独特な世界観が話題の舞台「クジラの子らは砂上に歌う」を魅力的に表現する人たちをチェック!

舞台「クジラの子らは砂上に歌う」はファンタジーでありながら、農園などで食べ物を飼育するなど現実味があることも特徴です。今作を盛り上げる演出家やキャストはどのような人たちなのでしょうか。

舞台「クジラの子らは砂上に歌う」はファンタジーでありながら、農園などで食べ物を飼育するなど現実味があることも特徴です。また作者自身が「戦闘シーンは嫌」と思い描いていることで登場人物の心情にリアリティを生み出すなど独特の世界観を表現した作品です。

そんな同作の世界観を表現するためにミュージカル「リボンの騎士」などで好評価を得ている赤澤燈、人気アイドルグループSUPER☆GiRLSに所属する前島亜美など注目の若手俳優陣が集まりました。

今作を盛り上げる演出家やキャストはどのような人たちなのでしょうか

舞台「クジラの子らは砂上に歌う」を演出するファンタジー作品をさらに魅力的にする演出家

舞台「クジラの子らは砂上に歌う」で脚本・演出を担当するのは、人気格闘ゲームを舞台化した「BLAZBLUE」など様々な作品の演出を行ってきた松崎史也です。

そんな彼は丁寧な演出が特徴で、これまで手掛けたシチュエーションコメディから壮大なファンタジーなど様々なタイプの舞台で、出演する俳優の魅力を引き出してきたといいます。それは観客の心にインパクトを与える役者としての経験、がん治療を克服し舞台復帰してきた経験などで磨かれた彼の「人間力」が活かされたものなのではないでしょうか。

また以前演出を行った「WORLD」では月を舞台としたファンタジー作品を手掛け、今までにない世界観を表現していたと好評価を得ました。

このようにファンタジー作品を魅力的に演出してきた彼は、独特の世界観を持った「クジラの子らは砂上に歌う」も魅力的に演出してくれるのではないでしょうか。「これまで創ってきた作品のノウハウをフルに注ぐ」と語る本作は、彼の演出と作品の世界観が呼応し名作になる予感が高まります。

舞台「クジラの子らは砂上に歌う」の世界観を理解している新進気鋭の俳優

舞台「クジラの子らは砂上に歌う」でオルカ役を演じる佐伯大地は、ミスター立教コンテスト準グランプリなどの実績を持ってデビュー。ミュージカル「刀剣乱舞」に出演するなど舞台・ドラマなどで活躍している新進気鋭の俳優です。

「刀剣乱舞」では豪快なキャラクターになりきる演技で観客を魅了。184センチの長身を活かした抜群の存在感、カッコ良さに頼らず人物の内面を繊細に表現した演技も魅力です。

そんな彼は「クジラの子らは砂上に歌う」を読み、「とても感動した」と語るなど原作のファンであるといいます。そのため物語の世界観・そこにあるメッセージを理解しているため、彼のキャラクターの内面を表現する演技が活かされるのではないでしょうか。「真心、愛情を込めて精一杯演じたい」と語る彼の演技に注目です。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。