『デスノート THE MUSICAL』再演決定!!概要と、初演時の感想まとめ

2015年日本だけではなく韓国でも上演された『デスノート THE MUSICAL』。なんと2017年9月に再演が決定しました!ということで本日は『デスノート THE MUSICAL』の概要と、初演時の絶賛の声をご紹介します。

名前を書き入れた人間を死なすことができるという”デスノート”を巡るドラマを描いた漫画『DEATH NOTE』。デスノートを手にした高校生・夜神月と、驚異的な頭脳を持つ天才・Lとの頭脳戦を中心に展開されるスリリングなストーリーは、絶大な人気を誇り大ヒット。

2006年には、藤原竜也と松山ケンイチというキャストで映画化され、全国区の人気を獲得するに至りました。その後も、ドラマ化、小説化、テレビアニメ化とメディアミックスの勢いはとどまらず、遂に2015年にはミュージカル化という驚きのプロジェクトが発表されました。

海外のクリエイターを起用し、日本だけではなく韓国でも上演された『デスノート THE MUSICAL』は、原作ファンだけではなくミュージカルファンにも高く評価され、大ヒット。再演を望む声が多く聞かれました。

そして遂に、2017年9月の再演決定が発表されたのです。今回は、『デスノート THE MUSICAL』の概要と、初演時の絶賛の声をご紹介します。

『デスノート THE MUSICAL』とは?

『デスノート THE MUSICAL』が他の2.5次元ミュージカルと一線を画したのは、なんといってもそのクリエイター陣でした。ブロードウェイをはじめ、数多くのヒットミュージカルの音楽を手がけてきたフランク・ワイルドホーンを作曲に迎え、作詞にジャック・マーフィー、脚本にアイヴァン・メンチェルと、海外のクリエイターをチョイスしたのです。

当然、脚本や歌詞は英語で書かれ、それを日本語に翻訳するという形が取られました。演出を手掛けたのは、日本を代表する舞台演出家のひとりである栗山民也。結果的に、ブロードウェイ作品のようなスケールに、重厚な演出が加わり、現代的でありながら正統派な大作ミュージカルが出来上がりました。

主人公である夜神月を演じたのは、共にミュージカル界のプリンスである浦井健治 と柿澤勇人(Wキャスト)、月と対峙するLを演じたのは、近年ミュージカルでの活躍がめざましい小池徹平。

月に心酔してしまう協力者・弥 海砂役には、ミュージカル界を代表する若手女優である唯月ふうか、月の父親役には映画版同様、鹿賀丈史がキャスティングされ、死神リュークには名優・吉田鋼太郎、死神レム役にはミュージカル界最高の歌姫・濱田めぐみが顔を揃えました。

ミュージカルファンとしては文句のつけようがないこの実力派キャスティングに、フランク・ワイルドホーンが手がけた雰囲気たっぷりで耳なじみの良い名曲たち。『DEATH NOTE』の世界はまさに奇跡のようにステージ上で展開され、観客を魅了しました。

その後も、舞台版のCDが発売されたり、WOWOWで舞台映像が放映されたりと、その人気の高さを窺える動きは絶えることはありませんでしたが、再演こそがファンが最も待ち望んだニュースでした。

初演時の感想ツイートをいくつかご紹介して、当時のファンの熱狂っぷりをお伝えしたいと思います。

過去の感想まとめ

それでは早速、『デスノート THE MUSICAL』初演時の感想を見てみましょう。

クリエイターの本気を見た……!!

フランク・ワイルドホーンはブロードウェイを代表する作曲家ですが、演出の栗山民也は日本の演劇界の、指揮者の塩田明弘は日本のミュージカル界の第一人者です。

本作が『デスノート』ファンにとってだけではなく、日本の演劇・ミュージカルファンにとっても見逃せない作品だったということが分かりますね。

みどころたっぷり!

書き切れないほどの見どころがあることがよくわかるツイートですね。しかも、どんどん進化していっている様子が伺えます。何度も観劇するファンが多かった舞台でもありました。

ワイルドホーンの音楽への評価高し!

やはり、ワイルドホーンの音楽の評価は非常に高く、メロディアスで深みのある楽曲たちは世界レベルでした。

浦井月、柿澤月どちらも魅力的との声。

ピュアな狂気を感じる浦井健治、より繊細かつ苦悩を押し出した柿澤勇人と、夜神月を演じた2人の役者の違いも見どころのひとつでした。どちらも唯一無二の魅力を発揮していました。

特に原作ファンからの評価が高かった小池L。

https://twitter.com/fuhihi_uhouho/status/585424257976381442

特に原作ファンの間で評価が高かったのが、小池徹平が演じるL役でした。まさに原作のイメージそのままの名演は語り草になっています。

再演のキャストはどうなる?

2017年9月、新国立劇場にて再演することが決定した『デスノート THE MUSICAL』ですが、気になるキャスティングはというと、月とLとミサミサとレムは初演と同じです。その他の役は変更になります。

月の妹・夜神粧裕役に髙橋果鈴、死神リューク役に石井一孝、夜神総一郎役に別所哲也が決定しています。

『デスノート THE MUSICAL』をお楽しみに!

ついに決定した『デスノート THE MUSICAL』の再演

このように、ファンの歓びもひとしおです!初演を楽しんだ方も、残念ながら初演は観に行けなかった方も、この機会を逃さないでくださいね!チケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。