東宝ミュージカル『ビューティフル(Beautiful)』夏休みは帝国劇場へ!

アメリカのシンガーソングライター、キャロル・キングの半生を描いたミュージカル『ビューティフル(Beautiful)』を東宝が待望の日本人キャストで初上演!2013年にブロードウェイで初演を迎え、トニー賞主演女優賞やグラミー賞、ローレンス・オリヴィエ賞など数々の賞を受賞してきた大ヒット作ミュージカル『ビューティフル(Beautiful)』のあらすじ、キャスト、公演概要などについてご紹介します。

伝説的シンガー『キャロル・キング』の半生を描いたミュージカル、待望の日本初演!

(出典:ACより)

『YOU’VE GOT A FRIEND』『LOCOMOTION』など、誰でも一度は耳にしたことのある名曲を生み出したアメリカのシンガーソングライター、キャロル・キング。そんな彼女の波乱万丈な半生を描いたミュージカル『ビューティフル(Beautiful)』がこの夏、ついに東宝によって日本で初演を迎えます!

この舞台は主人公のキャロル・キング役を水樹奈々さんと平原綾香さんがWキャストで演じることでも大きな話題を呼んでいます。普段ミュージカルをあまり観ないけれど楽しみにしている方も多いのではないでしょうか。

今回はこの夏一番の注目作、ミュージカル『ビューティフル(Beautiful)』のあらすじやキャストなど、様々な最新情報をお届けします。

ミュージカル『ビューティフル(Beautiful)』とは?

ミュージカル『ビューティフル(Beautiful)』とは、アメリカのシンガーソングライター、キャロル・キングの半生を彼女の名曲の数々と共に描くジュークボックス・ミュージカルです。

2013年にブロードウェイで初演を迎え、2014年には主人公キャロル・キングを演じたジェシー・ミューラーがトニー賞主演女優賞を受賞。翌年2015年にはグラミー賞やローレンス・オリヴィエ賞を受賞し、今もなお世界中で公演され続けています。

あらすじ

ニューヨークに住む16歳のキャロル・キング(水樹奈々/平原綾香)は、教師になるように勧める母親のジーニー(剣 幸)を振り切って、名プロデューサーのドニー・カーシュナー(武田真治)に曲を売り込み、作曲家への一歩を踏み出す。やがて同じカレッジに通うジェリー・ゴフィン(伊礼彼方)と出会い、恋に落ちた二人はパートナーを組み、キャロルが作曲、ジェリーが作詞を担当するようになる。ほどなくしてキャロルは妊娠、結婚した二人は必死で仕事と子育てに奮闘する。
同じ頃二人は、ドニーがプロデュースする新進作曲家と作詞家のコンビ、バリー・マン(中川晃教)とシンシア・ワイル(ソニン)と良き友人となり、互いにしのぎを削り、ヒットチャートの首位を争うようになる。
数々のヒットを放ち、全てが順調に進んでいるかのように思われたが、ヒット曲を書き続けなければならないという焦燥感から、ジェリーは精神的に追い詰められるようになり、奇怪な行動や浮気を繰り返すようになる。キャロルはやり直そうと試みるが、すでに手遅れだった。
28才で二人の子持ちのシングルマザーとなってしまったキャロル。しかし、彼女はくじけることなく人生を切り拓いて行く。ロサンゼルスへ移住した彼女を待ち受けていたのは、まったく新しい門出だった――。

(出典:公式サイトより)

キャロル・キングの明るくキャッチーな曲からは想像のつかない、彼女の歩んだ波乱万丈な半生が描かれます!

超豪華なキャスト


そんなミュージカル『ビューティフル(Beautiful)』の東宝版日本人キャストについて紹介いたします!

キャロル・キングを演じる二人

水樹奈々

水樹奈々さんは1997年に声優としてデビューし、代表作に「魔法少女リリカルなのは」「ハートキャッチプリキュア!」「NARUTO -ナルト-」などがあります。

また、声優活動だけでなく歌手としても数々のヒット曲を輩出し、その実力はNHK紅白歌合戦に出場するほどです!

他にも日本武道館や東京ドーム、阪神甲子園球場、横浜スタジアムなどの巨大な会場でのライブ活動の成功が認められ、2013年に芸術選奨文部科学大臣賞新人賞を受賞しました。

そんな水樹奈々さんが声優デビュー20周年目にして初めてミュージカルに挑戦します!

 

平原綾香

2003年に『Jupiter』でCDデビューを果たした平原綾香さんは、翌年2004年には第37回日本有線大賞新人賞、第46回日本レコード大賞優秀新人賞などを受賞、そしてNHK紅白歌合戦にも出場しました。

その後も数々の名曲を生み出し、2014年には『オペラ座の怪人』の続編となるミュージカル『ラブ・ネバー・ダイ』で主人公クリスティーヌ役に挑戦します。

『ラブ・ネバー・ダイ』で好評を博した平原綾香さんのキャロル・キング、期待が高まりますね!

Wキャストの二人が送るパフォーマンス

PVでは、舞台上で決して有り得ない水樹奈々さんと平原綾香さんの共演を見ることが出来ます。

歌われているのはこのミュージカルのタイトルにもなっている『BEAUTIFUL』と『I FEEL THE EARTH MOVE』。

是非チェックしてみてください!

 

脇を固める実力派のキャスト達

伊礼彼方/キャロルの最初の夫、ジェリー・ゴフィン役

伊礼彼方さんは2006年に『テニスの王子様』でミュージカルデビュー。2008年に『エリザベート』の皇帝ルドルフ役に抜擢されてからは本格的に舞台を中心に活躍するようになりました。彼の代表作に『ピアフ』『グランドホテル』『王家の紋章』などがあります。

 

中川晃教/作曲家バリー・マン役

昨年ミュージカル『ジャージー・ボーイズ』でのフランキー・ヴァリ役の演技が評価され、第24回読売演劇大賞最優秀男優賞を受賞。最近では『フランケンシュタイン』のタイトルロールや、『きみはいい人、チャーリー・ブラウン』での世界中で一番有名なビーグル犬、スヌーピー役を好演しました。

 

ソニン/作詞家シンシア・ワイル役

2000年に歌手デビュー、2012年には文化庁新進芸術家海外研修制度の研修員として1年半渡米し、芸能活動を一時休止。2014年に帰国し、舞台を中心に活動するようになります。2016年には第41回菊田一夫演劇賞演劇賞を受賞。ミュージカル界に欠かせない女優の一人です。

 

武田真治/名プロデューサー、ドニー・カーシュナー役

1989年に第2回ジュノン・スーパーボーイ・コンテストでグランプリを獲得し、ドラマ、映画、バラエティ、舞台などマルチに活躍。サックス・プレイヤーとも活動しています。近年の出演作に『スウィーニー・トッド』『スクルージ』『パレード』などがあります。

気になる会場と日程は?公演概要についてのおさらい

(出典:Wikipediaより)

公演日

2017年7月26日水曜日~8月26日土曜日

劇場

東京都 帝国劇場

出演者

水樹奈々、平原綾香(Wキャスト)

中川晃教、伊礼彼方、ソニン、武田真治、剣幸 ほか

この夏は帝国劇場に行こう!

伝説のシンガーキャロル・キングの波乱万丈な半生を描いたミュージカル『ビューティフル(Beautiful)』がこの夏、ついに東宝によって日本初演を迎えます!

キャロル・キングの名曲の数々に彩られた、実力派揃いのキャストによるこの夏一番の話題作です。

ぜひ、夏休みは東宝ミュージカル『ビューティフル(Beautiful)』を観に帝国劇場まで遊びに行ってくださいね!

関連するおすすめ記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。