『二月大歌舞伎』で使ってみよう!イヤホンガイド・字幕ガイドを解説

歌舞伎座にて2018年2月に披露される『二月大歌舞伎』。【松本幸四郎改め 二代目 松本白鸚】【市川染五郎改め 十代目 松本幸四郎】【松本金太郎改め 八代目 市川染五郎】という親子孫三代襲名披露興行でもあるということで、歌舞伎ファンの熱い視線を集めています。しかし、歌舞伎は少し敷居が高いし理解できるか不安……そんな風に思っている方も多いのでは?そんな方におすすめなのが、イヤホンガイドと字幕ガイド。今回は、『二月大歌舞伎』に向けて、イヤホンガイドと字幕ガイドについて詳しく解説します!

見どころ満載の『二月大歌舞伎』でガイドを使ってみませんか?

【画像:フリー素材AC

歌舞伎座にて2018年2月に披露される『二月大歌舞伎』松本幸四郎改め 二代目 松本白鸚】【市川染五郎改め 十代目 松本幸四郎】【松本金太郎改め 八代目 市川染五郎】という親子孫三代襲名披露興行でもあるということで、歌舞伎ファンの熱い視線を集めています。

この2018年の『二月大歌舞伎』を鑑賞するにあたって、より歌舞伎への理解を深めるアイテムを利用してみませんか?

それはズバリ、イヤホンガイドと字幕ガイドです。耳から解説を聞けるイヤホンガイド、目からセリフなどを確認できる字幕ガイド、どちらも歌舞伎をグッと分かりやすくしてくれるツールです。

今回は、『二月大歌舞伎』に向けて、イヤホンガイドと字幕ガイドについて、使い方や料金などを詳しく解説します!

大歌舞伎のオススメ記事はこちら

歌舞伎イヤホンガイドとは?

歌舞伎にはお馴染みのイヤホンガイドですが、最初にイヤホンガイドが登場したのは昭和50年のこと。同時通訳ではなく、同時解説をするという試みは画期的なものでした。『二月大歌舞伎』はもちろん、歌舞伎座や国立劇場、松竹大歌舞伎巡業や新橋演舞場などでの歌舞伎公演でイヤホンガイドを利用することが可能です。

どうやって借りるの?使い方は?料金は?

まずは、歌舞伎の会場でイヤホンガイドをどう借りればいいのかをご紹介します。

イヤホンガイドは、イヤホンガイド貸出所で当日に借ります。場内1階のメインカウンターは特に混み合うことが多いため、屋外貸出所(雨天時・木挽町広場)や場内2階の貸出所利用がおススメです。

料金は、通常700円。公演が行われる劇場や企画、シーズンなどにより利用料が変わることもあるので、ご注意下さい。利用料金のほかに借りる際に保証金として1,000円必要となりますが、これは受信機の返却時に戻ってきます。個人で借りる場合は基本的に予約は不要ですが、20名以上の団体で利用したいときは事前予約が必要となります。

イヤホンガイドには普通サイズと小さいサイズが用意されています。お子様や耳の小さい方は小さいサイズを借りるといいでしょう。使用方法はシンプル。イヤホンガイド本体に付属のイヤホンを指して、耳に装着するだけです。上演中はもちろん、開場から上演までの間や休憩中にも演目の説明を聞くことができるので、席についたらすぐに装着することをおすすめします。

何が聞けるの?

歌舞伎のイヤホンガイドは、演目の進行に合わせて様々なことを解説してくれます。役者が登場したときには屋号や名前を教えてくれますし、配役・衣裳・道具・時代背景・歌舞伎ならではの約束事など、多岐にわたる事柄がタイミングよく説明されていきます。

上演中ずっと解説されているのかという心配もあるかと思いますが、そのようなことはありません。しっかりと舞台に集中できるように、絶妙な間合いで解説が入ります。また、公演によっては休憩中にインタビューが流れるなどスペシャルな企画がある場合もありますので、事前にホームページなどでチェックしておくとよりいっそうガイドを楽しめます。

どんな人におすすめ?

特に歌舞伎初心者の方はイヤホンガイドの利用をおすすめします。役者は白塗りの状態で出てくるので初心者には判別が難しいですし、歌舞伎は長い演目の一部分を上演することも多いため、ある程度の事前知識がないと完全には理解できないことも多いもの。

イヤホンガイドは役者名をその都度教えてくれますし、事前知識が必要な部分をその場で分かりやすく解説してくれるので、歌舞伎初心者でも目一杯に演目を理解することが可能。また、元々歌舞伎好きの方もイヤホンガイドを利用すれば、さらに新たな知識を得られるかも。

歌舞伎字幕ガイドとは?

続いて、字幕ガイドについてご紹介します。字幕ガイドは、2013年からスタートした新しいサービスで2015年3月からは、英語版のサービス、一幕見席でのサービスも新たに始まりました。なお、字幕ガイドは現在『二月大歌舞伎』の会場でもある歌舞伎座のみのサービスとなっています。

どうやって借りるの?使い方は?料金は?

1階字幕ガイドカウンターで借りることができます。

料金は、1階~3階席での利用で1台につき1,000円。一幕見席での利用は1台につき500円となっていますが、一幕見席での利用の際は返却時に戻ってくる補償金1,000円が必要となります。

初めて利用する場合には係の方から操作方法の説明がしてもらえます。なお、200台限定となっており(一幕見席は50台)、破損した場合は弁償金60,000円がかかるので注意してください

1階席、2階席での利用は前の座席に字幕ガイド本体を取りつけて利用します。また、3階席や一幕見席など前の座席に取りつけらて使用できない席の場合は、ネックストラップをつけて利用します。

何が見られるの?

歌舞伎字幕ガイドは、【解説チャンネル】【台本チャンネル】【英語チャンネル】の3つのチャンネルの中から自分に合ったものを選ぶことができます。

【解説チャンネル】では、難しい語句、舞台背景、あらすじ などの解説を画面上に、セリフ、義太夫や長唄の詞章などを画面下に表示してくれます。

【台本チャンネル】は文字通りセリフや長唄の詞章をそのままに表示してくれるので、話の筋などはわかっているけれどもセリフをきちんと聞き取れるかちょっと心もとない、といった方にもおススメです。

【英語チャンネル】はセリフや詞章、解説を英語で簡潔に表示してくれるので、外国からの友人知人との歌舞伎鑑賞の際にはぜひ利用したいチャンネルとなっています。

どんな人におすすめ?

字幕ガイドは、歌舞伎初心者の方や独特のセリフ回しの聞き取りに不安を感じる方はもちろん、歌舞伎ファンにも強くおすすめしたいアイテム。

歌舞伎座全体の雰囲気や臨場感もダイレクトに楽しみたいし、歌舞伎の演目についても同時に知りたいというわがままな願いを一気に叶えてくれる便利さは一度利用するとリピートしたくなる、という人が多いことからもうかがい知れますね。

イヤホンガイド・字幕ガイドを利用して歌舞伎をもっと楽しもう!

歌舞伎は観てみたいけれど、難しそうで楽しめるかどうか自信がない、という人も多いのでは?

そんな風に中々一歩踏み出せないでいる方や、さらに歌舞伎への知識を深めたい方、日本語がよく聞き取れなかったり分からない外国の方、そういったお客様のために用意されているイヤホンガイドと字幕ガイド。歌舞伎ならではの充実したサービスは1度試してみる価値ありです。

襲名の口上もある『二月大歌舞伎』を、ぜひイヤホンガイドや字幕ガイドで楽しんでみませんか?

大歌舞伎のオススメ記事はこちら

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。