倉持裕が大人たちに贈る舞台「誰か席に着いて」上質の喜劇を観に行こう!

いのうえ歌舞伎『乱鶯』や鎌塚氏シリーズ、妄想歌謡劇『上を下へのジレッタ』など、数々の話題作の脚本・演出を手がける奇才・倉持裕の新作コメディ「誰か席に着いて」が田辺誠一・木村佳乃・片桐仁・倉科カナという4人をメインキャストに迎えて上演されることが決定しました! いずれもテレビ・映画・舞台で活躍するこの豪華キャストで上演されるのは大人の為のコメディ。果たしてどんな舞台になるのか、ストーリーや公演概要を交えてご紹介します!

大人の為の喜劇【誰か席に着いて】2017年11月に開幕!

次々に話題の舞台を手がけ、今注目度大の脚本家であり演出家でもある倉持裕の新作コメディ【誰か席に着いて】がメインキャストに田辺誠一・木村佳乃・片桐仁・倉科カナを迎えて2017年11月15日から東京・および全国で上演されることが決定しました!

そこでこの気になる新作舞台【誰か席に着いて】のスタッフやストーリー、公演概要などをご紹介します!

【誰か席に着いて】スタッフも期待の実力派ばかり!

作・演出を手がけるのは劇団・ペンギンプルペイルパイルズ主宰の倉持裕

【誰か席に着いて】の脚本・演出を手がけるのは舞台やNHKで放送されている『LIFE ! ~人生に捧げるコント~」のコント執筆、さらに小説などにもそのマルチな才能をいかんなく発揮している劇団・ペンギンプルペイルパイルズ主宰の倉持裕。

舞台美術担当は倉持裕の舞台でおなじみの中根聡子

舞台美術を担当するのは、倉持裕の代表作とも言える【鎌塚氏シリーズ】や舞台【有頂天家族】、【ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー! “頂の景色”」】などの舞台を手がける中根聡子です。

日本舞台美術家協会が主催する2008年度の伊藤熹朔賞を今回もタッグを組む倉持裕の劇団・ペンギンプルペイルバイルズの舞台【審判員は来なかった】で受賞するなど、実力派の中根聡子が舞台上に創り上げる世界も注目度大です!

衣装を担当するのは高木阿友子

【誰か席に着いて】の衣装を担当するのは、【シダの群れ3 港の女歌手篇】の小泉今日子や市川実和子の印象的な衣装や舞台【美男(イケメン)ですね】、【幕末太陽傳】など数々の舞台を手がける一方で、こちらも今回の作・演出を手がける倉持裕の【鎌塚氏シリーズ】の舞台でも活躍している高木阿友子。

気心知れた実力派がそろったスタッフで創り上げられる舞台を目にする日が待ち遠しいですね!

【誰か席に着いて】の脚本・倉持裕がこれまでに手がけた主な舞台は

【誰か席に着いて】のキーパーソンといえばやはり、作・演出を手がける倉持裕です。学習院大学の学生時代から演劇の世界へと飛び込み、2000年には劇団・ペンギンプルペイルパイルズを立ち上げ、それ以来同劇団のすべての公演の脚本・演出を手がける一方、テレビや他劇団の公演にも参加。

2004年には32歳の若さで岸田國士戯曲賞を【ワンマン・ショーで受賞しており、その際の選評で選考委員の1人の野田秀樹は倉持裕を次のように評しています。

いわば、この作家は、文学を書く人ではなく、演劇を書く人と言っていいだろう。つまり、文学を書かない人だ。なにやら近頃、こじんまりとまとまった、文学を目指しているような劇作が多い中で、この作家の書く不可解さは、楽しみである。

(出典: 第48回岸田國士戯曲賞選評)

受賞以降も自身の劇団公演のほかに、森山未來と菊地凛子の2人芝居【Griffon】や岡本健一やベンガル、西田尚美などを迎えて上演された【現代能楽集Ⅴ「春独丸」「俊寛さん」「愛の鼓動」】などの注目作を手がけ続けた倉持裕。

そんな中2011年に、代表作と言われる【鎌塚氏シリーズ】の第1作目【鎌塚氏、放り投げる】が上演され、翌2012年には【鎌塚氏、すくい上げる】、2014年【鎌塚氏、振り下ろす】、さらに今年2017年には約3年ぶりに【鎌塚氏、腹におさめる】がヒロインに二階堂ふみを迎えて全国で上演される予定となっています。

さらに今年2017年は、この【鎌塚氏、腹におさめる】以外にも年初に竹中直人と組んだ演劇ユニット『直人と倉持の会』の第2回公演【磁場】、関ジャニ∞横山裕、中川翔子、浜野謙太、さらに盟友・竹中直人が出演する【妄想歌謡劇 上を下へのジレッタ】など話題作・注目作が目白押しとなっている倉持裕がどんな「大人のための喜劇」を見せてくれるか楽しみですね!

【誰か席に着いて】気になるストーリーは

(出典:photoACより)

さて、その【誰か席に着いて】のストーリーはというと、芸術家支援を行う、とある財団が舞台。その財団の運営に携わる2組の夫婦が、財団の助成対象者を決める話し合いの場に現れるのですが、本来の話し合いの骨子とは別の思惑をそれぞれが抱えての選考会となります。

まず財団創立者の孫娘である有園織江は、かつては才色兼備の売れっ子脚本家であったものの、このところのスランプで人気に陰りが見えてきていました。その焦りから実妹の夫である染田奏平が遊び半分に書いた脚本を自分の作品として発表してしまったことによる後ろめたさと、その「盗用」の事実がバレはしないかと苦しんでいるところ。

その織江の夫である有園哲朗はTV局勤務を辞めてフリーランスのプロデューサーとなったもののうまくいかずプライドはズタズタ。そんな中、かつて織江に隠れて関係を持った織江の実妹で、自分の義妹でもある染田珠子とヨリを戻せないかと思っています。

その染田珠子は新進気鋭のダンサーであったものの、妊娠でそのキャリアを中断せざるを得ず、悶々とする毎日。さらに実の姉である織江の夫である哲朗と関係を持っていたことに対する罪の意識にさいなまれています。

さらにその珠子の夫であり、義姉に自作の脚本を盗用されているとは知らない染田奏平は、財団の資金をこっそり着服しており、それが何かのはずみで発覚しないかとびくびくしているところ。

そんな4人がそれぞれの思惑を隠しつつ、少しでも自分の「本来の意図」に有利なように選考会を進行しようとするものの・・・

人間誰しも程度の差こそあれ、「表の顔と裏の顔」を併せ持つもの。その間のギャップを隠そうとする人間の愚かしさや滑稽さを倉持裕がどう描き出していってくれるのか、ぜひ注目したいですね!

【誰か席に着いて】の出演キャストは個性豊かな6人

【誰か席に着いて】の出演キャストは総勢6人。いずれもテレビ・映画・舞台経験豊富な俳優が勢ぞろいしており、ますます期待が高まります!

【誰か席に着いて】の役名とキャスト

  • 有園哲朗役・田辺誠一
  • 有園織江役・木村佳乃
  • 染田奏平役・片桐仁
  • 染田珠子役・倉科カナ
  • 柳和臣役・福田転球
  • 奈良みのり役・富山えり子

【誰か席に着いて】東京&全国公演の概要は

この話題の舞台【誰か席に着いて】の東京および全国ツアー公演の概要をご紹介します!

【誰か席に着いて】東京公演

  • 公演期間: 2017年11月28日~2017年12月11日
  • 会場: 日比谷シアタークリエ

【誰か席に着いて】プレビュー公演

  • 公演期間: 2017年11月10日~2017年11月12日
  • 会場: 北千住シアター1010

【誰か席に着いて】全国ツアー公演

  • 2017年11月15日(水) 金沢・本多の森ホール
  • 2017年11月18日(土)~2017年11月19日(日) 大阪・サンケイホールブリーゼ
  • 2017年11月21日(火)  静岡・浜松市浜北文化センター
  • 2017年11月23日(木・祝) 福岡・久留米シティプラザ
  • 2017年11月25日(土) 広島・はつかいち文化ホール
  • 2017年12月13日(水) 新潟・上越文化会館
  • 2017年12月15日(金) 山形・やまぎんホール
  • 2017年12月17日(日) 福島・とうほう・みんなの文化センター

【誰か席に着いて】、上質のコメディを楽しみにぜひ劇場へ!

倉持裕脚本・演出、舞台経験も豊富な田辺誠一・木村佳乃・片桐仁・倉科カナをメインキャストに上演される話題のコメディ【誰か席に着いて】。

全国公演もある、この大人の為の舞台を楽しみにぜひお近くの劇場へ足をお運び下さい!

【誰か席に着いて】関連のおすすめ記事はこちら

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。