観客を魔法にかける!劇団四季ミュージカル「アラジン」の魅力とは

劇団四季の大人気ミュージカル「アラジン」。公演開始前からロングラン公演が決定し、多くの観客から高い評価を得ています。見ているこちらまで魔法にかけられたような気分になってしまう、舞台「アラジン」の魅力に迫ります!

【NEW!何倍も楽しくなる!劇団四季「アラジン」を観る方、必見の動画をご紹介!

………………

多くの前売り券が売り切れ、公演開始前からロングラン公演が決定した劇団四季「アラジン」。前評判を裏切らない舞台は、多くの観客から高い評価を得ています。なかでも、「まるでアラジンの世界にいるように感じた」という声が多かったようです。そんな劇団四季のミュージカル「アラジン」の魅力を考察していきます。

観客を魔法にかける、劇団四季「アラジン」の仕掛け

(公式サイトより

観客が魔法にかかる舞台。それが、劇団四季のミュージカル「アラジン」における大事なキーワードとなります。手品のような小道具・手から火花が出る仕掛け・舞台を飛びまわる魔法の絨毯などの演出によって、観客もいつの間にか「アラジン」世界に入り込んでいき魔法にかけられたかのように感じるのです。

「アラジン」の世界観を表現した衣装や、キャストの熱演だけでなく、要所で飛び出すこのようなインパクトのある仕掛けが、観客の心をつかみます。約2時間50分ものあいだ、観客を飽きさせないためのサプライズを随所に盛り込んでいることも劇団四季「アラジン」の魅力のひとつだといえるでしょう。

劇団四季「アラジン」のキャスト「ジーニー」が、観客を爆笑の渦に引き込む、

(公式サイトより

「アラジン」が劇団四季の従来のミュージカルと違うのは、ファンタジーあふれるストーリーでありながら、観客を爆笑の渦に引き込むコメディ要素もそなえている点にあります。そのカギを握っているのは、人気キャラクターであるランプの精・ジーニー。物語のストーリーテラー的なポジションである彼は、自由度の高い演技とアドリブで、観客の笑いを誘います。まさに、彼は劇団四季のミュージカル「アラジン」の世界観を表現している存在だといえるでしょう。

また、ロングラン公演で複数のキャスティングがされているので、キャストごとにそれぞれ違うジーニーを堪能できるのも魅力だといえます。

まるで実際に戦っているような臨場感を持つ、劇団四季「アラジン」のファイトシーン

メリハリのついたエンターテイメント作品である劇団四季の「アラジン」。様々な要素を楽しめる「アラジン」の中でも、白熱のファイトシーンは特に見どころです。

身体能力や表現力の高い劇団四季の俳優たちが、舞台の本場ブロードウェイでも活躍するJ・アレン・スッデスから指導を受け、日々練習を重ねて作り上げたファイトシーン。金属音がでる剣を使用することで、実際に戦っているかのようなリアリティーも演出しています。劇団四季「アラジン」の魅力を語るうえで、このファイトシーンは欠かせない存在です。

聞き取りやすく心情が伝わる、劇団四季「アラジン」の歌唱

劇団四季の「アラジン」では、キャラクターの心情を表現した劇中歌が多数用意されています。映画版アラジンで用いられた「ホール・ニュー・ワールド」のように、多くの人が知っている歌があることも、観客の心をつかむ一因でしょう。

そんな「アラジン」では、キャラクターの心情が伝わるだけでなく、キャストの聞き取りやすいはっきりとした発音も高評価を受けています。それは、劇団四季が日々の稽古で独自の発声法(母音法)を練習し、舞台で聞き取りやすい発声に努めているからにほかならないでしょう。

劇団四季「アラジン」の一員になったようなライブ感を演出する舞台

劇団四季のミュージカル「アラジン」の大きな魅力は、観客の多くがその世界の住人になったように感じるライブ感です。その秘密は、観客の素直なリアクションを引き出している演出にありました。開演と同時に行われるパフォーマンスで観客の心をつかみ、時間を追うごとに舞台の世界に引き込んでいくのです。

また、多くのキャストがロングラン公演に参加し続けているため、その経験やチームワークが日々の公演に活かされているところも見逃せません。そんな中で作りだされたライブ感は、劇団四季「アラジン」ならではの魅力だといえるでしょう。

劇団四季のオススメ記事はこちら!

ロングラン公演が続いているアラジンのチケット情報は良席多数のチケットキャンプ(チケキャン)で。

劇場四季ミュージカル「アラジン」の会場の場所

会場:大同生命ミュージカルシアター 電通四季劇場「海」
住所:東京都港区東新橋1-8-2

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。