日本初演から50周年 ! 屋根の上のヴァイオリン弾き記念公演決定!

名優・森繁久彌の代表作としても知られるミュージカル【屋根の上のヴァイオリン弾き】。1967年の日本初演から50周年となる今年・2017年はその記念公演として上演されることが決定しました! また主役テヴィエ を演じる市村正親にとっても2013年の公演後に患った病や怪我から復帰後初となる【屋根の上のヴァイオリン弾き】となります! さらに今回から加わるキャストの神田沙也加なども注目を集めるこの【屋根の上のヴァイオリン弾き】についてご紹介します!

「屋根の上のヴァイオリン弾き」日本初演から50周年の節目公演決定!

2017年日本での初演から50周年を迎えるミュージカルの金字塔「屋根の上のヴァイオリン弾き」。今回の公演はその50周年記念公演と銘打った上演となり、東京・日生劇場での公演を皮切りに全国ツアーも引き続いて予定されています!

日本のミュージカルブームの先駆けとなった1作と言っても過言ではない「屋根の上のヴァイオリン弾き」。その記念公演のキャストや概要をご紹介します!

「屋根の上のヴァイオリン弾き」1967年初演時の主役は名優・森繁久彌

1964年にブロードウェイで世界初上演された「屋根の上のヴァイオリン弾き」。2017年7月9日現在でブロードウェイでの総公演数3,242回を数える人気作品です。

1971年には映画化されアカデミー賞8部門にノミネート、そのうち2部門を獲得。さらにゴールデン・グローブ賞ではノミネートされた2部門共に獲得するなどの高い評価を得ました。

その人気を裏付けるのは、『サンライズ,サンセット』『もしも金持ちだったなら』などを始めとするミュージカルナンバーの数々。

これまでの日本公演でも歴代キャストの演技と歌声が「屋根の上のヴァイオリン弾き」のステージを彩ってきました。

「屋根の上のヴァイオリン弾き」気になる2017年のキャストは

森繁久彌、上條恒彦、西田敏行についでテヴィエ役を務めている市村正親。これまでに市村テヴィエの「屋根の上のヴァイオリン弾き」は初回の2004年を含めて2006年、2009年、そして2013年の4回上演されています!

前回2013年公演から4年、50周年記念公演となる今回のキャストをご紹介します!

 テヴィエ 役・市村正親

主役テヴィエを務めるのは市村正親。劇団四季で華々しい活躍を見せた後、退団するや今度はミュージカルやストレートプレイだけでなくテレビ、映画、CMなど幅広い分野に進出。

「紀伊國屋演劇賞」、「読売演劇大賞最優秀男優賞個人賞」「文化庁芸術祭賞」さらに学術芸術上の著明なる貢献をした者に贈られる紫綬褒章など数々の賞に輝く一方で、シリーズ累計出荷数100万本突破の人気ゲームソフト「ONE PIECE アンリミテッドワールド R」でラスボスの声を担当するなどいまだに枠にとらわれない活躍を見せてくれています。

ゴールデ 役・ 鳳 蘭

テヴィエの妻・ゴールデを演じるのは元宝塚歌劇団星組トップの鳳蘭。宝塚退団後も精力的に舞台を中心に活動を続け、夫役を演じる市村正親同様に2005年紫綬褒章を受章。

「屋根の上のヴァイオリン弾き」には2009年度公演より同役で参加しており、その伸びのある豊かな声量の歌声を聴かせてくれています。

ホーデル 役・神田沙也加

今回の50周年記念公演から次女・ホーデル役を務めるのは神田沙也加。森繁テヴィエの時代までさかのぼれば、古くは「寅さん」のさくら役で知られる倍賞千恵子や大竹しのぶ、森山良子や本田美奈子などシンガーや歌に定評のあるキャストぞろいのホーデルを神田沙也加がどう演じてくれるのかに対しての期待が高まっています!

ツァイテル 役・ 実咲凜音

長女・ツァイテル役を務めるのは元宝塚歌劇団宙組トップの実咲凜音。この「屋根の上のヴァイオリン弾き」が宝塚退団後初の舞台となる予定です。

家族の絆を大切にした愛のある作品をお客様にお届けできるように、宝塚で学んだものを生かしつつ、新しい実咲凜音をお見せできるように稽古に励んでいきます」

(出典:日刊スポーツ)

とその抱負を語っていた通り、こちらもこれまで涼風真世、 杜けあき、匠ひびき、貴城けい、水夏希などの宝塚OGや島田歌穂、大空真弓などが歴任してきた重要なキャストであり、実咲凜音がどんなツァイテルを演じてくれるのかが注目の的となっています。

チャヴァ役・ 唯月ふうか

三女・チャヴァ役を務めるのは2017年「レ・ミゼラブル」のエポニーヌ役トリプルキャストの1員となった唯月ふうか。このチャヴァもこれまでに、木の実ナナ、ジュディ・オング、笹本玲奈、平田愛咲、 吉川友などが歴任してきた役柄。

この「屋根の上のヴァイオリン弾き」公演後には「舞妓はレディ」で主役を務めることも決定している唯月ふうかの演技に期待が高まっています!

モーテル 役・入野自由

歌手・声優・さらに俳優とマルチな活躍を見せる入野自由。2016年に上演されたミュージカル「ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ」ではゴッホの弟テオ役を熱演しましたが、今回演じる仕立て屋モーテルもこれまでに植本純米(旧芸名・植本潤)、岸田敏志(旧芸名・岸田智史)、市川染五郎、本田博太郎、西郷輝彦などが歴任してきた役柄。

また、2013年度の「屋根の上のヴァイオリン弾き」では次女ホーデルの恋人である学生のパーチックを演じていた入野自由ですが、今回のモーテルは長女ツァイテルと相思相愛の役どころ。これまでとは違う入野自由の演技にも注目したいところです。

パーチック役・広瀬友祐

数々の舞台でその二枚目然とした容貌と相まった端正な役柄を演じてきている広瀬友祐。今回「屋根の上のヴァイオリン弾き」で演じるのは前回入野自由が演じていた次女の恋人であり、革命への理想に燃える学生・パーチック。

今年は他にもミュージカル「ロミオ&ジュリエット」や「グレート・ギャツビー」「パジャマゲーム」など話題作に続々出演。これまでに吉野圭吾、 良知真次、福井貴一などが演じてきたこの役を果たして広瀬友祐がどう演じるのかに期待したいですね!

フョートカ役・神田恭兵

三女のチャヴァの駆け落ち相手であるフョートカを演じる神田恭兵。音大卒業直後にデビューを果たして以来、数々の舞台をこなしてきた若手実力派の1人です。

2017年は歌姫キャロル・キングの生涯を描いたミュージカル「beautiful」への出演やテヴィエ役の市村正親の「紳士のための愛と殺人の手引き」など話題作にも次々出演。

これまでに上口耕平や 中山卓也、 篠塚勝、金田賢一なども演じてきたこのフョートカを神田恭兵がどう自分のものにするかに耳目が集まっています。

ラザール役・今井清隆

舞台やミュージカルでその名を見かけることが多い人気俳優今井清隆。2017年も舞台「フェードル」「天使にラブ・ソングを〜シスター・アクト~」、ブロードウェイ・ミュージカル「アダムス・ファミリー」、ミュージカル「にんじん」、など出演舞台・ミュージカルが目白押しです。

今回演じる肉屋ラザール役は、長く上條恒彦が演じてきた大事な役どころ。果たして今井清隆はどんなラザールを見せてくれるのか注目したいですね!

「屋根の上のヴァイオリン弾き」50周年記念公演概要は

(出典:photoACより)

東京・日生劇場を皮切りに全国ツアーも予定されている2017年・日本初上演から50周年を記念する「屋根の上のヴァイオリン弾き」公演の概要をご紹介します!

「屋根の上のヴァイオリン弾き」東京公演

  • 公演期日: 2017年12月5日(火)~2017年12月29日(金)
  • 会場: 東京・日生劇場

「屋根の上のヴァイオリン弾き」全国ツアー概要

  • 2018年1月3日(水)~2018年1月8日(月・祝): 梅田芸術劇場メインホール
  • 2018年1月13日(土)~2018年1月14日(日)        : 静岡市清水文化会館(マリナート)
  • 2018年1月19日(金)~2018年1月21日(日)      : 愛知県芸術劇場 大ホール
  • 2018年1月24日(水)~2018年1月28日(日)     : 博多座
  • 2018年2月10日(土)~2018年2月12日(月・祝) : ウェスタ川越

「屋根の上のヴァイオリン弾き」東京・日生劇場の後は全国ツアー

魅力のキャスト陣による珠玉のミュージカルナンバーも楽しみな「屋根の上のヴァイオリン弾き」。東京公演を皮切りに全国ツアーも予定されているこの50周年記念公演、ぜひお見逃しなく!

「屋根の上のヴァイオリン弾き」関連のおススメ記事はこちら

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。