間もなく開幕!劇団四季クレイジーフォーユーの魅力に迫る!

劇団四季のファン待望のラブコメディー・ミュージカル「クレイジーフォーユー」(以下、CFY)が、3年半ぶりに帰ってきます!今回は、「クレイジーフォーユー」特集。この3年半、再演を待ち望んでいたファンは、時を埋めるべく一緒におさらいしましょう!

劇団四季のファン待望のラブコメディー・ミュージカル「クレイジーフォーユー」(以下、CFY)が、3年半ぶりに帰ってきます!

“恋とタップとガーシュウィン”と銘打たれたミュージカルは、ストーリ、ダンス、音楽と、どれをとっても名作ですよね!

今回は、「クレイジーフォーユー」特集。この3年半、再演を待ち望んでいたファンは、時を埋めるべくおさらい!開幕までまだ少しあるので、CFYを動画や画像を観ながら、3つのキーワード“恋”と“タップ”と“ガーシュウィン”を読み込んで、気持ちを高めていきましょう!

劇団四季「クレイジーフォーユー」のあらすじを確認!

CFYの面白さと言えば、炭鉱街の劇場オーナーの娘ポリーを振り向かせることに必死なボビーが右往左往するラブコメディーですね。それでは早速、その内容を振り返ってみましょう!

時は、1930年代、ニューヨーク。銀行の御曹司、ボビー・チャイルドは、踊ることに夢中でした。ある日、銀行の仕事で訪れたデッドロックでポリーに出会います。彼女に一目惚れしたボビーに彼女も次第に心惹かれていきました。

ところが、ポリーは、ボビーが差し押さえに来た劇場のオーナーの娘だと判明。ショーを上演して劇場を救おうと彼女に提案しますが、その申し出は拒絶されてしまいます。諦めがつかないボビーは、大プロデューサー“サングラー”に変装して、再度、訪れ、ショーを行うと宣言。しかし、ポリーは“ザングラー”を本物と思い込み、話はどんどんおかしな方向へ……そんなラブコメディーです。

今回の公演のCMがあるのでぜひ見てみてくださいね!

ガーシュウィン・メロディが劇団四季「クレイジーフォーユー」の世界を彩る!

CFYの音楽って、どこかで聴いたことある曲がところどころ入っていて「この曲、知ってる!」と気が付くことが多いですよね!

それもそのはず!CFYで使用されている音楽は、アメリカの偉大なる作曲家、ガーシュウィン兄弟によって全編が彩られているからです!

ガーシュウィン兄弟が1930年代に発表したミュージカル「ガール・クレイジー」をベースに、未発表曲や、スタンダードナンバーを加えて新しいミュージカルとして構成されました。

思わずリズムを取りたくなる「I Got Rhythm」や、静かに聴き入りたくなる「Someone To Watch Over Me」、CFYの顔とも言える「K-ra-zy for You」は本当に良い曲ですよね!

2010年の公演のCMでは、ガーシュウィンの音楽がたっぷり聴けるので、見てみましょう!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。