いよいよ最後!學蘭歌劇「帝一の國」を楽しみ尽くす方法

學蘭歌劇「帝一の國」は木村了・入江甚儀・三津谷亮などイケメン俳優として人気の高いキャストが多く登場する華やかな舞台です。そんな今作はどのように楽しむのが良いのでしょうか。

<p>學蘭歌劇「帝一の國」は木村了・入江甚儀・三津谷亮などイケメン俳優として人気の高いキャストが多く登場する華やかな舞台です。また乃木坂46の井上小百合と樋口日奈がWキャストで演じるヒロインも、作品の良いアクセントとなっています。

ただそんな華やかさの中にも「人はいつか人生をかけて本気で戦う時が来る」という熱いメッセージが込められている作品でもあります。また原作に忠実だというストーリーのため、原作のファンであっても楽しめる作品ということです。また若さあふれる出演者たちの熱気が伝わる演技が、観客を「帝一の國」の世界へと誘うことでしょう。

そんな今作はどのように楽しむのが良いのでしょうか。

學蘭歌劇「帝一の國」の楽しみ方:タイプの違うイケメン俳優の掛け合いを楽しむ

學蘭歌劇「帝一の國」で主人公・帝一を演じるのは、様々な映画や舞台などで活躍している木村了
ジュノン・スーパーボーイコンテストをきっかけにデビューした彼は、「WATER BOYS 2」「のだめカンタービレ」などイケメン俳優が多数出演する作品に出演し存在感を示してきました。

これまでの「帝一の國」でも、ややハスキーがかった声で多くの女性を魅了。セリフの発音が良く聞き取りやすいのも特徴です。その演技は舞台上で一際輝きを放ち、観客が惹きつけられる魅力があるといいます。そんな彼は舞台最終章である今作でも、多くの観客を魅了する帝一を演じてくれることでしょう。

また帝一の親友・榊原光明を演じる三津谷亮は、男性俳優集団D-BOYSに所属しミュージカル「テニスの王子様」などに出演している俳優です。彼は明るく無邪気な性格で周りを和ませるムードメーカーとして知られています。

また青森県出身のため津軽弁を使いこなし、大会で優勝するほどの腕前である一輪車を特技としています。「帝一の國」では主人公・帝一に様々なアドバイスを送る役どころを好演。原作の再現度が高いと言われる舞台の一翼を担う演技を披露しています。

今作でもタイプの違うイケメン俳優たちによる掛け合いにも注目です。

學蘭歌劇「帝一の國」の楽しみ方:Wキャストで異なるヒロインの差を楽しむ

學蘭歌劇「帝一の國」で主人公・帝一の幼馴染である白鳥美美子を演じるのは、人気アイドルグループ乃木坂46に所属する井上小百合と樋口日奈です。

井上はこれまでの「帝一の國」だけでなく「じょしらく」「すべての犬は天国へ行く」などにも出演経験があり、まるで役が乗り移ったような演技はグループ内随一と高い評価を受けています。また女性の観客が「可憐でかわいい」と評するルックス、いるだけで場が華やかになる舞台上での存在感などヒロインに必要なものを備えている存在と言えます。

またWキャストとして出演する樋口日奈は女優の薬師丸ひろ子に似ている和風美人で、壇蜜を目指しているなど10代とは思えない色気を持っています。何事にも真面目に取り組む性格や独特のキャラクターを持ち、「帝一の國」でも聞き取りやすい声のトーンで話す演技は観客からも高い評価を受けました。

「帝一の國」ではイケメン俳優陣だけでなく、それぞれ違うキャラクターを持った2人のヒロインにも注目です。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。