城田優×浦井健治「ブロードウェイと銃弾」2018年東京・大阪・福岡公演決定!

ウディ・アレンの同名映画のヒットから20年後の2014年に同じウディ・アレンの手によって舞台化されたミュージカル「ブロードウェイと銃弾」。その「ブロードウェイと銃弾」が、城田優と浦井健治を主演に迎えて、2018年に東京・大阪・福岡で上演されることが決定しました! このミュージカルの特徴は、アレン作品らしいウイットに富んだストーリーと、ミュージカルの古典的名曲を楽しめること。この大注目のミュージカル「ブロードウェイと銃弾」をご紹介します!

ミュージカル「ブロードウェイと銃弾」2018年上演決定!

名優にして名監督でもあるウディ・アレンの映画「ブロードウェイと銃弾」。それをアレン自らが舞台化した作品ミュージカル「ブロードウェイと銃弾」が2018年2月より、城田優と浦井健治主演で上演されることが決定しました!

1994年公開の映画版、2014年初演のミュージカル版ともにトニー賞の多くの部門にノミネートされるなど話題に事欠かなかったこの「ブロードウェイと銃弾」、果たしてどんな作品なのかを日本上演のキャストとあわせてご紹介します!

原作はアカデミー賞7部門ノミネート、1部門受賞の同名映画

映画「ブロードウェイと銃弾」は1994年に公開されたウディ・アレン監督・脚本(ダグラス・マクグラスとの共同)の作品です。

主役の劇作家デビッド役に「マルコヴィッチの穴」や数多くのアレン監督作品への出演でも知られるジョン・キューザック、チーチ役には「悪魔のような女」や「ユージュアル・サスペクツ」などの代表作のあるチャズ・パルミンテリ。

大女優ヘレン役には今回と同じくウディ・アレン監督の「ハンナとその姉妹」で、アカデミー助演女優賞を獲得したダイアン・ウィースト。

ちなみにこの「ブロードウェイと銃弾」でもアカデミー助演女優賞を獲得しましたが、 2度の受賞は現在の最多タイ記録です。(もう1人の受賞者は「アンネの日記」と「いつか見た青い空」で受賞したシェリー・ウィンタース)。

さらに大根役者のオリーヴを演じたのはジム・キャリー主演の「ライアー・ライアー」などで知られるジェニファー・ティリー、という豪華キャストで制作された映画「ブロードウェイと銃弾」はこの年のアカデミー賞7部門にノミネート。

結果としてはウディ・アレン自身がノミネートされた脚本賞は「パルプ・フィクション」に、監督賞は「フォレスト・ガンプ」のロバート・ゼメキスに敗れはしたものの、アレン作品らしいウイットに富み、さらに現代の風刺にも通じる映画として高い評価を受けました。

ミュージカル版「ブロードウェイと銃弾」のストーリーは

映画のヒットから20年後の2014年、映画版をベースに、ウディ・アレン単独執筆の脚本で舞台化されたのがミュージカル「ブロードウェイと銃弾」です。

1929年、禁酒法時代真っ只中のアメリカ、ニューヨーク。駆け出しの劇作家デビッドはとうとう念願かなって自分の書き下ろし新作「God of Our Fathers」をブロードウェイの舞台にのせる夢を叶えられるところまでこぎつけたところです。

しかし、舞台プロデューサーのジュリアンが舞台資金のスポンサーとして見つけてきたのはマフィアのボスであるニック。もちろんニックがそんな出資に応じたのには自分の若い愛人であるオリーヴを出演させるというもくろみあってのことでした。

もっとも、その肝心のオリーヴは、才能のカケラも感じられないズブの素人以下の使えない役者、さらにニックはオリーヴのお目付け役として自分の片腕のチーチまでをも送り込んでくる始末。

しかし目の上のタンコブと思われたチーチは意外な才能を発揮して、行き詰まりを見せていた舞台に独創的なアイデアをどんどん提供することに。

その一方この舞台の真の主役であるべき、かつての名女優のヘレンは自分よりずっと若くエレンというれっきとした恋人のいるデビッドを誘惑して、もっと「自分を生かす」脚本へと変更を迫り、主演男優で個人的な問題も抱えるワーナーは、チーチの目を盗みオリーヴにちょっかいを出してしまいます。

舞台裏の騒動とは別に、幕を開けた舞台は無事成功を収めるものの・・・

2018年「ブロードウェイと銃弾」の主要キャストは

(出典:photoACより)

ブロードウェイの舞台と、その舞台裏をさらにリアルな舞台の上で演じるというミュージカル「ブロードウェイと銃弾」。さらに描かれている1920年代のアメリカで実際にヒットしたジャズやポップスが数多く取り入れられており、見どころ聴きどころ満載です。

そんな期待のミュージカル「ブロードウェイと銃弾」。いち早く発表になったキャストと役どころを合わせてご紹介していきます!

劇作家デビット役・浦井健治

若き劇作家デビッドを演じるのは第67回芸術選奨新人賞を受賞し、名実共に舞台俳優の道をまい進する浦井健治。2016年大人気コミック「王家の紋章」の主役メンフィスを演じたときのインタビューで

僕は舞台の上には神様がいると思っていて、気を抜いたり、手を抜いたときには見放されると思っています。やはり舞台に立つ者は、本当に誠心誠意務めなければいけないよと言われている気もします。(中略)自分が今できる全てを賭けなければと失礼だろうと思っていて。

(出典: Yahooニュース)

と「役者として常に心掛けていること」を語っていた浦井健治が、どんな演技をこの「ブロードウェイと銃弾」で見せてくれるか期待が高まります。

監視役のマフィア役・城田優

マフィアのボス・ニックの片腕であり、ボスの愛人オリーヴのお目付け役として舞台製作の場に乗り込んでくるものの、意外な才能を発揮して舞台を盛り上げてしまう男チーチを演じるのは、テレビや映画などで活躍する傍ら、東宝ミュージカルや地球ゴージャスの公演などに軒並み出演。

さらに昨年2016年にはブロードウェーミュージカル「アップル・ツリー」の演出も手がけるなど、ますます多分野での活躍を見せている城田優。劇中でチーチが歌う「(Up A) Lazy River」は1930年に世に出たジャズのスタンダードナンバーとしてサミー・ディヴィス・ジュニアを始めとする数多くのシンガーにカバーされた名曲。

その「(Up A) Lazy River」を始めとするミュージカルナンバーもぜひ楽しみにしたいですね!

マフィアの愛人役・平野綾

ニックの愛人にして、「箸にも棒にもかからない」どシロウト役者のオリーヴを演じるのは、声優として、さらに女優としてさまざまな舞台で活躍する平野綾。

東京公演中の「デスノート THE MUSICAL」を見に行った際は

夜神月役・浦井健治さん!
ライトがどんどん崩壊していく様が、もう乗り移られたかのような迫力で圧倒されました!邪悪笑いサイコー!
来年は『ブロードウェイと銃弾』で初共演!よろしくお願いします
(出典: 平野綾公式ブログ)

と感想を述べていた平野綾が、福田雄一演出の下、どんなオリーヴを演じるのかにも注目したいですね!

往年の名女優役・前田美波里

かつては一世を風靡したものの、今では寄る年波相応の衰えとプライドの狭間でもがく女優ヘレンを演じるのは1964年にミュージカル初舞台を踏んで以来、実に50年以上も第一線で活躍を続ける前田美波里。

StarSで浦井健治、井上芳雄と共にユニットを組む山崎育三郎主演の「あいの結婚相談所」でもおせっかい焼きで元歌劇団出身という顔を持つ会計担当の土師野郁江役をのびのび演じていた前田美波里のヘレンにも耳目が集まります!

女癖の悪い男優役・鈴木壮麻

劇団四季を経て、東宝ミュージカルを始めさまざまな舞台やTV、コンサートなどで活躍する鈴木壮麻。ブラザー・トムと同じく今回と同じく福田雄一が演出を手がけた2014年の「フル・モンティ」に出演した(当時は鈴木綜馬名義)経験を持つ、鈴木壮麻が果たしてどんなワーナーを舞台上に出現させてくれるのかも注目度大です。

スポンサーのマフィアのドン役・ブラザートム

歌手としても個性派俳優としても活躍するブラザー・トム。2014年に今回と同じく演出を福田雄一が手がけたブロードウェイミュージカル「フル・モンティ」に出演経験もあるブラザー・トムが今回はどんなマフィアのボス・ニックを演じてくれるのかも注目です!

日本版演出・福田雄一

日本版「ブロードウェイと銃弾」の演出を手がけるのは先頃大好評の内に公演を終えた小栗旬主演の「ヤングフランケンシュタイン」やTV東京の「勇者ヨシヒコ」シリーズ。さらに井上芳雄とタッグを組んだ「グリーン&ブラックス」の演出で知られる福田雄一です。

公式ツイッターではフォロワーの質問に対して「(ブロードウェイと銃弾は)笑えて健全な舞台になる」と返答していた福田雄一がどんな「笑える」舞台に仕上げてくれるのかも見どころです。

「ブロードウェイと銃弾」2018年公演の概要は

大注目の「ブロードウェイと銃弾」の公演概要は以下の通りとなっています。

「ブロードウェイと銃弾」東京公演

  • 公演期間: 2018年2月7日~2018年2月28日
  • 公演会場: 日生劇場

「ブロードウェイと銃弾」大阪公演

  • 公演期間: 2018年3月5日~2018年3月20日
  • 公演会場: 梅田芸術劇場メインホール

「ブロードウェイと銃弾」福岡公演

  • 公演会場: 2018年3月24日~2018年4月1日
  • 公演会場: 博多座

「ブロードウェイと銃弾」極上のミュージカルに乞うご期待!

ストーリーもミュージカルナンバーも楽しみな「ブロードウェイと銃弾」。2018年2月に始まる公演が今から待ち遠しいですね!

 「ブロードウェイと銃弾」関連のおススメ記事はこちら

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。