大ヒット舞台「アラジン」で見せる劇団四季の様々なこだわり

劇団四季が手掛ける日本版「アラジン」も、開幕2か月前にロングラン公演が決定するなど期待が高かった作品です。それは劇団四季の俳優やスタッフたちが、日本人が楽しめる作品として昇華させたという部分もあるでしょう。

ロングランミュージカル アラジン」はディズニーアニメ映画として大ヒットし、それを基にブロードウェイでは感動とエンターテイメント性にあふれた作品として多くの観客に受け入れられました。

そんな評判もあってか日本がほこる名劇団 劇団四季が手掛ける日本版「アラジン」も、開幕2か月前にロングラン公演が決定するなど期待が高かった作品です。そしてそんな前評判に負けないだけの高評価を維持しています。

それは劇団四季の俳優やスタッフたちが、日本人が楽しめる作品として昇華させたという部分もあるでしょう。

では日本の観客を魅了し続けている劇団四季のこだわりとはどういったものなのでしょうか。

「アラジン」で見せる劇団四季のこだわり①:手間暇を惜しまないスタッフの熱意が伝わる衣装や小道具

劇団四季のミュージカル「アラジン」は観客が魔法の世界を体感できる作品です。そんな世界観を作り出すために細部にまでこだわりを持って作られているといいます。

アラビアの世界をイメージした煌びやかな衣装は、約300着と劇団四季の中でも最多となります。その中には1着に約1,500個もの宝石やビーズを使用したものがあるなど、こだわりを持って作られているようです。

そして市場の商品など約1,000点あるという小道具からも「アラジン」の世界観を表現するためのこだわりが感じられます。魔法の洞窟で登場するコインタワーは装飾品を海外から仕入れ、金色の洞窟や椅子は金沢に伝わる「箔打ち」という技法を参考に作られました。

このようなこだわりは、衣装などの制作時間に約5か月を要したことからも伝わります。少しでも「アラジン」の世界を演出できるよう、手間暇を惜しまずに作られているのです。

劇団四季「アラジン」では、このようにスタッフの熱意やこだわりが詰まった衣装や小道具などにも注目してくださいね。

「アラジン」で見せる劇団四季のこだわり②:プロフェッショナル達が作り上げた白熱のファイトシーン

劇団四季のミュージカル「アラジン」ではエキサイティングなファイトシーンが、ロマンスやファンタジーという要素が強い世界にメリハリをもたらしています。

そんなファイトシーンを演出したのは、「ニュージーズ」「サタデー・ナイト・フィーバー」など様々な舞台に携わってきたJ・アレン・スッデスです。彼の「第六感を研ぎ澄ませる」「戦うだけでなくキャラクターでいることを忘れないように」といったその作品の世界観にあったリアリティを追求する指導と出演する俳優たちの努力により、「アラジン」では白熱のファイトシーンが展開されているのです。

また使われている剣は役柄やシーンによってデザインが異なり、軽いダンス用とぶつかったら金属音が出る重くてリアリティがあるもので使い分けているといいます。

このようなことからも劇団四季「アラジン」は、ひとつのシーンの完成度を上げるためのこだわりが随所に発揮されていると言えるでしょう。

「アラジン」で見せる劇団四季のこだわり②:プロフェッショナル達が作り上げた白熱のファイトシーン

2015年5月から開幕している劇団四季「アラジン」はストーリーの中に様々な要素が盛り込まれているため、様々な年齢層の人が楽しめるミュージカルだと言えます。観劇した中には親子で訪れ、舞台終了後も感動を抑えきれずその魅力について語り合ったという人もいるようです。

また「アラジン」を公演している東京・電通四季劇場[海]などには、子供が見やすいように座席の上に置くシートクッションの貸出・幼児をあやしながら舞台を見ることができる親子観劇室など親子で舞台を楽しむために考えられた設備があります。

このように親子で感動を共有できるように、親子揃っての観劇がしやすいこだわりがあるのも劇団四季「アラジン」の魅力ではないでしょうか。

劇団四季の他のオススメ記事

劇団四季のこだわりが詰まった感動のミュージカル「アラジン」を劇場で堪能する

いかがでしたか? このように劇団四季のミュージカル「アラジン」には、観客を夢の世界に誘うため細部にまでこだわりがあることが分かるでしょう。良席多数のチケットキャンプ(チケキャン)では、そんな劇団四季「アラジン」ミュージカルのチケットを取り扱い中。親子や友人など様々な人と感動を分かち合えるミュージカルを劇場で堪能してくださいね。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。