新井浩文主演!注目舞台「鳥の名前」キャストや会場情報をまとめました

2017年夏、下北沢ザ・スズナリで赤堀雅秋さん作・演出による新作『鳥の名前』が上演されることが決定しました。主演をつとめるキャストは、新井浩文さん。赤堀雅秋さんによる舞台『葛城事件』(2013年)に出演して以来、新井浩文さんにとって2度目の舞台出演となります。キャスト・日程・会場といった情報と、短いイントロダクション、宣伝ビジュアルのみが発表されている舞台『鳥の名前』ですが、果たしてどのような作品になるのでしょうか?現時点で分かっている情報をまとめます。

新井浩文さんと赤堀雅秋さんがタッグを組む新作舞台『鳥の名前』上演決定!

【画像:フリー素材足成

2017年7月~8月にかけて、下北沢ザ・スズナリにて赤堀雅秋さん作・演出による新作舞台『鳥の名前』が上演されます。主演をつとめるのは、新井浩文さん。2013年に同じ赤堀雅秋さんによる舞台『葛城事件』に出演して以来、2度目の舞台出演となります。

キャスト・日程・会場といった情報と、短いイントロダクション、そしてモノトーンで荒涼とした宣伝ビジュアルのみしか発表となっていない舞台『鳥の名前』ですが、一体どのような作品になるのでしょうか?現時点で分かっている情報をまとめます。

こちらの記事もおすすめ

舞台『鳥の名前』はどのような作品になる?あらすじは?

作・演出の赤堀雅秋さんとは?

舞台『鳥の名前』の作・演出をつとめる赤堀雅秋さんは、劇団「SHAMPOO HAT」の旗揚げメンバーであり、劇団の作品の作・演出を手がけています。次世代を代表する劇作家・演出家のひとりである赤堀雅秋さんは、第57回岸田國士戯曲賞などの受賞歴も多く、劇団作品・外部作品問わず多くのファンを魅了。今回の新作も大きく注目されています。

また、赤堀雅秋さんは映画監督や俳優としても活躍。2007年上演の『その夜の侍』と、2013年上演の『葛城事件』をそれぞれ自らの手で映画化しています。社会問題などを背景に、市井の人々の姿に切り込んでいく赤堀雅秋さんの作風は「赤堀ワールド」と称され、高い評価を得ています。

イントロダクション

舞台『鳥の名前』の全容はまだ分かっていません。現時点で発表されているのは、次の印象的なイントロダクションのみ。

 
友人が痴漢で捕まった。満員電車で46歳の女の尻をつかんだらしい。
女はヒステリックに叫んだ。宝くじを当てたかのように叫んだ。後日友人に理由を訊いた。
彼は小さな声で「モヤモヤしてた」と言った。
テレビを見ていたら中年の男が見知らぬ中年の男を鉄パイプで殴り殺したという。
犯行の動機についてキャスターが美しい声で「イライラしてたからやった」と言った。
52歳のいとこが結婚をした。「お見合いでやっと見つかった」と母は言った。
この物語とは関係ない話。ベランダの緑に小柄な鳥がとまった。
茶色の鳥。5秒ほどせわしく辺りを見回し、良く晴れた空に飛び立った。
その鳥の名前を私は知らない。
「私」が見ているこの光景は、いったい何を表しているのでしょうか?不穏な事件と日常の一幕が混在する不思議なイントロダクションに、想像は膨らむばかりです。

舞台『鳥の名前』注目のキャストは?

続いて、舞台『鳥の名前』の 注目キャストを見ていきましょう。

新井浩文さん

舞台『鳥の名前』の主演をつとめるのは、新井浩文さんです。新井浩文さんは、2001年映画『GO』で俳優デビューした38歳。不良役など癖のある役どころで多くの映画やドラマに出演し、知名度を高めてきました。2015年には映画『百円の恋』で第39回日本アカデミー賞助演男優賞を受賞。いまや、日本の映像作品において欠かせない存在となっています。

新井浩文さんが舞台に出演したのは、過去1作品だけしかありません。それが、今回と同じ赤堀雅秋さん作・演出による舞台『葛城事件』でした。連続無差別殺人犯の兄を好演し、2016年に公開された映画化作品でも同役を演じています。しかも、今回の舞台『鳥の名前』は、舞台『葛城事件』と同じ劇場での上演。赤堀雅秋さんファン、新井浩文さんファンの期待はいやがうえにも高まります。

荒川良々さん

舞台『鳥の名前』には、個性派俳優の荒川良々さんも出演します。荒川良々さんは大人計画に所属し、丸刈りに大柄な体格という特徴的な風貌で、様々な作品で大活躍している俳優です。CMにも数多く出演しているので、お茶の間の知名度も抜群。もちろん、舞台の出演経験も豊富です。荒川良々さんが、舞台『鳥の名前』でどのような活躍を見せてくれるのかにも注目しましょう。

村岡希美さん

もうひとりご紹介したいキャストは、村岡希美さんです。劇団ナイロン100℃に所属している村岡希美さんは、舞台を中心に映画・ドラマと幅広く活躍している女優。コミカルな役から色っぽい役まで、自在にこなす演技力は安定感抜群です。

赤堀雅秋さん

なお、舞台『鳥の名前』には、作・演出を手がける赤堀雅秋さんもキャストとして出演予定。こちらにも注目です。

舞台『鳥の名前』会場は?

舞台『鳥の名前』は、東京・下北沢にある劇場ザ・スズナリで上演されます。ザ・スズナリとはどのような会場なのでしょうか?

ザ・スズナリ アクセス

ザ・スズナリは下北沢に多数の劇場を展開している本多グループの劇場です。本多グループの劇場にはザ・スズナリの他に、「本多劇場」、「駅前劇場」、「劇 小劇場」、「小劇場 楽園」、映画館を改修した「シアター711」、「小劇場B1」があり、すべて下北沢の狭い範囲に点在しています。

住所

〒155-0031
東京都世田谷区北沢1-45-15

電車

京王井の頭線・小田急線「下北沢」駅 南口改札より徒歩4~5分

ザ・スズナリ 座席

ザ・スズナリの座席数は170~230席。もともとはアパートの2階を改装してつくられた劇場で、非常に狭い空間になっています。客席は舞台を見下ろす形で傾斜がついていますが、最後列でも舞台前端から10メートルほどしかなく、密集感のある空間になっています。最前列の前にある桟敷部分にもベンチや座布団を用意して観客を入れることが多く、キャストを間近で観ることが可能。どの席であってもオペラグラスは必要ありません。

舞台『鳥の名前』日程は?

舞台『鳥の名前』の日程は、2017年7月22日(土) ~8月13日(日)です。

舞台『鳥の名前』に期待しよう!い

いま最も注目されている劇作家・演出家である赤堀雅秋さんの新作であり、新井浩文さん舞台出演2作目としても注目されている舞台『鳥の名前』。まだ全貌は明らかになっていませんが、会場であるザ・スズナリのスペシャルな空間や、豪華な実力派キャストたちなど、現時点で分かっている情報だけでも十分に舞台『鳥の名前』への期待感がお分かりいただけると思います。この夏は、舞台『鳥の名前』で極上の演劇体験をしてみませんか?

こちらの記事もおすすめ

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。