【大阪公演】劇団四季『キャッツ』大阪公演の猫は誰?キャストや気になる3つの見どころ

大阪四季劇場にて、2016/7/16(土)より、待ちに待った『キャッツ』の公演が決定しました。ここでは、劇団四季『キャッツ』大阪公演の見どころをご紹介します。

大阪四季劇場にて、2016/7/16(土)~2017/3/31(金)の期間で待ちに待った『キャッツ』の公演が決定しました。

当初発表されていた公演期間(7/16~11/30)分のチケットが好評ということで、公演期間を3ヶ月延長。全国のキャッツファンもこの舞台を見られるチャンスがアップしましたね。

1983年の初演から長きに渡り愛され公演を重ねている劇団四季『キャッツ』ですが、大阪公演はこれで13年ぶりの4回目となります。ここでは、劇団四季『キャッツ』大阪公演の見どころをご紹介します。

劇団四季『キャッツ』大阪公演のキャストはどうなる?

公演場所ごとに、変更されるキャッツのキャスト。開幕後メンバーが途中で変更になることもありますが、さて大阪にて幕が開いた時点のキャストはどうなっているでしょうか?

4/14(木)のプロ野球・阪神対DeNA戦(甲子園)の始球式にて、劇中衣装で登場したキャストは以下のメンバー。

この時点では、グロールタイガー役に飯田洋輔さん、グリドルボーン役に小林由希子さん、ラムタムタガー役に飯田達郎さん、ディミータ役に相原萌さん、ボンバルリーナ役に花田菜美子さん。

決してこのキャストで決定ではなく、あくまで「出演候補キャスト」です。

Twitter上ではこの飯田兄弟はそのまま開幕メンバーに選ばれるのかどうか不安という声もありました。プライベートでも仲のいい飯田兄弟の2012年のキャッツ広島公演以来の共演の実現を期待したファンが多かったようですね。

そしてキャッツファンとしては10年間アンサンブルキャストで下積みをされた、キャッツに思い入れの深い大阪が大好きという花田さんのボンバルリーナ役を実際に見てみたいという声もありました。

では、実際の初日キャストはどうだったのかを振り返ってみましょう。

初日(2016年7月16日キャスト)

  • グリザベラ:木村智秋
  • ジェリーロラム=グリドルボーン:奥平光紀
  • ラム・タム・タガー:西尾健治
  • ミストフェリーズ:一色龍次郎
  • スキンブルシャンクス:カイサー タティク
  • オールドデュトロノミー:飯田洋輔 など

残念ながら、開幕で飯田兄弟共演とはなりませんでした。現在も、飯田達郎のラム・タム・タガーはまだ登場していません。全体としても、半分以上が新しいキャストだったということで、ファンを驚かせたようです。

なお初日以降、代表曲『メモリー』を歌うグリザベラ役には、木村智秋の他に松本菜緒も登場していますし、他の役も大体それぞれ2~3人のキャストが登場しているようです。

劇団四季『キャッツ』地方公演ならでは! 地域色の出る舞台の「ゴミ」をチェック

『キャッツ』のコアな楽しみ方といえば舞台演出上の「ゴミ」。

ゴミとは、猫たちが集う都会のゴミ捨て場を表現する舞台の小道具のことで、舞台上に無造作に積み上げられています。よくよくみるとその開催地に関連したものがゴミとして置かれています。

その数たるや毎回20種類ほど! 細やかで楽しい趣向ですね。

今回は大阪公演ということで、おそらく大阪ゆかりのもので構成されるのではないでしょうか? 前回は、阪神のメガホンや大阪ローカルタウン誌、タコ焼き機などが観客の目に止まりましたが、今回はどんなゴミが劇団四季『キャッツ』の世界観を構築するカケラとなるのか、ファンが密かに期待するポイントでした。

あらゆる所で思い思いの猫演技を見せてくれるキャストに、ゴミも気になります。今回は、阪神タイガースのマグカップやたこ焼き器など、ご当地ゴミは15点くらいあるようですよ。上演中注目すべきところが多くなりそうです。少し早く会場に行って、あれこれ探索してみてください。

劇団四季『キャッツ』屈指の盛り上がりどころである「スキンブルナンバー」

鉄道を愛し、鉄道運行の無事を願って骨身を惜しまず働く、スキンブルシャクスは、『キャッツ』の中でも人気が高いキャラクターです。

彼のナンバーは全員が参加する勢いとノリが良い気持ちのいいもので、劇団四季『キャッツ』ではお馴染みの、観客が手拍子をして盛り上げる場面ですが、札幌公演では皆楽しそうに拍手する反面、「スキンブル シャンクス レイルウェイ~」の変拍子になったとたん拍手が気弱になる場面もありました。

また、冒頭いきなり8分の13拍子というかなりの変拍子から入るスキンブルナンバーにも臆せず入っていけるツワモノの常連率も気になります。

さて大阪のキャッツファンはどれだけスキンブルナンバーの拍手でキャストを後押しすることができるでしょうか?ノリの良さでは日本屈指の関西人ですので、きっと毎回大盛り上がりをみせていてくれるでしょう。実際に会場に行って確かめてきてください。もちろん、率先して盛り上がってくださいね!

なお、大阪公演でのスキンブルシャクス役のキャストは、今のところカイサー・タティクと北村優のようです。

劇団四季『キャッツ』他のオススメ記事

待望の『キャッツ』大阪公演に行こう!

新キャスト、ご当地感溢れる舞台美術、スキンブルナンバーの盛り上がりなど、劇団四季『キャッツ』の大阪公演、見どころをあげていくとキリがないほどに、魅力満載のステージになっています。『キャッツ』や劇団四季をよく知る方はもちろん、ミュージカル未経験の方にも強くおすすめしたい公演になっています。

劇場に足を踏み入れるだけで味わえる非日常空間、難解なストーリーはなく、華やかなショーをつなげたような飽きることのない構成、歩き方から仕草まで、猫そのものにしか見えないキャストの動き、あらゆるタイプの楽曲を歌いこなし、あらゆるタイプのダンスを踊りこなすキャストたちのテクニックなど、ミュージカルの醍醐味が詰まったような作品、それが『キャッツ』なのです。

それでいて、『メモリー』では思わず涙が溢れてしまう……そんな、心振るわせる感動作でもある最強のミュージカル『キャッツ』。このチャンスにぜひとも足を運んでみてくださいね。ぜひ劇場で鑑賞しましょう!劇団四季『キャッツ』のチケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。