ついに公演スタート!ミュージカル『ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~』のあらすじや見どころを解説

日本で初めての上演となるミュージカル『ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~』。これまでに全世界で1,000万人以上の動員があったという大ヒット作品です。今回は、そんなミュージカル『ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~』のあらすじや見どころに迫っていきます。日本公演の概要、上演時間、ビリー役を演じる少年たちをはじめとする主要キャストについてもご紹介していきますので、ぜひチェックしていってくださいね。

ミュージカル『ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~』のあらすじや見どころ解説

先日、東京公演がスタートしたばかりの『ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~』は、全世界で1,000万人以上を動員したという大ヒットミュージカル。これまで主役を務めた少年たちは、その後さまざまな場所で活躍しています。

今回は、ミュージカル『ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~』のあらすじや見どころを解説!上演時間、主要キャストなどの情報もギュッとまとめてお届けます。

ミュージカル『ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~』の公演概要

(出展:pixabay)

ミュージカル『ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~』は、今回日本において初めての上演となります。まずは、期間や会場など概要をまとめておきましょう。

東京公演

公演期間:上演中〜2017年10月1日(日)
会場:TBS赤坂ACTシアター(東京都港区赤坂5-3-2 赤坂サカス内)

大阪公演

公演期間:2017年10月15日(日)〜2017年11月4日(土)
会場:梅田芸術劇場 メインホール(大阪府大阪市北区茶屋町19-1)

(引用元:ミュージカル『ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~』公式サイト)

上演時間は約2時間50分。休憩時間の20分が含まれていますので、舞台の時間は実質2時間30分になります。他作品の場合は2時間前後にまとめられていることも多いので、ミュージカル『ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~』の上演時間はやや長めと言えそうですね。

ミュージカル『ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~』のあらすじ

ミュージカル『ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~』のあらすじをみていきましょう。

「舞台は1984年、イギリス北東部の炭鉱の町ダーラム。主人公の少年ビリー労働者階級の家庭に生まれました。父と兄は炭鉱で働いていましたが、ストライキ真っ只中で失業中。

そんな中でも、ビリーはボクシングを習いながら、ごく平凡な少年としての日々を過ごしていました。

ある日、ビリーはボクシングを習っている場所と同じフロアで、一人の少女がバレエの練習に励んでいる姿を目にします。それから、ビリーは練習を見に行くようになり、バレエに興味を持つのです。

しかし、厳格な父は“バレエは女のやるものだ”と激怒してしまいます。最初は理解し合えなかった親子ですが、ビリーのひたむきな姿は、やがて父の心を変えていくのです…」

ミュージカル『ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~』の主要キャスト

続いては、ミュージカル『ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~』の主要キャストをチェックしてみましょう。

  • ビリー(交互出演):加藤航世/木村咲哉/前田晴翔/未来和樹/山城力
  • お父さん(Wキャスト):吉田鋼太郎/益岡徹
  • ウィルキンソン先生(Wキャスト):柚希礼音/島田歌穂
  • おばあちゃん(Wキャスト):久野綾希子/根岸季衣
  • トニー(Wキャスト):藤岡正明/中河内雅貴
  • ジョージ:小林正寛
  • オールダー・ビリー(Wキャスト):栗山 廉/大貫勇輔 ほか

(引用元:ミュージカル『ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~』公式サイト)

ミュージカル『ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~』の主人公ビリーを演じるのは、オーディションにより選ばれた5人のスーパーキッズ!彼らのフレッシュな魅力はもちろんですが、脇を固めるキャストも強力な顔ぶれです。

ビリー役を射止めた5人のキャストについて

ビリー役は総勢1,346名の応募者の中から10名の候補が選ばれ、長期にわたるレッスン形式でのオーディションが実施されました。5人のキャストについて少しご紹介しておきましょう。

■加藤航世(東京都出身)

東京都出身。バレエ歴9年。国内のバレエコンクールにおいて多くの入賞経験がある、確かな実力の持ち主です。

■木村咲哉(東京都出身)

バレエ歴5年。今回のビリー役の中では最年少の10歳ということで、期待も大きいです。バク転などアクロバット系の動きが得意とのこと。

■前田晴翔(東京都出身)

本作のためにアメリカから帰国。ヒップホップダンスが得意とのこと。ニューヨークで行われているアマチュアダンス大会の子供部門で優勝した、という経歴もあります。

■未来和樹(熊本県出身)

4歳からアルゼンチンタンゴ、ジャズダンス、バレエなどを習ってきました。2016年に赤塚不二夫生誕80年記念CDにおいて、ソロ歌手としてデビューしています。

■山城力(東京都出身)

ダンス経験はなかったものの、本作に出たいという強い気持ちから、シンガポールより単独で帰国したとのこと。

トールボーイ役が決まっていたにもかかわらず、ビリー役への情熱やポテンシャルが海外のクリエイティブ・スタッフに認められ、追加で出演が決まったそうです。

ミュージカル『ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~』の見どころ

ミュージカル『ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~』は日本初演ということもあり、注目度が高い舞台。最大の見どころは、やはりビリー役の5人の演技や歌、ダンスでしょう!未来のスターたちが舞台でどのように光るのか、しっかり見届けたいですね。

また、本作ではビリー役だけでなくすべての役がオーディションで選抜されたとのことなので、大人のキャスト陣にも要注目!

子供も大人も混ざった役者全員の体当たり演技、迫力の歌やダンスで、ミュージカル『ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~』の魅力をたっぷりと楽しめることでしょう。

ミュージカル『ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~』を観に行ってみよう

日本初演となるミュージカル『ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~』について、作品のあらすじ、主要キャスト、見どころなどをまとめてお届けしました!

これからの活躍が期待される5人のビリー役はもちろん、彼らを支える豪華キャストの演技も楽しみです。ミュージカル『ビリー・エリオット~リトル・ダンサー~』の公演はまだまだ続きますので、ぜひ会場へ足を運んでみてくださいね!(敬称略)

こちらの記事もおすすめ!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。