のミュージカルを牽引してきた劇団四季。 その人気を支えるのは『キャッツ』『オペラ座の怪人』、『ライオンキング』、『美女と野獣』などの珠玉のミュージカルや『エクウス』『ハムレット』などのストレートプレイ、さらには『ガンバの大冒険』や『人魚姫』などのファミリー向けミュージカルなどの演目の多様さとそれを演じるキャストたちの熱演です。

目の前で繰り広げられるキャストたちの華麗な舞台に感動したとき、そのキモチを届けたくなるのはごく自然のなりゆきかも?

そこでそんな劇団四季のキャストたちに想いを込めたファンレターを送りたい! 時に役立つ情報をお届けします!

劇団四季関連のおすすめ記事はこちら

劇団四季・2017年度中の主な公演とキャストは

2017年度中の劇団四季の上演ラインアップは以下の通りとなっています。

2017年度・劇団四季の主な上演ラインアップ

  • 首都圏エリア  『ノートルダムの鐘』『アラジン』『ライオンキング』『オペラ座の怪人』『リトル・マーメイド』
  • 札幌・名古屋・大阪エリア 『ライオンキング』『リトルマーメイド』『キャッツ』
  • 京都・福岡・広島エリア 『美女と野獣』『ノートルダムの鐘』『オペラ座の怪人』『リトルマーメイド』

その他にも全国で公演される『アンデルセン』や『ガンバの大冒険』なども見逃せない演目です。

2017年度・特に注目の舞台の主な俳優・女優は?

  • 韓盛治、道口瑞之、内海雅智、川辺将大、佐野正幸、神永東吾、高井治、北澤裕輔、橋元聖地、芝清道、田中彰孝、飯田達郎、玉木隆寛、瀧山久志、笠松哲朗
  • 山本紗衣、平田曜子、谷原志音、木内志奈、岡村美南、松元恵美、岡本瑞恵   (順不同・敬称略)

(※ あくまで一例ですので、ここに列挙されていないキャストの方を軽んじているわけではありません)

劇団四季のキャスト宛にプレゼントやファンレターは可能?

(出典:illust ACより)

人気・実力ともにそろったキャストが数多く在籍する劇団四季。舞台から受けた感動を伝えるファンレターを送りたい! と思ったときには、四季芸術センター内にある劇団四季の本部宛てに送りましょう。

劇団四季のキャスト向けファンレターのあて先は

〒225-8585
神奈川県横浜市青葉区あざみ野1-24-7
劇団四季
△△△△(キャスト名) 宛

劇団四季の公式ホームページにある各演目ごとの「200字コメント」欄にキャスト個人宛のメッセージを投稿されてもご本人の目にとまる機会はないそうなのでご注意ください。

劇団四季のキャストへのファンレターやプレゼント、マナー違反やタブーは?

熱い想いを届けたい! というキモチはわかりますが、そのことで暴走してしまいキャストご本人や他の観客の方、共演者にまで迷惑をかけることになったら本末転倒もはなはだしい! ということに。

特に劇団四季では会場への入り待ちや出待ちはタブーということになっているので、ファンレターやプレゼントを手渡ししたい! とそうした行動に走ることは厳に慎みましょう。

プレゼント等に関しては公演期間中は基本的には劇場のクロークで預かってくれることが多いようです。もちろんその際にも過度なプレゼント (においを発するものや温度管理が必要なもの、扱いに特別の注意を要するもの)などはNGですので気をつけましょう。

贈る側のキモチも大切ですが、贈られるキャストの方たちのキモチになって行動するのが1番! ですね。

劇団四季のキャストに感動を伝えたファンレターの後日談は?

(出典:photo ACより)

ドキドキしながら一生懸命キモチをつづったファンレター。無事キャストの人に届いているのでしょうか?

劇団四季のキャストに向けたファンレター、届いているか心配?

メディアなどのインタビューの際にファンレターで書かれていたことやその時感じたことを話される方もちらほら見かけますので、劇場経由であろうと劇団四季本部経由であろうと宛名がきちんと書かれていればキャストご本人に渡っていることは確実なようですのであまり心配は必要ないかと思います。

劇団四季キャストに出したファンレター、返事はもらえる?

では、劇団四季のキャストの方に向けて書いたファンレターへの返事はいただけるのでしょうか?

時々自分の名前や住所をがっつり書くのは恥ずかしい、というような話を耳にしますが基本的には返事をくれる方が多いようなので記載した方がいいと思います。

もらえる時期に関しては、受け取って間をあまり空けずに返事をくれるキャストの方や、クリスマスやお正月といった行事の際に年賀状やクリスマスカードといった形でくれる方と対応もまちまちのようです。

もちろん稽古に本公演、移動など大変に忙しい合間の好意でしてくれていることなので、「返事をもらえたらうれしいけれど、それよりキモチを届けられたらうれしい!」という心構えでいたいものですね。

また劇場のクロークなどへ預ける際にも、受け取るスタッフの方への気恥ずかしさからか封筒に名前や住所を書かないという人もいるようですが、そうした時にも中に書いてあるかどうか尋ねられますので、あらかじめ手紙本文の最後などにきちんと書いておいた方がいいようです。

劇団四季のキャストへのファンレター、みんな何を書いているの?

(出典:photo ACより)

『キャッツ』や『ライオンキング』、『オペラ座の怪人』などの本格ミュージカルからストレートプレイ、またファミリー向けミュージカルまで幅広い演目でいつも観る人を魅了してくれる劇団四季。

その劇団四季のキャストに宛ててファンレターを書こう、としてもいざとなると何を書いていいのかどんな風に書けばいいのか困ってしまう、という悩みも。

もちろんあまり個人的なことを詰問調で尋ねるとか、うわさで耳にしたことを書き連ねるといったような常識から考えてもおかしいような内容はダメですが基本的には舞台を見て感じたことや思ったこと、そのキャストの方を応援するキモチを素直に言葉にすればいいと思います。

舞台の上で輝き、さらに感動を届けてくれるために毎日努力を続けてくれているキャストの人たちにとって、「舞台から生まれたモノを確かに受け取りましたよ」と伝えてくれる言葉は何よりの励みにしてもらえるはず! 勇気を出してペンを握ってみてくださいね。

劇団四季注目の公演関連記事はこちら!

劇団四季のキャストを応援するキモチを届けよう!

(出典:photoACより)

いつも舞台狭し! と観客に感動を届けてくれる劇団四季のキャストたち。そのキモチを素直に届けるのにファンレターは便利なツールです。ぜひあなたもマナーとルールを守ってそのキモチを届けてみてくださいね。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。