長澤まさみ主演舞台「キャバレー」の日程・会場・座席表情報まとめ

長澤まさみをヒロインに再演されることが発表された、松尾スズキ版『キャバレー』。今回は、『キャバレー』の主要会場東京会場となるEX THEATER ROPPONGIと、KAAT神奈川芸術劇場 ホールについてと、座席表について解説します。各会場で『キャバレー』を楽しむために、座席表をチェックしましょう!

松尾スズキ演出、小池徹平と長澤まさみ主演「キャバレー」再演!あらすじと魅力を徹底解説!

【松尾スズキ版「キャバレー」再び!】

長澤まさみをヒロインに迎え、再び上演されることが発表された、松尾スズキ版『「キャバレー」。10年前に演劇界を大きく湧かせた話題作が再び観られるとあって、演劇ファンの期待は高まるばかりです。

今回は、舞台「キャバレー」の公演が行われる東京・横浜・大阪・仙台・愛知・福岡の各会場について、上演日程や座席表、アクセス情報をまとめていきます。

【「キャバレー」の作品概要と日本での上演】

クリストファー・イシャウッドの小説「ベルリン物語」と、ジョン・ヴァン・ドゥルーンの戯曲「私はカメラ」を原作に、1966年にミュージカル化された『「キャバレー」』。

1166回もの上演を重ねたロングラン公演となり、演劇界で最も名誉ある賞、トニー賞を6部門獲得する名作となりました。72年には映画化もされ、アカデミー賞を8部門で獲得するという、今や世界的にも有名な作品であることは間違いありません。

「キャバレー」は、日本でも様々なキャストによって演じられており、2007年に松尾スズキさん演出で上演された舞台では、松雪泰子さん、阿部サダヲさん、森山未來さん、星野源さんなど豪華キャスト陣が名を連ねたことも話題となりました。

【舞台「キャバレー」の上演日程】

2017年1月より上演される舞台「キャバレー」は、東京EXシアター六本木を皮切りに、横浜・KAAT神奈川芸術劇場、 大阪・フェスティバルホール、仙台・サンプラザホール、愛知・刈谷市総合文化センター、福岡・サンパレスホールで公演が行われます。

追加公演・再追加公演の発表も行われていますので、改めて日程についてまとめていきます。(公演日程は1月17日現在のものとなります)

<東京>EXシアター六本木
・1月11日(水) 18:30
・1月13日(金) 18:30
・1月14日(土) 13:30/18:30
・1月15日(日) 13:30/18:30(追加公演)
・1月16日(月) 18:30
・1月17日(火) 13:30
・1月18日(水) 13:30/18:30
・1月20日(金) 13:30/18:30
・1月21日(土) 13:30/18:30
・1月22日(日) 13:30

<横浜>KAAT神奈川芸術劇場
・1月26日(木) 18:30
・1月27日(金) 13:30
・1月28日(土) 13:30/18:30
・1月29日(日) 13:30

<大阪>フェスティバルホール
・2月3日 19:00(追加公演)
・2月4日 13:00/18:00
・2月5日 13:00/18:00(再追加公演)

<仙台>サンプラザホール
・2月10日(金) 18:30
・2月11日(土) 12:00/17:00
・2月12日(日) 12:00/17:00

<愛知>刈谷市総合文化センター 大ホール
・2月17日(金) 19:00(追加公演)
・2月18日(土) 13:00/18:00
・2月19日(日) 13:00

<福岡>サンパレスホール
・2月24日(金) 18:30
・2月25日(土) 12:00/17:00
・2月26日(日) 12:00
(引用:パルコステージ公演情報)

【舞台「キャバレー」<東京>EXシアター六本木の座席表・アクセス情報】

テレビ朝日が運営する「EXシアター六本木」。2013年にオープンしたばかりの新しい劇場・ライブハウスで、各種ライブやミュージカル、落語・歌舞伎など様々なジャンルの公演が行われています。

EXシアター六本木の座席表・良席解説

EXシアター六本木は、音楽ライブとして1階席をスタンディングで使用するほかに、座席を配置した状態で演劇用にシーティング使用することもできることが大きな特徴となっています。

シーティングでは最大920人を収容することが可能となっており、1階席(B3階)と2階席(B1階)にそれぞれ座席が配置される形となっています。スタンディング・シーティング両方に対応している会場ではありますが、簡易椅子が並べられるわけではなく、 引き出し式のしっかりとした座席が用意されているので座り心地は普通の劇場とほぼ変わりません。

1階席・2階席ともに傾斜がつけられており、どの席からもステージが観やすい構造となっています。また収容人数が900人ほどの比較的小規模な劇場であるため、1階の後方や2階席であっても、ステージから遠いと感じることは少ないはずです。ただ、ステージ全体を捉えることができ、なおかつキャストの細かい表情を楽しむことができるという意味では、1階E~N列あたりの中央付近が特にも良席であると考えられます。

EXシアター六本木へのアクセス

EXシアター六本木の最寄り駅は日比谷線・大江戸線の「六本木」駅で、地上に出てから会場まで徒歩5分という好アクセスを誇ります。

・日比谷線&大江戸線 六本木駅から徒歩5分
・千代田線 乃木坂駅から徒歩8分
・南北線 麻布十番駅から徒歩11分
・都バス 渋谷⇔新橋 都01系統『EXシアター前』降りてすぐ
(EXシアター六本木公式サイトhttp://www.ex-theater.com/より引用)
(引用:)

住所:東京都港区西麻布1-2-9

【舞台「キャバレー」<横浜>KAAT神奈川芸術劇場 ホールの座席表・アクセス情報】

みなとみらい線・日本大通り駅より徒歩5分に位置しているホールで、シックな内装が印象的なKAAT神奈川芸術劇場。可変型の客席や施設機能を生かし、ミュージカルや演劇、ダンスなどの公演に利用されています。

KAAT神奈川芸術劇場 ホールの座席表・良席解説

KAAT神奈川芸術劇場 ホールの座席数は最大で1,156席(イス付き立見席・立見席・車椅子席を除く)となっており、1階:747席、2階:189席、3階:220席という構成になっています。

美術セットによってはサイドの席だと見えにくくなるため、開放しないことも少なくありません。 パリ・オペラ座などのように、ステージに対して囲むように座席が配置されており、ステージとの距離が近く感じられる構造になっています。

どの座席からでも十分楽しめることに変わりありませんが、キャストの細かな表情を楽しむという意味では、1階の5列~14列付近の中央ブロックが良席であると考えられます。

KAAT神奈川芸術劇場 ホールへのアクセス

・みなとみらい線 日本大通り駅 3番出口より徒歩5分
・みなとみらい線元町・中華街駅 1番出口より徒歩8分
・横浜市営地下鉄ブルーライン 関内駅より徒歩14分
・JR根岸線関内駅または石川町駅から徒歩14分
・市営バス「芸術劇場・NHK前」下車すぐ
(引用:KAAT神奈川芸術劇場公式サイト)

住所:神奈川県横浜市中区山下町281

【舞台「キャバレー」<大阪>フェスティバルホールの座席表・アクセス情報】

国内にあるホールの中でも音響の良さに定評があり、「音響家が選ぶ優良ホール100選」にも選出されているフェスティバルホール。音響の良さを生かし、各種コンサートが行われているほか、舞台やミュージカルも多数上演されています。

フェスティバルホールの座席表・良席解説

フェスティバルホールは、収容人数が最大で2,700人となっており、1階:1,544席(BOX席81席含む)、2階: 564席、3階: 560席、バルコニーBOX:32席が設置されています。

ここまでにご紹介した会場と比較しても2~3倍の座席数であることが分かります。そのため1階の後方や2階・3階席の場合はステージからの距離を感じてしまうケースが出てくるかもしれません。そうした席で観劇する場合は、オペラグラスの持参をおすすめします。

1階~3階までしっかりと傾斜が設けられているため、前の人が視界を遮るケースは少ないと考えられますが、出演者の表情や細かいしぐさなども楽しみたいという方は、できるだけ前方(5列目~20列目の中央付近、1階のBOX席)の座席がおすすめです。

フェスティバルホールへのアクセス

・京阪中之島線「渡辺橋」駅下車12番出口直結
・地下鉄四つ橋線「肥後橋」駅下車4番出口直結
・JR「大阪」駅桜橋口より徒歩11分
・地下鉄御堂筋線・京阪「淀屋橋」駅下車7番出口より徒歩5分
・JR東西線「北新地」駅下車11-5番出口より徒歩8分

※なお、「肥後橋」駅4番出口は大阪市営地下鉄バリアフリー工事のため2017年春(予定)まで利用できません。そのため、2番出口(徒歩2分)、1-A出口(徒歩2分)を利用する形となります。
(引用:フェスティバルホール公式サイト)

住所:大阪府大阪市北区中之島2-3-18

【舞台「キャバレー」<仙台>サンプラザホールの座席表・アクセス情報】

東北最大級の円形多目的ホールとして知られているサンプラザホール。コンサート、講演会、展示会場・パーティーなど様々なステージを構成することができ、あらゆる用途に対応できるホールとなっています。

サンプラザホールの座席表・良席解説

サンプラザホールの座席数は最大で2,054席(コンサートステージパターンの場合)となっており、1階:914席、2階:373席、3階:767席という構成になっています。

円形のホールであるため、どの席からも見やすい印象がありますが、ステージ両端に近い席は、角度がつくため多少見づらいいと感じるケースが出てくるかもしれません。2階・3階の前列でも出演者の顔を見ることができるという声もあり、全体的に見やすい構造であると言えるかもしれません。

ただ、1階席は2階・3階と比べるとあまり列ごとの傾斜が設けられていないため、特にも後方席の場合は、前の人が視界を遮ってしまうケースが出てくるかもしれません。1階の後方席よりは、2階や3階の席が良席であると考えられます。1階の場合はできるだけ前列の中央付近の席がおすすめです。

サンプラザホールへのアクセス

・JR仙石線仙台駅~(約3分)~榴ヶ岡駅下車出入口2すぐ
(JR仙台駅仙石線のりば9・10番線、松島海岸・石巻方面行[各駅停車])
・仙台市営地下鉄東西線 宮城野通駅下車徒歩12分
・仙台市営地下鉄東西線 連坊駅下車徒歩12分
・市営バス 仙台駅~(約10分)~新寺四丁目サンプラザ入口下車徒歩5分(JR仙台駅西口バスプール4番のりば、鶴巻小学校行き他)
(引用:サンプラザホール公式サイト)

住所:宮城県仙台市宮城野区榴岡5-11-1

【舞台「キャバレー」<愛知>刈谷市総合文化センター 大ホールの座席表・アクセス情報】

「アイリス」の愛称で市民に親しまれている刈谷市総合文化センター。大ホールはプロセニアム形式となっており、各種コンサート・舞台を中心に、市民の芸術文化活動の拠点として様々なイベントが行われています。

刈谷市総合文化センターの座席表・良席解説

大ホールの座席数は最大で1,541席となっており、1階:1186席、2階:355席が設置される形となっています。

1階・2階それぞれの座席数内訳をみても分かるように、座席の多くが1階に設置されています。そのため、後方席の場合はステージとの距離を多少感じてしまう可能性もあります。ただ、列ごとの間隔が広く設けられており、傾斜もしっかりととられているため、どの席でもストレスなく観劇できます。

ただ、そのなかでステージ全体を捉えることができ、なおかつキャストの細かい表情を楽しむことができるという意味では、1階の中央ブロックおよび後方ブロックの最前列(11~21列)が特にも良席であると考えられます。

刈谷市総合文化センターへのアクセス

・JR東海道本線・名鉄三河線 刈谷駅南口よりウイングデッキ直結徒歩3分
・伊勢湾岸自動車道豊明ICより約20分・豊田南ICより約25分 ※610台収容可能な専用駐車場が設置されています
(引用:刈谷市総合文化センター公式サイト)

住所:愛知県刈谷市若松町2-104

【舞台「キャバレー」<福岡>サンパレスホールの座席表・アクセス情報】

九州のなかでも最大規模を誇るコンサートホールであり、ホテルに隣接する形となっている福岡サンパレス。舞台や各種コンサートはもちろんのこと、講演会などにも利用される多目的ホールです。

福岡サンパレスの座席表・良席解説

大ホールの座席数は、最大で2,316席となっており、1階:1468席、2階:360席、3階:488席、車椅子:6席が設置される形となっています。

どの席からも比較的見やすい印象ではありますが、1階の後方席や3階席はステージからの距離を多少感じてしまう可能性もあります。

ステージ全体も眺めつつ、出演者の表情も楽しみたいというバランス重視の方にとっては、1階の前方~中央席、2階の前方中央付近(12列12番~45番あたり)が比較的良席であると考えられます。

福岡サンパレスへのアクセス

・JR博多駅より西鉄バス博多ふ頭行きに乗車→「国際センター・サンパレス前」より西鉄バス中央ふ頭行きに乗車→「国際会議場・サンパレス前」で下車
・車の場合:福岡市都市高速築港ランプより約2分
(引用:福岡サンパレス公式サイト)

住所:福岡県福岡市博多区築港本町2番1号

キャバレーのオススメ記事はこちら

ミュージカル『キャバレー』出演決定!小池徹平の過去出演舞台まとめ

長澤まさみ主演!松尾スズキ演出の舞台「キャバレー」の豪華俳優陣が凄い

キャバレー出演の長澤まさみさん歴代の出演作品をまとめてみた20

【舞台「キャバレー」から目が離せない!】

(出典:pixabayより)

今回は、舞台「キャバレー」が上演される各会場の座席表やアクセス情報を中心にご紹介しました。ミュージカルは遠い席でもダンスや隊形の美しさを楽しめるため、「後ろの席が一番」!という方も多いとは思います。ただ、個性的なキャストが勢ぞろいの松尾スズキ版『キャバレー』は、やはりできるだけ舞台から近い席をおさえて、詳細なところまで目を光らせたい舞台と言えるかもしれません。ミュージカル初挑戦となる長澤まさみさんの演技はもちろんのこと、豪華かつ個性的なキャスト陣が松尾スズキさん演出によりどのように料理されるのかといった点も注目ポイント。2017年春は、舞台「キャバレー」から目が離せません!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。