學蘭歌劇「帝一の國」を支え続けてきたオールラウンダーズとは?

學蘭歌劇「帝一の國」は原作者である古屋兎丸が描いた世界観を忠実に再現していると原作ファンからも高い評価を得ている舞台です。本作では作品の全風景を担う「オールラウンダーズ」と呼ばれる俳優たちが参加していますがどのような俳優たちなのでしょうか。

學蘭歌劇「帝一の國」は原作者である古屋兎丸が描いた世界観を忠実に再現していると、原作ファンからも高い評価を得ている舞台です。また今作は主人公・帝一を演じる木村了など多くのイケメン俳優が登場するなど華やかさもあります。

また本作の第二章では会場全体を巻き込んで「マイムマイム」が行われるなど、観客を楽しませ続ける演出も魅力のひとつです。

そして本作では作品の全風景を担う「オールラウンダーズ」と呼ばれる俳優たちが参加しています。彼らは一人が数役を担当し、場面によっては衣装や口調も変えながら演じるようです。過酷な役ではありますが、確かな実力と個性を認められているからこその配役であるということも言えます。

そんなオールラウンダーズとはどのような俳優たちなのでしょうか。

學蘭歌劇「帝一の國」に出演する、観客の希望を察知し表現できる実力派俳優

學蘭歌劇「帝一の國」でオ-ルラウンダ-ズの一人として出演しているのは、今作の原作者である古屋兎丸・ロックバンドPENICILLINのボーカルHAKUEIとともに漫画兄弟というユニットを結成している平沼紀久

そんな彼は俳優として舞台「ライチ☆光クラブ」ドラマ「荒川アンダー ザ ブリッジ」など様々な作品に出演し、それ以外でも脚本家などマルチに活躍しています。またEXILEが所属する事務所LDHに所属していることでも知られているようです。

彼は観ている観客が感動するような演技を披露する実力者ですが、「帝一の國」では学校の先生など数役を演じカツラがずれる演技などで観客の笑いを誘ったといいます。これは今までの経験から、観客が何を望んでいるのかを察知して演じることができているからではないでしょうか。

學蘭歌劇「帝一の國」では空気を察知しながらも、その場に合った表現をすることができる彼の演技にも注目です。

學蘭歌劇「帝一の國」で抜群の存在感を発揮する個性派俳優

學蘭歌劇「帝一の國」でオ-ルラウンダ-ズの一人であるぎたろーは、ぽっちゃりとした愛嬌のある容姿で独特の存在感を醸し出しています。

日本一踊れるデブ」というコピーが付いたこともある彼は本作の本番中に学ランのボタンを2個弾け飛ばしたことがあるという体型にも関わらず、それに不釣り合いな軽やかなダンスで舞台を盛り上げます。また過去の「帝一の國」における「大鷹家の食卓」において主人公帝一扮する木村了とのあうんの呼吸で、まるでコントのような面白いやり取りを演じているといいます。

ラストとなる今回の「帝一の國」においても、そんな抜群の存在感で様々な役を演じ今作の根幹を支えてくれることでしょう

學蘭歌劇「帝一の國」に出演する、幅広い演技でインパクトを残す俳優

學蘭歌劇「帝一の國」で何役も演じ分けるオ-ルラウンダ-ズの中には、劇団・ラブリーヨーヨーに所属する俳優・中谷竜も含まれています。

彼はドラマ「死の発送」や映画「ガチ☆ボーイ」など様々な作品に出演した経験を持っています。また今までの「帝一の國」でも様々な役で随所にインパクトを残してきました。ときには愛のあるヤジやガヤ、先生役を演じた際のセリフ回しなどで多くの観客を笑わせ。またときにはニヤニヤしながら小声でささやく演技で気持ち悪さを演出しました。

このように役者としての経験を活かし、幅のある演技を見せてくれる彼の存在にも注目です。

學蘭歌劇のオススメ記事

學蘭歌劇「帝一の國」は華やかな舞台を盛り上げる脇役俳優にも注目!

いかがでしたか? 學蘭歌劇「帝一の國」はこのように脇を固める俳優たちが個性的だからこそ、その作品がさらに面白く感じられるのでしょう。チケットキャンプ(チケキャン)では、そんな學蘭歌劇「帝一の國」のチケットを取り扱い中。これまでの集大成となる作品でもなくてはならない働きを見せるオ-ルラウンダ-ズの姿を舞台で堪能してくださいね。

舞台に恋して編集部 イチ押し公演!

最終章 學蘭歌劇 帝一の國 血戦のラストダンス

アプリなら手数料半額&プッシュ通知が届く「演劇・舞台・ミュージカル定番アプリ」のチケットキャンプ(チケキャン)で!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。