老若男女に好かれる人気者・志村けんが前向きな挑戦を行う舞台とは?

志村けんはテレビのバラエティで幅広い年齢層の有名人と共演しています。誰からも愛されている穏やかな人柄を見ていると、自然と笑顔がこぼれるという人も少なくないのでは。そんな彼はなぜここまで愛されているのでしょうか。

多くのテレビ番組やCMに出演し老若男女関わらず様々な年齢層から愛されている人気者である志村けん。地元を歌い大ヒットした「東村山音頭」、映画「鉄道員」で見せたシリアスな演技など様々な分野で活躍しています。

そんな志村けんはテレビのバラエティで幅広い年齢層の有名人と共演しています。誰からも愛されている穏やかな人柄を見ていると、自然と笑顔がこぼれるという人も少なくないのでは。

大御所でありながら飾らない人柄で多くの人から愛されている志村けん。そんな彼はなぜここまで愛されているのでしょうか。

真摯に仕事に向き合う大御所・志村けん

志村けんは日本エンタメ界の重鎮と言える存在ですが、その地位に奢ることなく高いプロ意識を持って仕事に取り組むことでも知られています。

それを物語るエピソードとして知られているのが、CM撮影の際AKB48などの振り付けを担当する夏まゆみとの話。周りのスタッフが志村の顔色を伺いながら振り付けがスタートし、何度目かのテイクで成功したが実は少し間違えていた部分があったといいます。それを夏が指摘したときにニヤリと笑い、「もう一回行くぞ」と言い練習を再開。彼ほどの大物であっても目下の意見に耳を傾け、自分から努力を行ったということが分かります。

また「笑いはノリでなくコツコツとした努力で作り上げるもの」ということを話しているなど、手を抜くことなくきちんと仕事と向き合っていることが伺えます。

しっかりと自分の芸と向き合って作り上げられたものだからこそ、彼の芸は多くの人に愛されているのではないでしょうか。

相手を活かすために泥も被る大御所・志村けん

志村けんは共演者がどんなに新人であっても、必ず共演する人の楽屋に挨拶に行く礼儀正しさでも知られています。

またテレビ番組などで共演している後輩有名人と同じ目線に立ち、ときと場合によっては自らが汚れ役になるという対応を取っています。その一例がダウンタウンの浜田雅功から頭をはたかれても笑っていたということ。本来なら喧嘩になることもあるかもしれませんが、志村は笑顔でその行為を容認し浜田も笑いを作るためにその行為を行います。

大御所でありながらも相手のことを考え、その人が一番活きるための方法を考え自らも行動をする。そんな懐の深さも志村けんの魅力であるのではないでしょうか。

前向きな挑戦となる舞台を毎年行う志村けん

大御所でありながら仕事ときちんと向き合い、さらに後輩芸能人が活きるような行動を取る志村けん。

そんな彼が2006年以降毎年継続して行っているのが「志村魂」と呼ばれる、本人主催・主演で行われる舞台演劇です。これは志村自身が望んでいた「舞台・コントをやりたい」という願いを叶えたもの。

バカ殿・変なおじさんといった名物キャラクターに扮し、また松竹新喜劇をリメイクした演劇や三味線を披露するなど盛り沢山の内容となっています。そして2年ごとに公演内容が一新されることからも、志村自身の前向きな挑戦が伺える舞台です。

多くの人に愛される志村けんの挑戦を見届けよう

このように人格・仕事への姿勢など志村けんには、周りから愛される要素が多いことが分かるかと思います。また毎年行っているという舞台「志村魂」についても気になるところです。チケットキャンプ(チケキャン)では、そんな志村けんのチケットを取り扱い中。大御所でありながら謙虚な姿勢で挑戦し続ける彼の姿を堪能してくださいね。

舞台に恋して編集部 イチ押し公演!

志村けん笑(ショー)

アプリなら手数料半額&プッシュ通知が届く「演劇・舞台・ミュージカル定番アプリ」のチケットキャンプ(チケキャン)で!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。