シルクドゥソレイユ オーヴォがヤバいとtwitterで絶賛の嵐!

シルク・ドゥ・ソレイユといえば「太陽のサーカス」という意味を持つカナダを拠点に活動する世界的なパフォーマンス集団です。大きな反響を呼び大好評で既に100万人以上を動員!そこで今回は「オーヴォ」を観劇したファンの皆様の感想をご紹介します。

シルク・ドゥ・ソレイユといえば「太陽のサーカス」という意味を持つカナダを拠点に活動する世界的なパフォーマンス集団です。

サーカスを芸術の域にまで高めたエンターテイメント性や人間技とは思えないほど難易度の高いパフォーマンスを次々と繰り出す事で知られています。日本でも1992年から全国でツアー公演が行われていてシルク・ドゥ・ソレイユの名は日本中に知れ渡っていますよね。

シルク・ドゥ・ソレイユは昨年2月から現在まで「オーヴォ」の東京・大阪・名古屋・福岡・仙台の5箇所でツアーを開催しています。東京・大阪・名古屋は公演が終了しましたが大きな反響を呼び大好評で既に100万人以上を動員しています。

そこで今回はシルク・ドゥ・ソレイユ「オーヴォ」と既に観劇してきたファンの皆様の感想をご紹介させていただきます!

シルク・ドゥ・ソレイユ「オーヴォ」ってどんな内容?

それではまずシルクドゥソレイユ「オーヴォ」の内容についてお話しさせていただきましょう!

タイトルのオーヴォというのはポルトガル語で卵を意味する言葉です。オーヴォではミクロの世界を生きる虫たちの生活を非常に高い芸術性と、シルクドゥソレイユの圧巻のパフォーマンスで描き出します。

カラフルな姿をした沢山のキャラクターが登場し大人も子供も楽しめるシルクドゥソレイユ初のファンタジー作品なので、長い間シルク・ドゥ・ソレイユのファンだった方も最近興味を持ち始めたという方も一度は見てみることをおススメします。

最後まで見終わった後には覚めやらぬ興奮と共に、命の素晴らしさに触れて感動してしまいますよ。

シルク・ドゥ・ソレイユ「オーヴォ」はどの演目も見逃せない!

シルク・ドゥ・ソレイユの「オーヴォ」はオープニングやフィナーレも含めて全部で12もの演目があり、そのどれもで極めて美しい芸術性や目を疑うような難度の高いパフォーマンス、そしてアクロバットなどを息つく暇もなく堪能することができます。

働きアリ達がフッド・ジャグリングしたりする「アンツ」やコガネムシ達が見せてくれるダイナミックな空中ショーである「フライング・アクト」、一匹のクモがたった一本のワイヤーロープの上で一輪車を操ったりする「スラックワイヤー」などは、見に行った観客の評価が非常に高いパフォーマンスなのでぜひ注目してください。

それだけでなく、かわいらしい虫たちの生活やラブストーリーなど、命を紡ぎだす日々の生活なども描かれていて、心温まるハートフルな内容も見逃せませんね。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。