ミュージカル・ショー「4Stars」の会場情報まとめ!東京国際フォーラムホールC及び梅田芸術劇場詳細

2017年12月から行われるミュージカル・ショー「4Stars」。奇跡の公演と名高いその「4Stars」の会場情報をお届けします。会場となるのは、大阪「梅田芸術劇場 メインホール」及び、東京「東京国際フォーラム ホールC」。梅田芸術劇場での公演は、2017年12月14日から12月17日まで、東京国際フォーラムでの公演は、2017年12月20日から12月28日までとなっています。各会場の日程や、アクセス方法、座席の詳細を知りたい方へのおすすめ記事です。

【「4Stars」4年ぶりに公演決定!】

2013年豪華キャストによるミュージカル・ショーが話題を呼んだ「4Stars」が、4年の歳月を経て復活します。2017年版の「4Stars」は、ブロードウェイで活躍するミュージカル・スター、パティーナ・ミラーさんやラミン・カリムルーさんが来日。

城田優さんとの共演が発表されています。世界最高峰のミュージカル・コンサートと名高い「4Stars」の公演を、見逃すわけにはいきませんね。

【「4Stars」公演日程詳細】

それでは早速、「4Stars 2017」の会場・公演日程についてご紹介していきます。公演会場は、梅田芸術劇場と、東京国際フォーラムホールC。東京・大阪の2会場となっています。

大阪公演

  • 会場:梅田芸術劇場 メインホール
  • 日程:2017年12月14日(木)~12月17日(日)

東京公演

  • 会場:東京国際フォーラム ホールC
  • 日程:2017年12月20日(水)~12月28日(木)

【「4Stars」大阪会場 梅田芸術劇場詳細】

2017年12月14日から公演開始予定の、大阪会場について、詳しくご紹介します。

大阪会場 梅田芸術劇場 メインホール 詳細

キャパシティ

約1,905席(公演によって変動有り)

アクセス方法

住所:〒530-0013 大阪市北区茶屋町19-1

最寄り駅:阪急電車「梅田駅」茶屋町口より徒歩3分/JR線「大阪駅」御堂筋北口より徒歩8分/地下鉄御堂筋線「梅田駅」1号出口より徒歩5分

駐車場

専用の駐車場・駐輪場なし

周辺施設など

大阪会場「梅田芸術劇場 メインホール」は、大阪・梅田の中心地にある芸術ホールです。JR、阪急、阪神、地下鉄と複数の最寄り駅がありますが、大阪・梅田駅の近隣は周辺施設、通路が非常に入り組んでおり、慣れない方は会場に到着するまでに迷う可能性が非常に高い会場です。

そのため、余裕をもって行動される事をおすすめします。自信がない方は、阪急電車「梅田駅」茶屋町口からの経路を選ばれると良いですよ。

周辺には、NU茶屋町、HEP FIVEなどの大型商業施設のほか、駅ナカのお店も多数存在しているため、食事や休憩に困ることは少ないでしょう。最寄りの宿泊所は、新阪急ホテルアネックス、ハートンホテル北梅田、東横INN 梅田中津1などです。

トイレは2階エントランス、1階客席ロビー、2階客席ロビー、3階客席ロビーにそれぞれ備え付けられています。しかし座席数に対して数が少なく、公演前は長蛇の列が出来るため、時間に余裕が必要です。また、1階客席ロビー、2階客席ロビー、3階客席ロビーそれぞれに、コインロッカースーペースがあります。

梅田芸術劇場 メインホール座席詳細

梅田芸術劇場 メインホールの各階座席数は以下の通りです。

座席

1階席1077席、2階席420席、3階席408席

「4Stars 2017」のチケット種別、詳細はまだ発表されていませんが、「4Stars」2013年公演時は、S席、A席、B席の販売がありました。キャストの表情をしっかり見ながらショーを楽しみたいという方は、S席を、開場全体の雰囲気を楽しみたいという方は、A、B席をおすめします。

2階席でも前の方なら、割と見えるという意見もちらほら見受けられます。

ただし端席は、見えにくいという意見もありますので顔を見たい方はオペラグラスが必要ですね。

3階はやはり全体が見たい人向けのようですね。

続いて、東京会場となる東京国際フォーラム ホールCの情報です。

【「4Stars」東京会場 東京国際フォーラム ホールC詳細】

2017年12月20日から公演開始予定の東京会場について、詳しくご紹介します。

東京会場 東京国際フォーラム ホールC 詳細

キャパシティ

1,502席

アクセス方法

住所:〒100-0005 東京都千代田区丸の内3丁目5−1

最寄り駅:JR線「有楽町駅」徒歩1分/地下鉄有楽町線「有楽町駅」B1F地下コンコースにて連絡

駐車場

420台収容可能(200円/30分、長時間割引あり)

館内、周辺店舗などの提携店舗利用で、サービス券が貰えるのでお得に活用してはいかがでしょうか。

  • 館内店舗

「東天紅」/飲食利用で2時間券1枚

  • 周辺店舗

「ビックカメラ 有楽町店」/10,000円以上で1時間券(平日のみ)、20,000円以上で2時間券

「無印良品 有楽町」/3,000円以上で時間券、20,000円以上で2時間券

「有楽町ロフト」/3,000円以上で1時間券、20,000円以上で2時間券

周辺施設など

「よみうりホール」「帝国劇場」などの文化施設が多く存在する東京駅南側エリアにある、大型多目的ホールです。どの最寄り駅からも、比較的アクセスしやすい会場です。

また同会場には他にもホールが複数存在しますが、「4Stars」の会場は「ホールC」ですので、別ホールと間違えないように注意しましょう。「東京国際フォーラム」内には多数のショップ、レストランもありますので、そちらで休息することも可能ですよ。

最寄りのトイレは、ホールC1階、エレベーター横です。また、コインロッカーは、東京国際フォーラム内地下1階地下鉄有楽町線連絡口付近、地下1階東京駅(京葉口)連絡口横、ガラス棟地下1階有楽町側、ガラス棟地下1階東京駅側に設置されています。

東京国際フォーラム ホールC座席詳細

東京国際フォーラム ホールCの各階座席数は以下の通りです。

座席

1階席739席(オーケストラピット使用時 653席)、2階席363席、3階席400席

「4Stars 2017」のチケット種別、詳細はまだ発表されていませんが、2013年の青山劇場公演時は、S席、A席の二種販売でした。

しかし青山劇場のキャパシティ1200席から、300席ほど増えているため、同キャパシティの「梅田芸術劇場 メインホール」会場と同じく、S席、A席、B席の3種販売になる可能性が高そうです。

こちらも同じく、キャストの顔を見たい場合は、S席を狙うのが良さそうですね。1階後方、2階席以上の座席になった場合は、念の為オペラグラスを持参した方がいいでしょう。

キャストの顔よりも、会場全体を観たい場合は、A席以降を狙うのがおすすめです。ホールCは、音響にこだわった構造のため、後列で美しい歌声を堪能するという楽しみ方も良さそうです。

ホールCの構造ですと、どの席でも問題なく観賞することができそうですね。

おすすめ記事はこちらから

【「4Stars」公演は大阪会場からスタート】

(出典:pixabayより)

「4Stars 2017」大阪会場・梅田芸術劇場及び、東京会場・東京国際フォーラムホールCについてご紹介してきました。「4Stars 2017」の公演は、2017年12月14日、梅田芸術劇場からスタートし、12月20日から東京国際フォーラムホールCでの公演へと移ります。

ミュージカルファン待望の4年越しのステージを見逃して後悔しないよう、しっかり情報を押さえておきたいですね。未発表の4人目のキャスト発表が待たれます。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。