キャバレー出演の長澤まさみさん歴代の出演作品をまとめてみた

東宝シンデレラオーディションで見事グランプリをとり、女優デビューをした長澤まさみさん。これまで多くの出演作品がありますが、逆にどの作品を見ればいいのか分からない方も多いのではないでしょうか。そんな方のためにこの記事では長澤まさみの演技がぴか一光る、おすすめの出演作品をご紹介します。

東宝シンデレラオーディションで見事グランプリをとり、女優デビューをした長澤まさみさん。

これまで多くの出演作品がありますが、逆にどの作品を見ればいいのか分からない方も多いのではないでしょうか。

そんな方のためにこの記事では長澤まさみの演技がぴか一光る、おすすめの出演作品をご紹介します。

初主演、新人俳優賞受賞!長澤まさみさんがTHE女優としてのスタートをきった作品、「ロボコン」とは?

2000年の「クロスファイア」でデビューした長澤まさみさんの初主演は、その三年後での映画「ロボコン」です。

当時16歳の彼女の周りでは小栗旬、伊藤淳史などといった実力俳優がそろった作品になっています。しかし、長澤まさみのすごいところというと、初主演作品、かつ豪華キャスト陣にものまれることのない圧巻の演技。

舞台が高校ということもあり、終始さわやかな気持ちで鑑賞できる作品になっています。この作品で長澤まさみさんは第27回日本アカデミー賞新人俳優賞などを受章しました。

女優としてのキャリアは10代のころから始まっていたということができますね。

コメディだって、実はできる。長澤まさみさんが演技の幅を見せつけた「Like Dorothy」とは?

世界の中心で愛を叫ぶなどに出演した印象の強い長澤まさみさん。デビューした経緯を踏まえると、あまりコメディなどは得意ではないイメージがあります。

しかし、その世間のイメージを一気に払しょくさせたのがこの作品。片桐仁さんや塚地武雄さんなどの出演するこの舞台はオズの魔法使いからインスピレーションを得て劇作家・演出家の倉持裕さんが書き下ろした作品です。

登場人物1人1人の個性が際立っており、飽きることなく楽しめる舞台になっています。又、長澤まさみさんの衣装は出演者の中でも特にかわいいので大注目です。

長澤まさみさんが可愛らしいのに、どうにもならない切なさが胸をよぎる。「涙そうそう」とは?

2006年にTBS開局50周年記念で作成された「涙そうそう」で長澤まさみさんは妻夫木聡さんの相手役として主演女優を務めました。

有名な歌である涙そうそうをモチーフにしたこの作品では長澤まさみさんは可愛らしい女性として描かれており、それでいてストーリーが進むうちに切なくて涙が止まらない、純愛の美しさをこの上もなく体験できる素晴らしい作品になっています。

奇をてらったエンディングではないため、余計に演技の上手下手がよく見えてしまう構成になっており、一歩間違えると陳腐に見えてしまう王道なエンディングは主演の二人の演技でどんな人が見ても満足できる作品になっています。

長澤まさみさんが主演じゃないのに、有名作品。脇役でも演技が光る「モテキ」とは?

2011年に森山未來さんが主演で開封された映画、モテキ。実はこちらの作品、長澤まさみは主演ではありません。森山未來さんの相手役であり、一番好きになってしまうというとても魅力的な女性を演じています。

こちらの作品はもともと大人気ドラマであり、人気が高じて映画化されました。ドラマと違い、映画という短い時間ではありますが、だれが見ても満足できる作品になっています。

また、長澤まさみさんはこの作品でロングヘアをバッサリ切ってショートカットになっており、もともとの小顔が際立つチャーミングな女性になっているので、そこも注目です。

まだまだ活躍する長澤まさみさんに今後も期待ですね!

年齢によって、また、作品によって全く違う雰囲気に変身する長澤まさみさん。これから出演する作品を楽しむことはもちろん、これまでの作品の違いや、同じところを見つけて楽しむのも面白いのではないでしょうか?チケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。