人気作キューティブロンドのミュージカルが日本上陸!日本版は誰が演じる?海外版と徹底比較!

2017年3月から4月に全米大ヒット映画キューティブロンドのミュージカルが日本でも上演されます。キューティブロンドは、金髪のあまり賢くない女性のジョークを逆手にとった作品です。恋もオシャレも勉強も全力投球するブロンド娘の痛快サクセスストーリーは、アメリカで映画がヒットした後、ミュージカルになり、韓国のほか世界数か国で上演されました。日本版の主役は神田沙也加で、キャスト陣には歌手や声優、宝塚歌劇団出身者などの実力派が勢ぞろいしています。日本版ならではの俳優や演出家の個性が光る作品に期待が寄せられています。東京日比谷シアタークリエの他、大阪やその他全国での公演が予定されています。

大ヒット映画のミュージカルが日本初上陸

【画像:ThinkStock

2001年に公開された、ブロンド娘の痛快サクセスムービー「キューティブロンド」のミュージカルが日本上演です。

主人公のエル・ウッズ役は神田沙也加で、2017年3月から4月に日比谷シアタークリエで上演されます。

キューティーブロンドの魅力は全米のほか世界へ

キューティブロンドは、金髪のあまり賢くない女性のジョークを逆手にとった作品です。ブロードウェイでトニー賞7 部門ノミネート、ウエストエンドではオリヴィエ賞3部門を受賞しました。

アメリカでは2001年に上映されてから6週間、トップテン入りしています。

キューティブロンドの主人公エルは、恋もオシャレも勉強も全力投球で、すべての女性に勇気を与えてくれる作品としてアメリカだけでなく、日本や韓国でも人気になり海外版のミュージカルが上演されました。

日本ではアメリカ上映の翌年の2002年に上映され、週末興行成績は初登場で10位となっています。

その後のミュージカル版のオリジナルでは舞台女優のローラ・ベルバンディが主役のエルを演じ、共演者のキャストにはクリスチャン・ボールやアナレフ・アシュフォードが名を連ねています。

ミュージカルでは音楽が重要な役割を果たしますが、「Omigod You Guys」や 「So Much Better」など、ポップで聴き心地の良い楽曲に恵まれました。

ベルバンディは、キューティーブロンドへの出演で優秀なブロードウェイ作品に与えられるトニー賞にノミネートされています。

韓国版キューティーブロンドはアジア初

韓国では2009年から13年まで海外版ミュージカルでアジア初となる公演がされました。主役のエルは少女時代のジェシカ。2009年の韓国版ミュージカルは『金髪がひどい』という名称で、ジェシカはミュージカル初挑戦で話題になりました。

本作品でミュージカル女優としての実力をつけたジェシカは、2012年以降の『Legally Blonde』でもかわいらしく愛嬌たっぷりのエル役を演じています。

『Legally Blonde』は、初回の『金髪はひどい』と同じ内容の作品ですが、ブロードウェイの正式ライセンスを得た海外版公演であることをアピールするために、公式名称を変更しました。

『Legally Blonde』では、ジェシカのほか、f(x)のルナやApinkのウンジがトリプルキャストで演じています。

日本版は実力派がそろった顔ぶれに期待

日本のキューティブロンドの主役は神田沙也加が演じます。神田沙也加は2004年に宮本亜門のミュージカル『INTO THE WOODS』で20倍のオーディションで勝ち残った実力派です。

現在はミュージカルや舞台を中心に活躍の場を広げています。キャストには、エメット役を佐藤隆紀、ワーナーを植原卓也、ポーレットを樹里咲穂、ヴィヴィアンを新田恵海、ブルックを木村花代、キャラハンを長谷川初範がそれぞれ演じます。

歌手や声優、宝塚歌劇団出身者など多彩な顔ぶれが勢ぞろいして、オリジナルの世界観を生かしつつ見応えのあるミュージカルになりそうです。東京日比谷シアタークリエの他、大阪やその他全国で公演が予定されています。

日本版キューティブロンドのミュージカルは単なるブロードウェイの焼き直しではなく、オリジナルの世界観を保ちつつも俳優や演出家の個性が光る作品になりそうです。舞台女優として活躍する神田沙也加のエルも見逃せません。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。