2017年初夏公開予定「22年目の告白―私が殺人犯です―」のあらすじを紹介!

演技派俳優の藤原竜也と伊藤英明のW主演&初共演で注目を集めている映画『22年目の告白―私が殺人犯です―』が2017年初夏に公開が予定されています。ここではそんな話題作のあらすじについて紹介いたします。サスペンスエンターテイメントの大作である本作。どのようなストーリーなのでしょうか。

映画『22年目の告白―私が殺人犯です―』が、2017年初夏に全国ロードショーされることになりました。藤原竜也・伊藤英明のW主演&初共演ということで注目を集める作品ですが、公開はしばらく先です。なので、こちらでは一足先にあらすじを紹介します。

映画『22年目の告白―私が殺人犯です―』のあらすじ①1995年

映画『22年目の告白―私が殺人犯です―』は、サスペンスエンターテイメント大作ということで、あらすじは衝撃的なものになっています。物語は1995年、阪神・淡路大震災や地下鉄サリン事件の発生により、社会不安が広がった日本を舞台に5件の連続殺人事件が起きるところから始まります。

その犯行には、3つのルールがありました。1、被害者と近しい者に殺人の瞬間を見せつけること。2、背後から首を締めあげること。3、目撃者をあえて殺さず、犯行をメディアに証言させること。この残忍な犯行から事件は、世間の注目を浴びることになりました。

事件を追う刑事の牧村航(伊藤英明)は、この犯人を追い詰めるも、あと一歩というところで罠にかかってしまいます。その結果、牧村の敬愛する上司が殺されてしまうのでした。その後、犯人は姿をくらまし、事件は未解決のまま時効を迎えます。

映画の中で、どのような順序で描かれるかはまだ分かりませんが、出来事を時系列に直すと前半は1995年に起こった連続殺人事件を中心に、後半はその連続殺人事件が時効になった後の出来事を軸にして物語は進んでいきます。あらすじを見る限り、前半部分だけでも、かなり見ごたえのあるサスペンスが期待できそうです。

映画『22年目の告白―私が殺人犯です―』のあらすじ②22年後

あらすじ後半です。犯人が捕まることなく連続殺人事件は時効を迎え、事件から22年が経ったある日、一冊の本が出版されます。

「私が殺人犯です」というタイトルのその本は、1995年に起こった連続殺人事件の犯人と名乗る男が書いた、殺人手記だったのです。日本中が震撼する中、出版記念会見に現れたのは、曾根崎雅人(藤原竜也)と名乗る妖艶で美しい男でした。

反感の情を押さえきれない世間と過熱するマスコミ報道、さらにSNSにより一躍時の人となっていく曾根崎。日本中を巻き込むその告白は、新たな事件の幕開けに過ぎなかったのです……。

後半になっても謎がどんどん深まっていくストーリー構成が魅力的ですね。新たな事件とはなんだろう?といった疑問や、刑事の牧村は上司の無念を晴らすことができるのだろうか?など、気になるところはたくさんありますが、今は映画公開を待つより仕方がないでしょう。もちろん、主演二人の演技にも、要注目です。

映画『22年目の告白―私が殺人犯です―』にはあらすじの元になった原作がある

映画『22年目の告白―私が殺人犯です―』には原作があります。それは、2012年に韓国で製作された映画『私が殺人犯です』。すでに韓国で人気を博しており、動員数は270万人を誇るクライムサスペンス映画です。

この韓国映画を日本社会に合わせて脚色したものが、映画『22年目の告白―私が殺人犯です―』になります。今回メガホンを取った入江悠監督は、「この映画の企画を実現するのに、約2年半をかけ脚本は37稿の改訂を重ねました」とコメントしており、それだけディテールにこだわった脚本ができあがったようです。

2017年初夏の映画公開が待ちきれない方は、先駆けて原作をチェックしてみるのも良いかもしれませんね。

映画『22年目の告白―私が殺人犯です―』のあらすじをチェックしたら映画館へ足を運ぼう!

2016年の夏に撮影が行われている映画『22年目の告白―私が殺人犯です―』、公開は2017年初夏の予定です。映画館の大きなスクリーンでの鑑賞をぜひ、おすすめします。今から公開が待ち遠しいですね!

映画『22年目の告白―私が殺人犯です―』の続報をチェックしよう!

2017年初夏の公開が予定されている映画『22年目の告白―私が殺人犯です―』。まだ公開日が明らかになっていませんが、是非続報をチェックしてみてください!チケット情報はチケットキャンプで!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。