ロングラン上映が止まらない!新キャスト加入で劇団四季「キャッツ」の楽しみ方を考える

連日多くの人が訪れる北海道公演に留まらず、先日待望の大阪公演が決まりました。実は現在好評上演中の「キャッツ」に先日新たなキャストが加わりました。新キャストを迎え、まだまだパワーアップしていく「キャッツ」の楽しみ方について紹介していきましょう

連日多くの人が訪れる北海道公演に留まらず、先日待望の大阪公演が決まりました。「これまでに約9,000回の上演を行ってきたキャッツ」を生で観る機会が増えることはファンとして嬉しいことだと思います。

983年に日本での上演がスタートし、ミュージカル用の仮設劇場を作り各地で上演を行ってきました。そんな「キャッツ」は劇団四季とともに成長を重ねた作品とも言えます。また追加公演が決まった大阪は1985年に新宿に続き上演が行われ好評を博した場所。今までも度々上演が行われているため、今回も多くの観客が劇場に訪れることでしょう。

現在好評上演中の「キャッツ」に先日新たなキャストが加わりました。新キャストを迎え、まだまだパワーアップしていく「キャッツ」の楽しみ方について紹介していきましょう。

劇団四季「キャッツ」を盛り上げるスペシャリスト俳優

ロングラン上演を続けている劇団四季「キャッツ」に新しく加わるキャストが発表されました。それは以前にも同じ役を演じたラム・タム・タガー役の李涛(り たお)です。

「キャッツ」で劇団四季デビューを果たしラム・タム・タガー以外にも、マンゴジェリーとスキンブルシャンクスを演じた経験もある「キャッツ」のスペシャリストです。

今まで出演した舞台でも、何を表現し伝えたいのかという目的が明確に伝わってくる歌と演技で強烈な存在感を残してきました。ただ人を感動させるだけでなく、ときには格好良いダンスでセクシーさを演出するなど幅広い演技力を披露しています。

劇団四季退団後もその歌唱力と表現力を活かして活躍する李涛。演じるキャラクターの心情を上手く伝える彼の演技が、「キャッツ」にさらなるアクセントを生み出してくれることでしょう。

常連ファンならこう楽しむ! 劇団四季「キャッツ」

劇団四季「キャッツ」は30年以上上演されている作品のため、何度も劇場で観たという経験のある人も少なくないと思います。ここではそんな常連ファンが教える「キャッツ」の楽しみ方をご紹介します。

まず劇団四季のホームページをチェックするなどし、しっかりと予習をしてから劇場を訪れること。もちろん知識ゼロのままでも楽しめますが、「キャッツ」は登場する多くの猫たち織りなす各々のドラマも見どころです。そのためそれぞれが生きてきた背景を知ることで、さらに歌唱や演技で感動することができるのです。

そして人気舞台のため難しいかもしれませんが、通路側の席で観ることも「キャッツ」を楽しむ方法のひとつ。その理由はキャストが通路を通ることが多く、彼らをより間近で感じることができるからだといいます。演技を近くから見ることで感動は増幅し、またキャストと目が合うなんていう貴重な経験ができるかもしれません。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。