ミュージカル『デスノート THE MUSICAL』キャストを解説!【浦井健治/柿澤勇人/小池徹平】

2017年9月2日、待望のミュージカル『デスノート THE MUSICAL』再演の東京公演がスタートしました!一流スタッフと豪華キャストが終結し、原作ファンも納得のミュージカル『デスノート THE MUSICAL』ですが、キャストたちの熱演も見どころのひとつ。今回は、主人公の夜神月役を演じている浦井健治さんと柿澤勇人さん、夜神月の前に立ちはだかるライバルL役を演じている小池徹平さんに注目。浦井健治さん、柿澤勇人さん、小池徹平さんそれぞれの役どころと経歴をまとめます。

ミュージカル『デスノート THE MUSICAL』再演・東京公演開幕!

【画像:フリー素材AC

2017年9月2日、待望のミュージカル『デスノート THE MUSICAL』再演の東京公演がスタートしました!大ヒット漫画『DEATH NOTE』初の舞台化として、2015年初演時に大きな話題となったミュージカル『デスノート THE MUSICAL』。一流スタッフと豪華キャストが終結し、原作ファンも納得のクオリティだと評判の本作ですが、大きな魅力のひとつが、キャストたちの熱演でしょう。

今回は、ミュージカル『デスノート THE MUSICAL』主人公の夜神月役を演じている浦井健治さんと柿澤勇人さん、夜神月の前に立ちはだかるライバルL役を演じている小池徹平さんに注目。浦井健治さん、柿澤勇人さん、小池徹平さんそれぞれの役どころと経歴をまとめます。

『デスノート』関連のおすすめ記事はこちら

 ミュージカル『デスノート THE MUSICAL』とは?

まずは、ミュージカル『デスノート THE MUSICAL』がどのような作品なのかを解説していきたいと思います。

大人気マンガの舞台版

ミュージカル『デスノート THE MUSICAL』の原作は、【ノートに名前を書かれた人物は、確実に死ぬ】という”死神のノート”を天才少年・夜神月が拾ってしまったことから物語がスタートする少年漫画『DEATH NOTE』です。スリリングな展開と、高度な頭脳戦は瞬く間に読者を魅了し、大ヒット。映画化・ドラマ化・小説化とメディアミックスは進み、ついにはハリウッドで映像化されました。

超一流クリエイターが集結

初めて舞台化されるにあたり、ミュージカル『デスノート THE MUSICAL』には世界レベルのクリエイター陣が集まりました。

音楽を手がけたのは、ブロードウェイのヒットメーカーであるフランク。ワイルドホーン。これまでも日本や韓国のオリジナルミュージカルの作曲を担当してきたので、日本のミュージカルファンにもお馴染みの存在です。歌詞を手がけるジャック・マーフィーも、脚本を手掛けるアイヴァン・メンチェルも、ワイルドホーンと同じブロードウェイのクリエイター。ミュージカル『デスノート THE MUSICAL』は、日本発の作品でありながら、英語でつくられたものを翻訳するという逆輸入スタイルがとられているのです。

一方で、演出は日本人が手掛けています。日本を代表する舞台演出家である栗山民也さんの緻密でダイナミックな演出により、今までにないクオリティのオリジナルミュージカルが誕生しました。

初演は大絶賛

2015年4月に幕を開けたミュージカル『デスノート THE MUSICAL』は、ミュージカルファンのみならず、原作ファンにも大絶賛され、連日大盛況となりました。すぐに再演を望む声が巻き起こり、今回の再演へと繋がったのです。

ミュージカル『デスノート THE MUSICAL』キャスト:夜神月役・浦井健治さん

それでは、キャスト紹介に移っていきましょう。まず最初にご紹介するのは、天才高校生・夜神月を演じている浦井健治さんです。夜神月は、天才的な頭脳を持つ高校生。死神のノートを拾ったことで最初こそ恐怖を覚えるものの、歪んだ正義感から救世主キラを名乗り、犯罪者の粛清を開始するというダークヒーローです。

経歴

主にミュージカルで活躍している浦井健治さんのデビューは、2000年のテレビドラマ『仮面ライダークウガ』でした。『美少女戦士セーラームーン』(2001年)で舞台デビュー。2004年にミュージカル『エリザベート』でルドルフ役を演じたことから、ミュージカル界での知名度を高めます。

180㎝を超える長身と伸びやかな歌声、天真爛漫な雰囲気が持ち味で、2013年には、井上芳雄さん、山崎育三郎さんとStarSを結成。いまや、ミュージカル界を代表する存在です。演技力の評価も高く、第22回読売演劇大賞最優秀男優賞など、大きな賞を受賞しています。

ミュージカル『デスノート THE MUSICAL』キャスト:夜神月役・柿澤勇人さん

夜神月役のもうひとりのキャストは、柿澤勇人さんです。狂気に直結する真っすぐさを感じさせる浦井健治さんの月に対して、柿澤勇人さん演じる月は、葛藤を強く感じさせるキャラクターになっています。浦井健治さんと柿澤勇人さん、それぞれの月を比較してみるのもおすすめ。なお、ファンの間では「浦イト」「柿ラ」と呼ばれ、その違いが盛んに考察されています。

経歴

劇団四季出身。『ライオンキング』や『春のめざめ』など、立て続けに主演をつとめた後、2009年に劇団四季を退団してからは、ミュージカルはもちろんテレビドラマや映画にも活躍の場を拡大。確かな実力と、若々しさと繊細さが共存した独特の雰囲気を持ち、多くの作品で存在感を放つ存在です。

『海辺のカフカ』、ミュージカル『ロミオ&ジュリエット』、ドラマ『平清盛』など、幅広いタイプの作品で活躍中。

ミュージカル『デスノート THE MUSICAL』キャスト:L役・小池徹平さん

キラとして粛清を推し進めていく夜神月に対抗する存在として、警察が頼ったのは謎の名探偵・Lでした。月と同年代のLですが、完全無欠の優等生である月に対して、引きこもりで暗いタイプの青年です。しかし、その頭脳は超人的。『DEATH NOTE』最大の見どころは、2人の天才・月とLとの頭脳戦に他なりません。

Lを演じる小池徹平さんは、キャラクターが乗り移ったかのような見事な表現力で原作ファンに大絶賛されています。

経歴

小池徹平さんのデビューのきっかけは、15歳の時にジュノン・スーパーボーイ・コンテストでグランプリを受賞したことでした。俳優・タレントとして数多くのテレビ番組やドラマに出演する一方で、2002年にはウエンツ瑛士さんとWaTを結成。ミュージシャンとしても活躍します。

2016年にWaTを解散してからは、テレビや映画への出演の他、積極的に舞台に出演。ミュージカル『キャバレー』など、ミュージカル界での活躍も目覚ましい存在です。

ミュージカル『デスノート THE MUSICAL』見逃さないで!

大ヒットを記録した大人気の原作、超一流のクリエイター、超豪華なキャストの全てが揃ったミュージカル『デスノート THE MUSICAL』。最大の見どころである月とLを演じる浦井健治さん、柿澤勇人さん、小池徹平さんという3人のキャストの熱演は絶対に見逃せません。

浦井健治さんと柿澤勇人さんそれぞれが演じる月の違いや、原作ファンを唸らせた小池徹平さんのLは必見!キャストスケジュールをチェックして、ミュージカル『デスノート THE MUSICAL』に足を運んでみてください

『デスノート』関連のおすすめ記事はこちら

 

 

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。