柚希礼音ミュージカル「お気に召すまま」の2017年公演大阪公演迫る!

元宝塚歌劇団星組の男役トップスター、柚希礼音さん主演による2017年1月からのミュージカル「お気に召すまま」の上演が近づいています。「お気に召すまま」の詳細はシェイクスピアの喜劇を1960年代に置き換えているもので、2017年幕開け必見の舞台です。あらすじから公演の日程、都道府県、会場名、開場時間、開演時間や過去の公演など情報の詳細をお伝えします。

【「お気に召すまま」はトニー賞コンビの演出家と音楽家がタッグ、主演の柚希礼音さんの演技にも注目】

柚希礼音さんは宝塚時代からハスキーボイスとダンスの巧さには定評があり、過去の公演でもさまざまな当たり役を演じてきました。日本国内はもとより2015年5月の引退公演は台湾の映画館でも生中継されるなど、台湾でも絶大な人気を誇っています。

宝塚劇団での活躍後2015年に退団、その後「プリンス・オブ・ブロードウエイ」などの話題のミュージカルに次々と出演し、ファンを魅了してきました。そして、シアタークリエの10周年記念公演として2017年1月14日から、続いて梅田芸術劇場などでも上演される「お気に召すまま」の出演が決定!

お気に召すままは上演発表時からトニー賞最優秀演出家賞を受賞したマイケル・メイヤー氏と音楽が同じくトニー賞受賞作曲家のトム・キット氏とのコンビが話題を呼んでいました。その後、詳細が決まり、柚希礼音さんをはじめとする豪華キャストが発表され、益々注目度が高まっています。

【ミュージカル「お気に召すまま」の舞台は1967年のアメリカ】

「お気に召すまま」は原作がイギリスの劇作家ウイリアム・シェイクスピアが1600年頃に発表した喜劇で、これまで世界中で上演されてきた他、何度か映画化もされている作品です。日本では都道府県における過去の公演の詳細情報としては、蜷川幸雄さんの演出などによって舞台上演が行われてきました。また、2016年にも東京・本多劇場などで公演されています。

原作は物語の舞台がフランスとベルギーの国境近くという詳細な設定ですが、今回の舞台ではアメリカの古き良き時代1967年です。ミュージカル「お気に召すまま」のあらすじを紹介すると、重要な役どころである俳優ジュリアンさん演じるオーランドーが兄から命を狙われて、ヒッピーの聖地であるヘイトアシュベリーにたどり尽きひっそりと暮らしていました。

一方、柚希礼音さん演じる主人公のロザリンドは姉妹同然に育った女性シーリアとワシントンDCで暮らしていましたが、突然追放を命じられヘイトアシュベリーにやって来ます。

そこで、ロザリンドはさまざまな困難に巻き込まれながら、男装して身分を隠していました。そうした中オーランドーと巡り会い、男装のロザリンドはオーランドーの愛の告白の練習相手になるのです。以上が大まかなあらすじです。他のキャストとしては橋本さとしさん(ジェークイズ役)、マイコさん(シーリア役)、小野武彦さん(フレデリック役)などが周りを固めます。

【「お気に召すまま」は東京で1か月公演後、全国ツアーを実施】

次に「お気に召すまま」の2017年都道府県公演のスケジュールなどの詳細をご紹介します。

大阪梅田芸術劇場では2月7日開演

日程:2017年2月7日(火)~2月12日(日)
会場名:大阪梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ
開場時間:開演の30分前
開演時間:2月7日18:30、2月8日13;30と18:30、2月9日、10日、12日13:30、2月11日12:30と17:30

2月15日は香川県高松市で公演

 日程:2017年2月15日(水)
会場名:香川県民ホール・レクザムホール
開場時間:13:00
開演時間:13:30

福岡公演は2月下旬の3日間

日程:2017年2月24日(金)~2月26日(日)
会場名:福岡県福岡市キャナルシティ劇場
開場時間:開演の30分前
開演時間:2月24日18:30、2月25日12:30及び17:30、2月26日12:30
(全日程の引用:お気に召すままオフィシャルサイト)

【世界的演出家と音楽家が手がけるシェイクスピア劇「お気に召すまま」に注目】

(出典:pixabayより)

宝塚元男役トップスター柚希礼音さん主演の舞台「お気に召すまま」に関する情報、あらすじなどをお届けしました。シェイクスピアの傑作喜劇が世界的演出家と音楽家の手によって、舞台劇としてどのように過去の公演から変わるのかが見ものです。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。