る・ひまわり「僕のリヴァ・る」の数ある見どころをチェック!

若手実力派・イケメン俳優などが多く登場するなど爽やかで華やかな舞台を展開し、女性を中心に多くのファンから人気を獲得している「る・ひまわり」。多くの人に関係深いテーマを扱った舞台「僕のリヴァ・る」は、どのような所に注目すべきなのでしょうか。

若手実力派・イケメン俳優などが多く登場するなど爽やかで華やかな舞台を展開し、女性を中心に多くのファンから人気を獲得している「る・ひまわり」。今回のる・ひまわり「僕のリヴァ・る」のテーマは兄弟についてです。競い合うライバル・色々なものを分かち合う戦友など、兄と弟の関係は様々だと思います。

兄弟とは無意識に信じ合うことが出来る一番始めの存在であり、男同士の割り切れない思いがぶつかり合うこともあります。それが「依存」となれば憎しみが、「共存」できれば多くの喜びをともに味わうことが出来るでしょう。

個人主義の考えが増えてきている現代において、分かりあうことが出来る「兄弟」という特別な関係性を表現するのが今作のテーマ。「僕のリヴァ・る」ではオムニバスストーリーという形式を取り、様々な兄弟の関係性について描いています。

演出は「ディファイルド」「ファントム」といった翻訳劇・音楽作品などで実績を残している鈴木勝秀。多くの人に関係深いテーマを扱った舞台「僕のリヴァ・る」は、どのような所に注目すべきなのでしょうか。

る・ひまわり「僕のリヴァ・る」を盛り上げる個性派イケメン俳優たち

る・ひまわり「僕のリヴァ・る」では鈴木拡樹、安西慎太郎というイケメン俳優が登場します。

鈴木拡樹は人気ミュージカル「弱虫ペダル」で注目を浴び、「最遊記歌劇伝」などに出演しています。
「弱虫ペダル」では不気味で個性的な雰囲気のある、ライバル校の選手・荒北靖友を熱演。独特の雰囲気があり、鋭い眼光が特徴という難しい役どころでしたが、原作ファンが観ても違和感ないと感じられるほど好演していたといいます。

ただその反面、普段は美容師の経験も影響したアーティスト気質な性格でも知られています。「弱虫ペダル」の稽古中に水分補給の際に水ではなくカフェオレを飲んでいたというエピソードからも、個性的で面白い性格であることが伺えます。

また安西慎太郎はミュージカル「テニスの王子様」・舞台「武士白虎もののふ白き虎」・TVドラマ「アリスの棘」などに出演し人気を博しています。
遠慮しがちで先輩に対して恐縮しているように見える所もありますが、共演の小林が「人と接する距離が上手い」と評するように周りから愛される性格を持っています。またそれぞれの舞台で人物像をしっかりと理解して演じ、共演者から何かを吸収する姿勢を持っている真面目な性格でもあります。

各々が違う個性を持っていますが、ともに舞台で観客に魅せる演技ができる実力派俳優です。また二人は舞台「K」における伏見猿比古役の初代(鈴木拡樹)・二代目(安西慎太郎)という関係。同作では同じ役をそれぞれ個性的に演じ、舞台上での共演が待ち望まれていた2人。そんなことも考えながら今作における彼らの演技を注目しても良いでしょう。

る・ひまわり「僕のリヴァ・る」で存在感を発揮する実力派俳優たち

る・ひまわり「僕のリヴァ・る」では実力派俳優陣たちの演技にも注目が集まります。

そのひとり小林且弥は東京コレクションでモデルとしてデビューし、その後は様々な映画・ドラマ・舞台で活躍。伝説の俳優・松田優作の甥で、彼のようなワイルドさと繊細さが同居したような魅力を持ち合わせています。そんな彼は映画「ランニング・オン・エンプティ」でどこか抜けている若者を自然体で演じるなど、演技力の高い実力派であると評価されています。

また今まで「納め・る祭」などる・ひまわりの舞台に出演した経験があり、「弱虫ペダル」では鈴木拡樹と共演をした経験もあります。会見では若い二人を盛り上げる兄貴分的な性格を見せ、安西慎太郎からは「理想のお兄ちゃん」と評価される性格です。そんな彼は共演経験がある2人とも良いチームワークを発揮し「兄弟」というテーマの舞台で、その実力を如何なく発揮してくれるのではないでしょうか。

そして今回の舞台における紅一点・山下裕子は劇団第三舞台でデビューし様々なドラマや舞台で活躍しているベテラン女優です。映画「いとしのエリー」やドラマ「温泉へ行こう」などで知られ、168センチの長身と持ち前の明るい性格を活かした大胆な演技が持ち味です。また鴻上尚史演出の舞台「ピルグリム」では、作品が進むにつれて凄味を出す演技で大きな存在感を示しました。今回のような男性俳優ばかりの4人舞台でもその存在感を発揮してくれるでしょう。

このようにイケメン俳優を引き立て、自らも存在感を示すことができる彼らの演技も大きな見どころだと言えます。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。