シルク・ドゥ・ソレイユ『キュリオス』日本公演決定!お台場ビッグトップで上演される東京公演を解説

2年に一度のペースで日本公演を行っているシルク・ドゥ・ソレイユのビッグトップツアーの新演目が決定しました!シルク・ドゥ・ソレイユ日本公演の次回作のタイトルは、『キュリオス』。2018年2月の東京公演を皮切りに、大阪、名古屋、福岡、仙台をまわります。今回は、シルク・ドゥ・ソレイユの次回作『キュリオス』東京公演について、日程などの公演概要、お台場ビッグトップの情報、演目内容や見どころなどをまとめます。はたして、シルク・ドゥ・ソレイユの次回作『キュリオス』はどのような世界観のストーリーになるのでしょうか?

シルク・ドゥ・ソレイユ次に日本にやってくる演目は、『キュリオス』!

【画像:フリー画像AC

超人的な技と、作りこまれた世界観が魅力のシルク・ドゥ・ソレイユ。2年に一度のペースで日本公演を行っているシルク・ドゥ・ソレイユのビッグトップツアーの新演目が決定しました!シルク・ドゥ・ソレイユ日本公演の次回作のタイトルは、『キュリオス』。2018年2月の東京公演を皮切りに、大阪、名古屋、福岡、仙台をまわります。

今回は、シルク・ドゥ・ソレイユの次回作『キュリオス』東京公演について、日程などの公演概要、お台場ビッグトップの情報、演目内容や見どころなどをまとめます。

シルクドゥソレイユの他のオススメ記事

シルク・ドゥ・ソレイユ『キュリオス』東京公演日程

まずは、シルク・ドゥ・ソレイユ『キュリオス』のスタート地である、東京公演の概要をまとめます。日程と公演数をチェックしましょう!

日程

2018年2月7日(水) ~ 4月8日(日) 全83公演

会場

お台場ビッグトップ (東京都江東区青海1丁目 R街区)

シルク・ドゥ・ソレイユ『キュリオス』東京公演会場:お台場ビッグトップ

続いて、シルク・ドゥ・ソレイユ『キュリオス』東京のために設置される「お台場ビッグトップ」についてまとめます。設置場所や座席の配置などを見ていきましょう。

アクセス

住所:東京都江東区青海1丁目 R街区

電車:ゆりかもめ「台場」駅 徒歩5分 / りんかい線「東京テレポート」駅 徒歩7分

座席

お台場ビッグトップの座席は、ステージを囲むようにぐるりと円形に座席が配置されているのが特徴。ステージに対して、A~Gのブロック別に分かれています。

ステージ正面がDブロック。AブロックとGブロックが左右の端のブロックということになります。B~F席はSS席扱いで、その中でもC/D/Eブロックの最前方はオリジナル特典付きのSS席となっています。AブロックとGブロックについては、前方と後方正面寄りの席がS席、後方の端の方の席がA席と券種が分かれています。

シルク・ドゥ・ソレイユ『キュリオス』どんな演目?見どころは?

シルク・ドゥ・ソレイユ『キュリオス』は、シルク・ドゥ・ソレイユ創設30周年を記念したスペシャルな作品。舞台は、19世紀の産業革命時代を彷彿とさせる、近未来的な機会の世界。いわゆるスチームパンクと呼ばれる雰囲気で、イマジネーション豊かな独特の世界観が展開されていきます。

ストーリーの主人公は、シーカー。目に見えない世界が存在すると信じているシーカーは、機械の世界に足を踏み入れます。風変りなキャラクターたちと想像力。観客たちは、不思議な世界へと誘われていきます。それでは、各演目を簡単にご紹介していきましょう。

カオス・シンクロ1900(オープニング)

停車した機関車の中から、19世紀からやってきたさまざまな乗客が降りてきます。色とりどりのキャラクターによる、アクロバットやパーカッションなどのお祭りムードが一気に客席を『キュリオス』の世界へと導いていきます。

ロシアン・クレードル

力持ちの男と磁器の顔を持つ人形がオルゴールから飛び出し、動き出します。地上約4メートルに設置された装置の上で、男性が女性を空中に投げ、様々な宙がえりが披露されていく大技。

エアリアル・バイシクル

空中に吊るされた状態で魅せる技、エアリアル。『キュリオス』のエアリアルは、なんと吊るされた自転車の上。次から次へと信じられないような体勢が繰り出されていきます。

透明サーカス

あたかもそこに本物の軽業師がいるかのように、音とビジュアルだけで再現されていく伝統的なサーカス。風変わりなリングマスターが見事に演出していく、ユーモラスな世界を堪能してください。

コントーション

「機械仕掛けの手」の上で深海生物たちが魅せる人間ピラミッド。

バランシング・オン・チェア

椅子をいくつも積み上げて、バランスを取る男。芸術的ともいえるその美しさは感嘆するばかり。

ローラ・ボーラ

小さなプロペラ機で優雅に到着した恐れ知らずのパイロット。彼は、振り子のように揺れ動く装置の上に組み合わされた仕掛けの上で、見事なバランス感覚をみせます。

アクロネット

大きなネットを使った、トランポリンの技をみせるダイナミックな演目。会場全体を覆うほどのスケールは、『キュリオス』の見どころのひとつ。

コミック・アクト

シルク・ドゥ・ソレイユの演目に欠かせない、ユーモラスなひととき。客席からステージに上げた女性を誘惑しようと奮闘します。

エアリアル・ストラップ

リボンにぶら下がった状態で宙を舞う、体がつながった状態の双子。力強く官能的に空中を動き回る2人の世界も、見どころのひとつです。

ヨーヨー

時の案内人が操るのは、2つのヨーヨー。懐中時計に見立てたヨーヨーは、巧に操る様子には呆然とするばかりです。

シアター・オブ・ハンズ

スクリーンとなった熱気球に、指だけで表現された冒険が映し出されていきます。シルク・ドゥ・ソレイユの豊かな発想力が溢れ出る、『キュリオス』ならではの演目。

バンキン

ステージだけでなく、客席でも展開されるアクロバットと人間ピラミッド。シルク・ドゥ・ソレイユらしいダイナミックな演目。

フィナーレ

『キュリオス』の世界は、どのように幕を閉じるのか?それは自分自身の目で見届けてください。

 

シルク・ドゥ・ソレイユ『キュリオス』が待ちきれない!

2018年2月からスタートする、シルク・ドゥ・ソレイユの次回作『キュリオス』東京公演についてまとめてきました。日程などの公演概要や、お台場ビッグトップの情報、演目や見どころなどを簡単にご紹介しましたが、まだまだ全貌は本番まで分かりません。シルク・ドゥ・ソレイユらしい豊かなイマジネーションが爆発し、世界中で大絶賛を浴びている『キュリオス』。必見です!

シルクドゥソレイユの他のオススメ記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。